アメリカンまたたび

3年半のアメリカの大学生活を終えて日本に本帰国した23歳女の戯言

アメリカにいる友達からセフォラの荷物が届いた & 実はみんな知らない正しい香水のつけ方

今日、家のポストを開けたら、アメリカにいる友達のYukaからSephoraの荷物が届きました。Yukaには英語の履歴書の添削を手伝ってもらったりと、日頃からとってもお世話になりまくっています。。

そこで今回、わたしがセフォラで買いたいコスメを買って送ってくれました!本当に本当にありがとう。。💙

f:id:americanmatatabi:20171213211354j:image

今回送ってもらったのは、わたしがミニサイズを使ってベタ惚れ中のアイテムたち。

こないだ更新したまたたびベストコスメでも紹介してあるコスメです。

f:id:americanmatatabi:20171213211947j:image

f:id:americanmatatabi:20171213211959j:image

わたしがどんなところに感動したか、惚れたのか、という詳しい話は、以下の記事を読んでください。

americanmatatabi.hatenablog.com

いやあ現品は大きいね。これまた感動した。

そしてYukaが香水のサンプルをもらったとのことで、これも送ってくれました!

f:id:americanmatatabi:20171213211407j:image

StellaのEDTって書かれていますね。現品はどれかと調べてみた。

www.sephora.com

Stella McCartneyのEau de Toiletteというものらしい。Eau de Toilette、オードトワレは香水の種類の1つで、2〜3時間の持続時間のものらしい。

ちなみにこのStella McCartneyのオードトワレ、とても良い!!好きですね、この香り。これは爽やかなお花の香りって感じかな〜。森にいるような気分になる(?)この香りをつけている人が目の前を通り過ぎたら、ちょっと気になっちゃうかもしれません。

セフォラの商品説明には、露に濡れた朝の太陽に照らされるバラをイメージして作られたってあります。うん、そんな感じするかも。レモンの香りも含まれているらしいね。お花と柑橘系を足した感じかな〜。

表現しにくいんだけど、まあとりあえず香水独特のキツイ匂いが苦手な人でも安心して使えると思います。

正しい香水のつけ方に関する動画

わたしが好きなユーチューバーのアマルさんのお姉さんのアイシャさん(最近YouTube始めたらしい)、元香水の販売員(資格も持っているプロ)らしくて動画で香水の基礎、つけ方について詳しく説明してくれています。この動画、2つともものすごくわかりやすいからみんな見るべし。

www.youtube.com

youtu.be

この動画にもあるけど、香水ってお腹周りと首の後ろにつけるのがいいらしいですね。

よくありがちというか、わたしもかつてはやっていたけど、手首につけてこするのはよくないみたい。こすることで香料が潰れちゃうってアイシャさんが言ってて、なるほどの一言に尽きる。

とまあわたしは普段香水つけないので、香水に関してはまったく知りませぬ。。こうやってプロの説明を聞いて日々勉強ですね。いろんな匂いをつけてみたいけど、慣れないので、徐々に慣れていきたいと思います。

 

リバースカルチャーショックによるストレス性ニキビを治す Part 1

去年の暮れ、12月30日に3年半のアメリカ留学生活を終えて本帰国をしてからわたしはストレス性のニキビに悩まされ続けています。

できるのは決まって口周り。口角の隣、唇の下がターゲット層。

一番ひどかったのは、今年の3月ごろ。唇の両端の口角がばっくり割れて、ご飯を食べるのがものすごくしんどかったですね。口開けるだけで激痛が走るんだもん。そして口周りには大量にニキビが発生。発狂してた。

それからやや落ち着いたものの、完治にはいたらず。また9月末から10月にかけてもニキビのピークがやってきます。できては治り、できては治り、の繰り返し。

もともとわたしは鼻周りにしかニキビができないタイプでした。それにすぐに治るし、そこまで深刻化するほどの悩みではなかったニキビ。アメリカにいた時もニキビに悩んだことはまったくありませんでした。

とまあ東京の過酷な暮らしでのストレスでニキビが大量発生していると勝手に判断。それ以外に原因が思い浮かばないw 

皮膚科通院 第1回目

実は2週間ほど前、11月の終わり頃に近所の皮膚科に行きました。あまりにもニキビが治らないものですから。ドラッグストアのスキンケア化粧品を使うのをやめて、クリニークのニキビケアのスキンケアを使っても全然効果なし。もうわたしはお金をかけても治らないニキビに疲れたのです。

そこでもらった薬、

f:id:americanmatatabi:20171213203555j:plain

これはまあまあ効きましたね。炎症は治ったし、ニキビはできにくくはなった。でも毎日朝晩塗っても完治はしませんでした。

2週間経ったわたしの口周りはこんな感じ。(加工なし、お風呂上がりにスキンケアが終了した状態)

f:id:americanmatatabi:20171213203429j:plain

f:id:americanmatatabi:20171213203435j:plain

この右側のが厄介なんですわ。跡も残っているし、やや大きめのが2つほどあると思いますが、これがまったく治る気配なし。

皮膚科通院 第2回目

というわけで今日、昼休みにまた皮膚科に行ってきました。治らないわたしのニキビのために、大量に薬が与えられました。これで1,300円。

f:id:americanmatatabi:20171213203403j:plain

塗り薬以外はビタミン剤。わたしはビタミンB2, B6, Cが足りないらしい。それが足りなくなるとニキビができやすくなるとかなんとか(薬の説明書きより)。毎日朝晩、粉の薬は朝昼晩飲みます。

f:id:americanmatatabi:20171213203540j:image

そんでこれが塗り薬。こないだのが効かないので、強めの薬が処方されました。新薬らしい。

f:id:americanmatatabi:20171213203618j:image

なんか副作用が強いらしくて、約3%の人が湿疹とか吐き気とかそういうのを起こしてしまうらしいです。それ以外の人はニキビが治ってハッピーとかなんとか。まあ怖いけど、使ってみないとわからないからということで使うことになりました。とりあえずこれから2週間は様子見。2週間後にどうなったかを見てもらうためにまた皮膚科に行きます。

