アメリカンまたたび

3年半のアメリカの大学生活を終えて日本に本帰国した23歳女の戯言

【映画】ふと思い出した映画 - 『ばかもの』

follow us in feedly

昨日の朝、起きたらふとこの映画のシーンが頭に浮かんだんですよね。

ばかもの [DVD]
成宮寛貴
TCエンタテインメント
2011-06-03



たしかこの映画を見たのはまだ京都で大学生をしていたころだったかなと思います。そんでたぶん小説も読んだかもしれない。ほんと記憶が定かでないですね。2年くらい前のことなのに。
北野白梅町のビデオin Americaっていうレンタルビデオ屋があるんですけど、そこでレンタルしたんです。そのときはとりあえず邦画が見たくて、適当に手にしたのがこの映画だった。本当に適当に選んで出会った映画です。

ばかもの (新潮文庫)
絲山 秋子
新潮社
2010-09-29





ばかもの
絲山秋子
新潮社
2012-01-11

小説はこちら。

今日はこの映画について書こうと思います。※あまりにも記憶があやふやなので間違っている箇所ももしかしたらあるかもしれません。

主人公は成宮寛貴さん演じる19歳の大学生、ヒデ。三流大学に通っていて普通の大学生をしていたある日、年上の女と知り合う。その女が内田有紀さん演じる額子。
瞬く間に彼女の魅力に取り憑かれたヒデは日々彼女とのセックスに明け暮れる。大学にもろくに行かずに彼女の部屋に入り浸る毎日。そんな中で突然彼女から結婚を理由に別れを切り出される。
それからなんとか大学を卒業し、無事に就職するものの無断欠勤が続き、遂にはアルコール依存症に陥る。学校の先生をしている彼女ができるものの、彼女に依存する毎日。(この彼女もたしかおかしくなっちゃって、最終的にはヒデに別れを切り出すんだったような…) 
まさに「ばかもの」そのものである。
病院に通ってアル中から回復し、普通の生活を送ることができるようになったころに額子と再会する。そのときの額子はヒデが知っている額子ではなかった。

とまああらすじはこんな感じです。

わたしが昨日の朝、頭に浮かんだのは額子がヒデに別れを切り出すシーンですね。たしかヒデは素っ裸で木に巻き付けられて、額子に別れを切り出されたまま置き去りにされるんです。
最初この描写を見たときは衝撃的でした。現実世界でこういうことをする人はいないだろうなあって思いながらもどこかではいるのかなって考えてみたり。自分の知らない世界がすぐ隣に広がっているようなそんな気分だった。

これまでこの映画のことを思い出すことはなかったんですけど、なぜか昨日このシーンが頭に浮かんだんですよ。なぜだろう。ほんとにそれだけはわからない。最初は映画のタイトル思い出せなかったんですけど、たしか成宮寛貴さんが出演されていたことを思い出してググって映画の名前までたどり着きました。

この映画に関してなにが言いたいのかは自分でもよく分かっていないです。ただ思い出した、そしてこんな映画・小説もあるってことをみなさまとシェアしたいなって思っただけです。

*追記(NY時間10月2日午前1時)
YouTubeで広告動画を見て映画がどんな感じだったのかっていうことを思い出しました。(動画はこの記事の冒頭に貼付けたものです)
この映画を見てから2つしか年が食っていませんが、この2年間でいろいろあったのでやはり見方も変わってくるものですね。
改めて動画を見てて思ったのは、人は出会う人によって人生が左右されるということ。自分では意識していなくても何気なく出会った人に無意識に影響されて人生が微妙に変わっていく。
この映画では普通の大学生だったヒデが額子との出会いによって人生が変わっていきます。まさにこれですね。額子との出会いがヒデにとってよかったのか、そうじゃないのかは最後まで見てみて考える必要があると思います。なので今思うのは、一人の女との出会いをきっかけに人生が変わってしまった男の人生を描いた映画ではないのかなってことです。
わたしが人との出会いで人生が変わったなーって思うこともあります。これについてはまた別記事で書きます。


---------------------------------------

Follow Me!
Twitter:@_yukiabe
Instagram: Instagram
旅行の写真をメインにアップしています。


詳しいプロフィールはこちらから。

サンフランシスコ発の情報サイト、はっちすたじおでも記事を書かせていただいております。
はっちすたじお限定の記事もあるのでお見逃しなく!
http://hatchstudioinc.com/archives/author/yukia

個人的なご用件はFacebookのメッセージより気軽にご連絡ください。
https://www.facebook.com/yuki.abe246