アメリカンまたたび

3年半のアメリカの大学生活を終えて日本に本帰国した23歳女の戯言

【どうでもいい】自分が茨城の女だってことを実感するとき


みなさまご存知のとおり、私は最近カリフォルニア州の車の免許を取得しました。
それで調子に乗っては車の運転を週に1回くらいのペースでやってます。こんなにレンタカー借りるなら車欲しいなって思います。しかしもうNY州に引っ越しですし、一人でアメリカ横断するほど勇気はありません。

それで車を運転してて思うんです、ああわたしはなにをどうもがいても茨城出身っていうことはまぎれもない事実なんだなってことです。
車に乗ってる時に自然と出る口調が茨城弁なんですよ。そして茨城人特有の性格丸出しなんですよね。わたしの母は茨城のクソ田舎出身なんですけど、母が車運転しているときの様子と自分が車を運転しているときの様子が激似なわけです。これに気付いた瞬間悲しくなってきます。
その様子とはノロかったりとかいきなり割り込んでくるなどしてくる車が自分の前に現れたときの反応ですね。具体的にどんな感じなのかはご想像にお任せします。それかわたしと一緒にドライブ行きましょう(嘘)

高校生のときは茨城にいる自分が嫌で嫌で毎日泣いてましたし笑、中学のときはなんでこんなヤンキーばっかいる中学にいなくちゃいけないんだとぼやいてました。マイルドヤンキーの真逆ですね。田舎者のくせに都会志向がやたら強かった。そしてR大学にいるときも出身どこ?って聞かれて茨城だよって答えるのがとてつもなく嫌でしたね。関西の人は茨城のことなんか認識していないだろうと思いつつも東京と答えるのは東京の人に失礼かなと思いまして…田舎者が出しゃばりやがってってw
今はnear Tokyoで片付けてます。
そして私は自分ではそこまで茨城なまりはないと思うんですよね。茨城だと思わなかったってよく言われますしw それでもやっぱ東京の人からすればわたしなんぞかなりなまっているように聞こえるんでしょうね。それでも水戸とか北の方の人よりはなまりはマシだと思っていますw

そんなこんなで18年間茨城にいたくせに茨城への愛なんてかけらもないわたしですけど、茨城出身であることをひた隠しにしたいんですけど、茨城出身であることはもう隠しようがない事実なんだなと車を運転してて思いました。わたしこんなになまっていたっけ?って我に返って思うんですよねー。あー悲しい。

車を運転するとその人の本性が表れるってよく言いますけど、まさにその通りだなって身を以て実感いたしました。

母が前に言ってたんですよ、「わたしもあんたもどう頑張っても田舎もんなんだから」って。もうかっこつけるのはやめようと思いました。田舎者は田舎者らしく生きていこうと思います。

今度行くAlbanyは田舎なのか、都会なのか、よくわかりませんがまあどうでもいいか。