アメリカンまたたび

3年半のアメリカの大学生活を終えて日本に本帰国した23歳女の戯言

【留学】コミュニティカレッジの学費・生活費事情


昨日Twitterでたぶん留学希望のフォロワーさんからコミュニティカレッジに行くには経済力がないと無理なのかについて質問をいただいたので、こちらのほうでいろんなケースを想定した答えを提供しようと思いました。

"経済力"の基準は人それぞれでしょうから一概にこれといった感じで断言するのは大変難しいことであります。
ちなみに私の基準はR大学IR学部の学費なので、これと同じくらいならまあアメリカにしたら安い方だろうと判断しています。

大学に行くにしろ、コミュカレに行くにしろ留学でかかるお金を大きく左右するのは学費と生活費であると思うので、今回はその二つにフォーカスして"経済力"がどれほどのものを要してくるのかを考える手助けになればと思います。

【学費】

コミュニティカレッジはその地域の住民に開いている学校ですので州の税金で運営されています。なので州立です。ゆえに留学生はOut of Stateなので州外の学生の学費が請求されますが、それでもかなり安いと思います。
学費はもちろん学校によると思いますが、総じて年間100万円以下には抑えられることはできるのではないでしょうか。日本の国立大学と同じくらいか、それより少し安いか、それに少し毛が生えたくらいと思ってくれたらいいと思います。
わたしはこの1年カリフォルニアのド僻地のコミュカレに通ってて年間60万円くらいでした(州外費用込み)。アメリカは学費が単位ごとにしていされているので学費は授業の数にもよりますが、まあだいたいはこれくらいだと思います。
詳しい学費は自分で行きたい大学のHPで調べてください。

留学生に優しいとこだと留学生への奨学金をだしてるとこもあります。わたしが行ってたカレッジは出してました。そういうのも学校選びの際に調べてみたらいいと思います。


【生活費】

問題なのは生活費ですよね。これが留学でかかる金を大きく左右します。
生活費の内訳は・・・
・食費
・家賃
・ネット代
・光熱費
・携帯代
・勉強代(ノート・本・教科書etc)
・娯楽代 / 交際費
・保険
・(車の維持費 / ガソリン代 / 自動車保険)
・トイレットペーパー、洗剤、化粧品などの消耗品

といった感じでしょうか。

人によって何にお金をかけるかで大きく変わってくるとは思うので、その辺は自分で考えていただきたいと思うところです。
基本的にアメリカのどこにいってもその辺は大きく変わることがありませんけど、考えるべき大きなポイントは家賃ですよね。これは場所によってほんと違うんだなと思います。詳しくはこちらのブログ記事(【アメリカ】米国の物価と留学生お部屋事情)を読んでください。
だから自分が留学したい街のアパートの値段を調べてみて、これなら毎月払っていけそうだとかある程度は目星をつけておきましょう。だいたい"都市名+apartment"でGoogle検索すれば家賃の相場はわかると思います。寮に住むのであるなら学校のHousingのページで値段を探してみましょう(コミュカレは寮があることは少ない)。

私はアメリカでアパートの値段が高い地域に住んだことがないからどんなもんかは具体的にはわからないのですが、聞くところによるとまず自分1人の部屋を確保するのは難しいから複数人でシェアするのが一般的だそうです。

田舎だとそれなりに広いところで自分の部屋は持てます。わたしは日本でいうところの2LDKのアパートにルームメイトと2人で住んでいますが、月に$805で済んでいます。リビングもキッチンも広いのでとっても快適です。
田舎といっても場所によっては同じサイズでもっと安いとこもあれば高いとこもあります。ピンキリです。


【まとめ】

わたしが言える範囲はこのくらいです。留学希望の方はこれが基礎知識だと思って自分が留学したらかかるであろう費用をいろいろ調べながら見積もっていっていただけたらと思います。