アメリカンまたたび

3年半のアメリカの大学生活を終えて日本に本帰国した23歳女の戯言

【どうでもいい】将来の夢と、無理することはもうやめた件


またまたask.fmから。こんな質問をいただきました。
将来の夢はなんですか?
自分の好きなところで自分の好きな仕事して、大好きな人と一緒にあることです。
最近はもう疲れているので、具体的にどうとか考えなくなりました。
質問の答えはこの返事のままの意味です。

人間生きていたら予定変更なんてよくあることです。わたしも一年前と今では考えていることがまったく違います。このたった一年間でこんなに考え方が変わるってことはこれから何十年も生きていたらコロコロ変わるんでしょう。そんなことくらい見えてくるようになりました。

今は衣食住の食と住のセクションが壊滅的ですので、美味しいものを食べられて、独り部屋に住めたらもう幸せなんだろうなあっていう人間の最低限の欲求を思うようになりました。2年前の留学に恋いこがれていたころの自分は2年後の自分がこんな姿だなんて想像もしなかっただろうなあ。
(なんかこの2ヶ月くらい生きた心地がしない)

京都で大学生をしていた頃とか、渋谷でバイトしていたころは大きな街にやたら憧れがありましたけど、カリフォルニアのど田舎に住んで小さい街でみんながそれぞれ自分の好きなことを楽しみながら生活している姿を見てから静かで小さな街でゆったりと過ごしたいと思うようになりましたね。

だから今のところは自分の好きな仕事して、自分の好きなところに住めて、美容院とかネイルとかにも好きなときに通えて、大好きな人に毎日会えて、大好きな友達にもよく会える、そんな生活が夢です。

わたし留学直前とか留学直後は食っていける職業とかにばかり目が向いていました。だからそういう分野を学ばないといけないんだとばかり思ってた。しかもそういうのってわたしが好きな分野じゃないんですよね。わたしが好きなことは歴史研究と物書きですから。そして興味持ったことはそこまで調べるのかよキモいよって言われるところまで徹底的に調べる。そしてそれを自分なりに文章化する。
安定ばかり求めていた気がする。まあ安定を求めないっていうわけじゃないですけど、自分が好きでもないことをするのは辛いですよ。しかもそれを自分は好きなんだと言い聞かせて勘違いしてた自分が痛々しい。人には向き不向きがあるんだってことを数週間前に悟りました。それで専攻変えたんですけど。

自分の好きなこと・得意なことを抹消しようとしないで、それらで生きていける方法はあるかもしれないと考えるようになりました。まだハタチの小僧なのでよくわからないですけど、日々を生きながら探していきたいと思います。

11月ですね。12月15日の帰国まで生存していられるか不安ですが頑張りたいと思います。成田に着いた瞬間に号泣してそうw

---------------------------------------

Follow Me!
Twitter: @_yukiabe

Instagram:
Instagram
旅行の写真をメインにアップしています。

年末に留学相談会を開催します。参加者募集中です。
詳しくはこちら
から。

詳しいプロフィールはこちらから。

サンフランシスコ発の情報サイト、はっちすたじおでも記事を書かせていただいております。
はっちすたじお限定の記事もあるのでお見逃しなく!
http://hatchstudioinc.com/archives/author/yukia

個人的なご用件はFacebookのメッセージより気軽にご連絡ください。
https://www.facebook.com/yuki.abe246