アメリカンまたたび

3年半のアメリカの大学生活を終えて日本に本帰国した23歳女の戯言

【留学】英語が話せない


アメリカでの生活が一年経つにも関わらず、英語が話せなくて精神的に大ダメージくらっている最近です。
個人的なネガティブなことをブログに書くのはどうかなと思っていましたが、まあ認めざるを得ない紛れもない事実でございますし、こういった悩みを持つ方は私の他にももしかしたらたくさんいらっしゃるのではないなと思って書くことにしました。

まあここ最近ブログの更新も滞ってて、立命にいたころ並に悩んで泣く毎日でした。英語が話せないというだけでここまで悩むなんて思っていませんでしたし、そしてそれが生活に及ぼす影響って思っていたよりも大きいのだなって思いました。

英語が話せないと言うのは、具体的に言うと雑談ができないってことです。事務作業は難なくできるし、授業だって理解できる。わからない箇所を質問して疑問を解決することもできる。できないのは雑談です。
だから私がチコでできるようになってことって事務作業と授業の理解ですね。一年アメリカにいてこれかよって自分を呪いかけました。

うちの大学には日本人はいるらしいし、オリエンテーションでも日本の大学から来た交換留学生を何人か見かけました。しかしここでは日本人とは関わらないと決めたので、オリエンテーションで2人の日本人と話してから誰とも話していません。
たまにLINEとかSkypeで日本にいる友達とかアメリカにいる日本人の友達や先輩と話すくらいで、日本語を話す機会というものは激減しました。

私は6人で一つのSuiteに住んでて、私以外はみんなアメリカ人です。一人中国系アメリカ人の女の子。みんなとても良い人たちでよくパーティとか食事に誘ってくれます。それでアメリカ人と関わる機会が激増しました。
やっぱりみんな話すのが早くて私が会話に入る余地なんてありません。まず言っていることが理解できないので、それを頑張って理解し終わるころにはもう新しい話題になっていることなんて日常茶飯事です。そしてだいたいくだらないことを延々と話しているので、そういったことをずっと話している頭に切り替えられないのでいつも空気ですね私は。その場にいないのと同じ。
それとみんなが当たり前だと思っていることも私はアメリカで生まれ育ったわけでもないので知らないことがたくさんあるんですよね。あっちは冴えない留学生に気を使っている場合じゃありませんし、話はめまぐるしく変化していきます。
ノリも良いので、日本とチコでボケーッとのんびりやってきた自分はいつも乗り遅れてしまいます。
とまあここまで書いたことは私の不満に見えるかもしれませんが、すべて紛れもない事実です。パーティもアメリカ人しかいないから常にこんな感じでした。なにがなんだかわけわかんない。1ミリたりともみんなが言っていることが理解できない。みんな何話してるんだ・・・。アメリカに来たばっかの時よりも戸惑う毎日です。

解決策ってもう耐えて慣れるのを待つしかないんですよね。チコでも最初授業の内容がまったくわかんなくて、教科書も読めなくてわめく毎日でしたけど3ヶ月もすればだいぶできるようになってきましたし。ほんとそれを待つしかないし、それまでは避けられようと、ハブられようと、毎日目を腫らして泣きたい気分になろうがおかまいなしなんだと思いました。そして私には自分からいくということができないと悟ったのでこれも改善点の一つだなって思いました。人の顔色ばかり伺ってしまうんです。これもどうにかしないとアメリカではやっていけないのかとおもった。
あとこれは元ルームメイトに言われたんですけど、アメリカ人と関わるのはレベル高いよと。私はアメリカの大学に入れたからにはアメリカ人と関わる時間を増やしたいと思っていましたが、やはり英語のネイティブですから追いつけないんですよね。留学生なら英語がわからない気持ちも理解してくれて仲良くなれるんじゃないのと。自分の身の程をわきまえていなかった自分…って感じです。

こうやって思えるのもチコで日本人とばかりつるんでいた教訓だし、ニューヨーク州に編入していなかったらわからなかった。そして日本にいたままだったら経験できなかったことです。辛いし、毎日泣きたくなるけど、数ヶ月後、数年後の自分が変われていると信じてがんばっていきます。まあ今にもカリフォルニア帰りたいですけど・・・。