アメリカンまたたび

3年半のアメリカの大学生活を終えて日本に本帰国した23歳女の戯言

【留学】引きこもりの弊害


チコにいるころはよく家にいましたので、アメリカに住んでいるくせにアメリカ人と関わる機会がとても少なかったです。
アメリカ人と関わるとしたら学校の先生やスタッフ、お店の人、インターナショナルのクラブで知り合った人数人くらいでしたね。そんでたまーにパーティで知り合ったアメ人のお兄さん。ほんとにアメリカ人の知り合いが少なかった。ほんと数えるくらいしかいないw
ルームメイトも日本人でしたから会話は日本語でしたね。まあ少し英語まじるくらいの。

Albanyに引っ越して、寮に住むようになってからアメリカに住んで初めてアメリカ人とよく話すようになったと言っても過言ではない気がします。ほんとダメ留学生だったわけですね私は。

カリフォルニアを出るときは少しは英語できるようになっただろうって自分でも思っていましたけど、こうやっていざアメリカ人しかいない環境でやっていこうとなるとまったく英語が話せない自分がいるんですよね。ここ二・三日はルームメイトとその彼氏や友達たちと一緒にカフェテリアとかCheese Cake Factory行ったり、パーティ行ったり、とかいろんなことしてますけどまったく話せなくて悲しさしかないわけなんですよね。

わたしが英語話せない状況というのは大人数で話しているときですね。4人以上くらいの。会話のテンポが速くて、わたしなんかが会話に入る隙間もなくポンポン進んでいきます。わたしが彼らの英語を理解し終わるころにはもう話題が変わっていたりするw

一対一とか3人で話すときは平気なんですけどね。普通に英語話せるし、まともな返答できるわけです。
まあこれもチコで大人数で英語話す機会というものがほとんどなかったから当たり前っていったら当たり前のことなのかもしれないですけどね。

この大人数で話すということに心が毎日ボキボキ折れまくっていますが、なんとかルームメイトたちは優しくてわたしを誘ってくれるのでその誘いには必ず乗って大人数で話すという機会を意識的に増やして慣れていくしかないのかなと思います。これを半年くらい根気づよく繰り返していけばそれなりに会話に乗っかることできるんじゃないかなと思いました。これも一種の実験ですね。もちろんいろんなとこに行くのはみんなと仲良くなりたいからってのももちろんあります。

留学したら積極的に外に出ることをおすすめします。そうしないと一年アメリカに住んでてもまともに英語話せないわたしのようになりますから。留学の醍醐味ってここにあると最近思うんですよね。これはチコで一緒に住んでたルームメイトがよくわたしに言ってたんですけど、アメリカの大学で勉強するのは日本でもできるわけなんです。テンプル大学とかですね。だけど外に出て現地の学生や留学生と関わるのは留学しないとできないことなんですよね。

そんな中でわたしが最近思うことは言葉を選ぶことです。日本とアメリカはもちろん文化や慣習がぜんぜん違いますから、日本では言っていいことでもアメリカではタブーなことがあるんじゃないのかなと。わたしはチコでアメ人と関わることをおろそかにしてきましたからまだよくわかっていません。それをこれから学んでいくことがアメリカで生活していろんな人と関わっていく上で大事だと最近思ったので彼らとの会話から学んでいきます。

アメリカに住んで一年が過ぎましたが、これからのほうがもっと学ぶことがたくさんありそうです。
引きこもっていた時間を少しでも取り戻すために日々精進していきます。