アメリカンまたたび

3年半のアメリカの大学生活を終えて日本に本帰国した23歳女の戯言

【留学】私がやってたアメリカの大学をネットで探す方法


以前こんな記事(【留学】自分に合ったアメリカの大学やカレッジの探し方)を書きましたが、いざ自分はどんな風に大学を探していたのかということについては触れていなかったので、ここで詳しく書いてこれから留学をしようという方へ少しでもお役に立てたらと思います。

上記のリンクの記事では、
そして今度行くニューヨークの大学を知ったのもほんとたまたまでした。
もともとActuarial Scienceという数学ちっくな学問を専攻しようと考えていました。それでアメリカのアクチュアリー協会のホームページにActuarial Scienceのプログラムがある大学の一覧を見ることができたのです。

(アクチュアリーとは?:http://www.actuaries.jp/actuary/index.html

そこからActuarial Scienceで編入するのによさそうな大学をピックアップしました。そこにたまたま今度編入するUniversity at Albanyが入っていたわけです。
なので最初はActuarial Science専攻でこの大学をアプライしようと思っていました。他にはカリフォルニア大学ロサンゼルス校、サンタバーバラ校、コネチカット大学、ニューヨーク州立大学ビンガムトン校などがありました。
そんで私にはやっぱ数字を使うのは無理かなって悟るようになり、専攻を変えました。
それで専攻を変えてもAlbanyで勉強できることがわかったので、そのままAlbanyでいいや〜って思いました。単純ですね。
それとカリフォルニア州から出たことがないので、他の州に行ってみたいなって思ったのも大きかったかもしれません。いろんな土地に住むということが好きなので、これもその一環ですね。
こんなことを言っていますが、これだと特定の専攻にしか適用できませんね。

私が主にやってたやり方は、
①Googleの検索で自分の専攻名で検索する。
例えば、自分の専攻がアカウンティングだったらそのまま"Accounting  University"とでも検索します。
わたしはInformaticsなので、"Informatics"と検索するだけで大学のページがずらっと出てきます。だいたいわたしは自分の専攻があるかどうかをまず調べていました。都市のこととか気候はその次ですね。

②大学ランキングを参考にする。

引き続き例をアカウンティングで考えてみましょう。"Accounting University Ranking"とでも検索すれば星の数ほどのランキングのページが出てきます。わたしがここで注目したいのはランキングの順位ではなく、どんな大学に自分の専攻のプログラムがあるかですね。わたしは文科省のようにランキングなんかで左右されたくないので、大学がある州を見てこのへん行ってみたいな〜っていう大学をとりあえずそこからリストアップします。

この2つのやり方がわたしにとっては効率的でしたのでずっとこんなかんじでやっておりました。

とりあえずここまでやれば自分がなんとな〜く行きたい大学が何校か見えてくると思います。そこから一つ一つ大学のホームページを訪ねます。それで自分でも行けそうだなとか探っていくわけです。それとGoogle Mapのストリートビューで大学の周りとかも見てみるといいかもです。タダで大学訪問の疑似体験ができてしまいます。

その次に実際に入試担当のスタッフと連絡を取り合ってみていい感じならそこでもいいかな〜って感じですかね。適当でごめんなさい。

そんなこんなでわたしがリストアップしていたのは、
SUNY Albany
SUNY ビンガムトン
ノースカロライナ大学
コネチカット大学
ジョージア州立大学
フロリダ州立大学
とかですかね。
とりあえず東海岸に行きたかったので東海岸ばかり調べてました。中西部と西海岸は眼中になかった。
秋からはSUNY Albanyに行きますけど、Albanyじゃなかったらノースカロライナに行きたかったですね。ここもInformaticsに関する面白いプログラムがあるんですよ。だからAlbany無理だったら次にここを受ける予定でした。

とまあ探し方としてはこんな感じです。この記事(【留学】自分に合ったアメリカの大学やカレッジの探し方)では皆さんに失敗してほしくないので真面目なことを言っておりますが、言っている本人はこんな感じで大学片っ端から調べてました。こんなやりかたもあるんだなって思う程度に心に留めてもらえたら嬉しいです。