アメリカンまたたび

3年半のアメリカの大学生活を終えて日本に本帰国した23歳女の戯言

【ベイエリア周遊:3日目】ゴールデンゲートブリッジとジャパンタウン


3日目は9時頃サンノゼを出発してそのまま車でサンフランシスコへ。サンノゼからサンフランシスコまではだいたい1時間で着きます。

サンフランシスコはルームメイトの思い出の地巡りという感じでした。今年の初めにいろいろあったそうなのでまあそれについていくというものですかね。

最初に空港の周りをぶらーっとして、街の方へ。ジャパンタウンのメインの建物らしきKINOKUNIYA BUILDINGのそばに駐車してお昼にしました。

お昼はMUMSというしゃぶしゃぶのお店でした。ジャパンタウンの中心のほうに歩行用の通りがあるんですが、そこを奥にずっと行くとお店があります。結構分かりやすいとこにあるんじゃなかな。
このお店の雰囲気は70年代の昭和感満載ってとこでしょうか。写真は撮り忘れてしまったので悪しからず。照明の色合いとかめっちゃ70年代のドラマに出てきそうですね。店内は怪しいアジア人の絵画がたくさん飾られていたりしましたかね。お昼時でしたが人はまじでいなかった笑

肝心のしゃぶしゃぶなんですが、まあ良くもなく悪くもなくってとこです。あと2人前なのにやたら野菜が多かった。そしてもうなんかとりあえず店の雰囲気が好きじゃなさすぎたので食べる気すら起きなかったという…。Yelpでは評価が悪くはないんですよね。あと店員さんとのコミュニケーションが大変でした。たぶんもう行かないかもしれない…。
最初はAyanoさんに教えていただいた焼き肉屋に行ったんですが、ランチはやっていなかったので今度のリベンジです。

そのあとはKINOKUNIYA BUILDINGの中に入って紀伊国屋書店に行きました。
行かれたことがある方はわかると思いますがもうこれは普通の日本にある本屋さんですね。
Image-1
週刊誌を見て「めっちゃ日本w」って思いました。日本では赤西仁がなんかやらかしたんですね。ちなみにビニールかかっていたから中は読めなかったw

文庫本も雑誌も語学書、ビジネス書などなど品揃えはいいんじゃないですかね。少し古くなった雑誌は安くなったりしてました。趣味の一つである日本のファッション誌の徘徊もばっちりやっておきました。某女子大生向けファッション誌を見てて思いました、ヴィクシーで高級感なんて演出するのは不可能です。所詮UNIQLOの一割増です。日本の女性のみなさま、ヴィクシーのあのピンクで固めてアメリカを歩くのはやめましょう…。
まあ日本のファッション誌は相変わらずな雰囲気で楽しかったです。

KINOKUNIYA BUILDINGはこんな感じです。
Image-2
所詮サンフランシスコの一角に過ぎないので日本の田舎のデパートって感じです。日本食のレストランがあったり、盆栽ショップがあったり、雑貨屋さんがあったり。クレープ屋さんや回転寿司もありました。ほんとここにいるとアメリカに自分がいることをすっかり忘れますね。
最近の日本の買い物スポットと言えば大型のショッピングモールとかになっちゃうと思うんですよね。このKINOKUNIYA BUILDINGは古き良き日本のデパートを彷彿するような良い雰囲気を醸し出していたかもしれません。
お客さんはアジア系の人が専ら多かったです。日本語もちょいちょい聞こえてきましたね。あとはオタクそうなアメ人とか。

そしてサンフランシスコのジャパンタウンで一つ気になったのが通りの名前の下にある日本語表記。
Image-3
普通でしたら上のアルファベット表記だけですよね。ここジャパンタウンだけ日本語表記があります。このフォントがなんだか大正ロマンって感じで私は好きです。サンフランシスコにジャパンタウンができたころからあるのかな。こういう発見もとても面白かったです。

ジャパンタウンのホームページの歴史に関するページ(http://sfjapantown.org/history/)によると、このように日本のお店やレストランを作り始めていったのは1906年に起こったサンフランシスコでの大地震以降らしいです。同時に教会とか神社も作ったらしい。最初にサンフランシスコに来た日本人は1960年代初頭とあるのでそれから40年あまりってところでしょうか。明治になるのは1868年ですから、大政奉還前に来ていたとは、その日本人はどんな事情を持ってサンフランシスコへ来たのかがとても気になりますね。

サンフランシスコのしめはゴールデンゲートブリッジ。橋のふもとのほうまでかなり近くまで行くことができました。そして天気は良くなかったんですが霧がかかっていなかったので橋をすべて見られたのが嬉しかったです。丘に登って眺めのいいところで写真撮影。
Image-4
橋を全部見ることができたのは初めてだったのでほんとよかったですね。カリフォルニアを出る前にそれができて嬉しかった。

それからチコへ帰りました。ゴールデンゲートブリッジを運転することができたのも良い経験です。

帰ってきて思うのは「やっぱり大好きベイエリア」ですね。家賃もとてつもなく高いですし、たまに来るのと住むのとではもちろんぜんぜん違うんでしょうけどベイエリアの雰囲気が大好きです。今度はいつ来れるかわかりませんが、Albanyに引っ越したら日本に帰るような感覚でカリフォルニアに帰ってきそうな気がします。

運転もこの旅でだいぶ慣れたので、東京から京都大阪間もちょろいかもです。今度京都行くときは東京でレンタカー借りて行こうかなとかぼやき始めましたw