アメリカンまたたび

3年半のアメリカの大学生活を終えて日本に本帰国した23歳女の戯言

【小旅行】バークレーに行ってきました

follow us in feedly

8月10日の日曜日にバークレーに行ってきました。
バークレーはあの有名なカリフォルニア大学バークレー校があるところです。
13 AM
サンフランシスコのすぐ北に位置している都市です。チコからはレンタカーを借りてだいたい3時間ぐらい。ただサクラメントを過ぎたあたりから渋滞につかまってしまったので実際には3時間半くらいかかりました〜。あのへんいつも渋滞してるんですよね。

バークレーはもともとどんなところかは気になっていた街でした。
はっちすたじおのbooさんがバークレーにお住まいなので、今回はbooさんにお会いするために行ってきました〜!

バークレーに着いたのが午後の一時半頃だったので待ち合わせをしたらすぐにランチしました。
行ったのはここです。

Angeline's Louisiana Kitchen

大きな地図で見る

お店の名前のとおり、ルイジアナ系のレストランぽいです。
お店の雰囲気も古き良きアメリカって感じでとってもよかったです。

Image
わたしが食べたのは写真左下のごはん。Wild Mushroom Jambalayaという名前らしい。味はなんとも表現しにくい。とりあえず辛かったですね。でも辛くてもおいしかったです。
その隣のは四角いドーナッツみたいなのです。注文する前にYelpでbooさんとメニューの写真見てて面白そうだからという理由でオーダーしました。白い粉砂糖がどっさりかかっています。見た目のわりにすごく美味しいデザートでした笑
booさんはフライドチキンを召し上がってて、一ついただきましたがこれがとっても美味しかったんです。衣がサクサクしてて、そしてお肉が柔らかくてジューシーで。あんなに美味しいフライドチキンは初めてだよってくらい美味しかったですね〜。

そのあとはbooさんのアパートの屋上へ。バークレーを一望できて、サンフランシスコの方まで見えるんです。眺めがほんとうに最高でした〜。
photo 1

そしてUCバークレーへ。
photo 2
photo 3
Photo by booさん

いやああ素敵なキャンパスでした。さすがですね。建物も趣があるし、緑も沢山あって気持ちがいいところです。
最近は大学のキャンパス訪問が趣味になりつつありますかね笑

そしてそのあとはShattuck Avenueへ。
photo 2-1
photo 1-1
このとおりはbooさんが「神通り」と呼ばれてて、この通りからいろんなイノベーションが生まれているそうです。Twitterの創業者がお金ないときにここをよく歩いていたとかなんとか。
そしてこの通りはカフェがとにかく多くてびっくりしました!"CAFE - Shattuck Avenue in Berkeley"みたいな感じの本できるんじゃないのかって思ったくらいカフェが多かったです(そしてこういう特集はもう既にあるらしいw)。

そしてこれはバークレーの特徴の一つになるのかなって思ったのは、チェーン店の少なさです。バークレーを歩いてて気になるのは個人経営のお店の多さ。booさんいわく、スタバができたけどまずすぎてすぐに潰れてしまったらしいw チェーン店はマクドナルドとTrader's Joeくらいじゃないですかねー。こういう個人経営のお店がたくさん残っているってその街の良さがちゃんと守られているという証拠ですし、そしてなによりその街を知る上で良い手助けをしてくれるものなのかなって私個人としては思っております。バークレーは地元愛がとても強い街らしいです。だからバークレーからサンフランシスコやシリコンバレーへ通勤する人も少なくないらしい。そういう街を愛する気持ちって素敵だなって思いました。

ここにはかの有名なPeets Coffeeの一号店もあります。
Image-1
ちょこっとお店の中を覗いてきました。
壁にはちょっとしたPeetsの博物館があるんです。コーヒー豆のパッケージの変遷とかほかにもいろいろ。マニアにはたまらないでしょうね〜。静かで落ち着いててとってもいいお店でした。

バークレーは治安が悪いらしいのですが、バークレーならではの落ち着けるカフェもレストランもたくさんあって居心地の良さそうな街だなっていう印象を受けました。好きな人には癖になるような街かなって感じです。そして大きな大学もあるので学生の街っていう感じが街全面に出ているところもいいなって思います。
ただやはり家賃はめっちゃ高いらしいですね…さすがベイエリア…恐るべし…

booさんともお会いできて、たくさんお話しできてあっという間でしたがほんと楽しかった一日でした。また機会があれば訪れたい街です。カフェ巡りなんていいですね〜。

とまあこんな感じでカリフォルニアの最後を楽しもうと必死です。帰りにハイウェイを爆走しているときにふと悲しくなるんですよね。カリフォルニアなにもない草原のハイウェイのサンセットがとてつもなく好きなんですよ。それがもう見られなくなるとおもうと寂しさと悲しさと辛さしかなくて車の中で一人感傷に浸っておりました。ほんとカリフォルニアが好きすぎて辛いです。なんでこんなに好きなんだろうってくらいカリフォルニアを愛してやまないのですが、来週にはNY州に移住です。愛すべきカリフォルニアから離れる辛さと知り合いが一人もいない新しい環境での戸惑いとで相当精神的にダメージくるかもしれませんがなんとか頑張らないとですね。

それでは。