ニキビを自己流で治すのには限界があった

わたしがこうして皮膚科に行っているのは、自己流でニキビを治すと大変になると判断したからです。わたしはニキビとかスキンケアのプロフェッショナルじゃないしさ。中学の時とか自分でニキビつぶしすぎて鼻のあたりに跡が残ってしまった経験もあるので。

これ以上跡になりたくないし、ただでさえ大嫌いな東京に住むストレスが過酷なのに、ニキビでさらにストレスを増やしたくなかったし、メディカルな視点が大事だと思いました。

ちなみに皮膚科でのニキビ治療は保険ききます。毎月給料から引かれている健康保険、元を取らなければいけません。笑

とりあえず様子みます。

 

"I love you."の一言で前のアメリカ人の男に捨てられた話

もう時効だと思ったので書いてみた。

生まれて初めて付き合った男には、"I love you."の一言で捨てられた。そのメッセージを交わした1ヶ月後、奴は新しい女の写真をfacebookにあげた。発狂したわたしはブチ切れの長文メッセージを送った。大喧嘩の末に、メッセージをブロックされて初恋は終わった。

その男は海軍でエンジニアとして働く軍人だった。士官学校を出ている、俗に言う海軍の幹部候補。日本とアメリカのハーフで、日本が好きで好きでたまらない奴だった。そいつはたまたま海軍の仕事でNYのクソ田舎に飛ばされて、故郷のフロリダに帰りたいといつも嘆いていた。

そいつはわたしのことがおそらく好きだったと思うし、わたしも当時はそいつのことが好きで好きでたまらなかった。一緒にボストンへ一泊旅行したり、ウェストチェスターの知り合いの方の家にも行った。映画もよく見に行ったし、ご飯もよく一緒に食べに行った。いつも"I like you." "I miss you so much."と言われた。サウスカロライナへ2週間トレーニングで行ってからNYへ帰ってきた時も、夜の9時を過ぎていても真っ先にわたしに会いに来てくれた。

しかしわたしは毎日泣いていた。よく嘘をつかれたし、ドタキャンも日常茶飯事だった。今思えば、わたしは奴のことを信じることができなかったんだと思う。信じているフリをして、心の底では常に疑っていた。向こうにとっても、わたしはそこまでのレベルが低い女だったんだろう。

またいろいろな違和感を感じていた。人種差別的な発言をよくするし、日本の話以外はどうでもいい顔しかしなかった。わたしが日本の話をすると、奴はニコニコして舞い上がる。一方でわたしがアメリカの好きなものを話すと、すごくつまらなさそうな顔をする。しかし日本食を作ってあげても、ママの日本食のが美味しいだの、これは日本食じゃないだの言って、つまらなさそうな顔をして食事を残す。

そんな我々は一度大げんかして恋人関係から友達関係になった。その時の言葉が忘れられない。"My job is top-secret. I can't be in a relationship with non US citizen."

恋人関係の時はろくにメッセージをよこさなかったのに、友達関係になってから向こうから来るメッセージの数が増えた。聞いてもいないのに"I'm back to NY."とか"Happy Thanksgiving. I had mom's japanese foods."とか写真付きで送ってきた。電話したいと言われて電話やビデオ電話をした。挙げ句の果てには、「航空券代を半分出すから、アメリカに会いに来て欲しい」と言ってきた。

Thanksgiving、クリスマス、バレンタインのカードを日本の住所にまで送ってきた。わたしは送り返してもいないのに。

クソだろうと思いながらも、わたしはまだ未練があったので、相手をしていた。ほんとバカだったなあと思う。

そんな矢先の出来事だった。未練タラタラのわたし。友達関係になってからもやたらわたしに絡んでくる奴の行動を考え、まだ奴はわたしのことが好きなんだとかいうとんでもない勘違いをしていた(奴からすれば、わたしという存在は次の女が出来るまでのキープに過ぎなかったのは、後々になってから気づいた)。

暴走したバカなわたしは、なぜか知らないけどメッセージで"I love you."と言ってしまった。I love youの言葉の重みはよくわかっていたつもりだったけど、まあ今思えば何もわかっていなかった。

そして奴は新しい女を作ってわたしの前から姿を消した。

向こうが何を思ったのかは何もわからないけど、I love youの一言があってから、奴の行動が別人のように変わったことは事実だった。多分わたしがこれ以上つけあがるのを阻止したかったのは間違いないだろうな。

こんなことがあったけど、今ではあの男と縁が切れてよかったと思っている。

毎日泣かなくなったし、嘘をつく人もいなくなったし、ドタキャンされることもなくなったし、上から目線で何かを言われることもなくなったし、人生をもっと気楽に考えられるようになった。しかも奴は夜の営みができないので(それでも病院に行こうとしない)、わたしは今でもなんであんなのと一緒にいたんだろうと思う。

まあでも奴のおかげで英語力伸びたから、一応感謝している。テキスト1つ送るにしても、いろいろな言い回しを考えたものだ。いろんな単語を教えてもらった。英会話に抵抗がなくなったのも、奴のおかげだ。

ありがとう、と言いたいけど、もう会うことも声を聞くことも一生ないだろう。奴と撮った写真は全部消したが、送られてきたカードはなぜか捨てられなくて困っている。

f:id:americanmatatabi:20171211202710j:plain

感謝祭、クリスマス、バレンタインに送られてきたカードの消印