アメリカンまたたび

3年半のアメリカの大学生活を終えて日本に本帰国した23歳女の戯言

【留学】アメリカの中堅州立大学のグループワーク事情③:成功編

follow us in feedly

先週こんな記事を書いてたくさんの方に読んでいただきました。
【留学】アメリカの中堅州立大学のグループワーク事情
中には真面目にグループワークに取り組む人もたくさんいるんですけど、やらない人も普通にいます。クソです。出席点だけ取りに提出するプリントに名前だけ書きにきて、グループワーク中はずっとiPhoneいじり、そして授業終了15分くらい前に気付いたら姿を消すという強者もいます。
【留学】アメリカの中堅州立大学のグループワーク事情②:成績について
わたしがグループ変えたい、グループクソと騒ぎ立てたのは成績が成果物だけで評価されるからなんですよね。だからグループの中で誰かが全部頑張ったのを提出したらそれがグループ全員の成績になりますし、誰も課題をやらなくて一人だけ頑張っても全部終わらなかったらその途中までのものしか評価されません。
とまあお騒がせ致しました…。

それで今日、グループワークをちゃんとやってもらう作戦に乗り出しました。

作戦のポイントはこんな感じ:
・とりあえずコミュニケーションを取る努力をする
・"Please try this one."とは絶対に言わない
・一緒にやろうとする流れに持ち込ませる

です。

わたしがこの一週間で学んだのは、「やって」と言って放置して自分は違う課題を進めることをしてはいけないということです。
授業内課題がとにかく多いので分担していかないといけないかなと思ってわたしは焦っていたんです。しかしそれではみんなやらないんです。わからないから放置する。先生やTAも他のグループの人につかまってて、並んで聞くのも面倒くさいのでしょう。

しかしそれではグレードが低くなる一方なので改善しなくてはいけません。
それでわたしが行き着いたのが上記の3つのポイント。

実際の様子としては、
まず"Do you bring a laptop?"とパソコンを持ってきたかどうか尋ねます。持ってきてないと言うので「じゃあ一緒にやろう」と言います。
どこまで自分たちが進んだかどうかの確認をし、「じゃあ今日は4.2から片付けていこう」となります。
それで最初は女の子と二人だけでやっていたんですけど、となりで違うクラスの課題をやっている男の子をさりげなく巻き込みます。「ねーこれわかる?」といったフランクな感じです。
どうやら彼はコードが書ける様子だったので、「じゃあ実際にタイプしてみて?」と徐々にグループワークに参加させる方向へ持ち込んでいきます。
そんな感じで最終的にはみんなでいくつかの課題を終わらせることに成功しました。

とりあえずみんながやらないからといってハア?みたいな様子は禁物ですね。
とにかく常に笑顔で、そしてしっかりコミュニケーションを取る。話す。英語話せないとかじゃなくて、片言でも伝える努力をすることはグループワークを進めていくことでとても大事なことだなって今日思いました。

そしてtwitterでも書いたんですけど、グループワークってタスクを分担することじゃなくてみんなで一つのことを進めることなんじゃないかなと。
あんまグループワークをアメリカに来てからやってことなかったのでこういう大事なことに気付かずに一人で焦っては自暴自棄になっていたのかもしれません。

みんながしっかりやってくれるグループであることに越したことはないですけど、やっぱ普通の大学に通っていたらやらない人が出てくるのは必然だと思います。そんなときにはちゃんとコミュニケーションを取って話すことにフォーカスすればだいたいのことは解決するんだなって思いましたね。大事なことです。

日本人ならこういうときに空気読めよ…ってなりますけど、空気を読むという文化がないアメリカではやっぱちゃんと話さないと事が進まないってことを痛感したこの一週間でした。

これは大学生のクラスだけじゃなくて、仕事をするようになってからもこういう問題には直面するでしょうからコミュニケーションを取るということを忘れないでいきます。

---------------------------------------

Follow Me!
Twitter: @_yukiabe

Instagram:
Instagram
旅行の写真をメインにアップしています。



年末に留学相談会を開催します。参加者募集中です。
詳しくはこちら
から。

詳しいプロフィールはこちらから。

サンフランシスコ発の情報サイト、はっちすたじおでも記事を書かせていただいております。
はっちすたじお限定の記事もあるのでお見逃しなく!
http://hatchstudioinc.com/archives/author/yukia

個人的なご用件はFacebookのメッセージより気軽にご連絡ください。
https://www.facebook.com/yuki.abe246