アメリカンまたたび

3年半のアメリカの大学生活を終えて日本に本帰国した23歳女の戯言

【留学】アメリカの大学に通って気付いたこと② - 日本のアメリカの大学万歳文化


その①はこちらから⇒【留学】アメリカの大学に通って気付いたこと①

---------------------------

大学での授業も本格的に始まってきて気付くことがいろいろあるのでまた書きます。

今回はここ2〜3年熱せられている日本のアメリカの大学万歳文化について。

アメリカの大学の教育は素晴らしい、みんなアメリカへ行くべきだっていう風潮がここ数年で一気に加熱してきた気がします。
たしかに素晴らしいんですけど、だいたいそういう考えはみんなアメリカの大学の良い面ばかりに気を取られているんじゃないのかと今の大学に通い始めて思うようになりました。

私が一番気にかかるのはアメリカの大学生は勉強が忙しいっていうことですかね。
だいたい日本のアメリカの大学信者の人ってこれを取り上げたら、忙しい学生のスケジュールとか課題の量とかを例として取りあげます。これはもうテンプレート化していることだと思う。
しかしそれはクラスの組み合わせと専攻とどの教授のクラスを選ぶのかによるんですよね。あと勉強する人はするし、しない人はしないし。これ何十回も言っている気がしてきましたが。
勉強をたくさんすることは素晴らしいことであると思いますが、だいたいそこで日本の大学生は勉強しないって結びつけるのも恒例化していることが問題なんじゃないですか。それが一番どうかと思う。たしかに日本の大学生で勉強しない人はかなり多いですけど、頑張っている人もいるんですよね。それを一括りにして語りだすのがわたしは納得いかないわけなんです。

わたしは日本の大学が嫌でアメリカに逃げ出した人間ですけど、こうやって日本の大学にいた時間よりもアメリカの学校で過ごす時間の方がだんだん多くなってきて思うのはやっぱどこに属そうとも自分次第だってことです。ただの教育システムの違い。日本の大学にいようと海外の大学にいようと頑張れない人は頑張れないし、環境の恩恵を最大限に活用する人はするし、どこの国の大学がダメだとかいいだとかは一概には言えないことだと思う。だからアメリカの大学が素晴らしいと持ち上げすぎるのはある意味危険なことなんじゃないでしょうか。

まあわたしは一つの学問にしばられずにまずは幅広く勉強したいと思うので私にはアメリカのが合っているのかもしれないです。ここは個人的な考えの差とその環境が合うか合わないかの違いだから人それぞれなんじゃないですかね。