アメリカンまたたび

3年半のアメリカの大学生活を終えて日本に本帰国した23歳女の戯言

憧れの国のリアルな側面を知る一石二鳥な方法

さきほどあんな番組に触発されておかしな目に遭う前にしっかり準備しておくことが大事だと言いました。

じゃあどうやってその国のことを知ればいいのか。私がアメリカに来た理由を書く前にそのことに触れようかと思います。

憧れの国のリアルな顔を、その国に行かなくても簡単に知る方法。

これはもう現地メディアを使わない他はないですね。

例えば、リアルなニューヨークについて知りたい。だったらThe New York Timesのローカル記事読めばいいじゃん。

ニューヨークのトレンドはもちろん、事件や政治のことも書いてある。その土地柄を知るって、御洒落なものばかりを見るのではなくて、歴史や政治・経済を理解して初めてトレンドが見えてくると思うんです。そして事件などもいち早く報じてくれる。この都市のこの地区で危ない事件が起きたとかも分かるんです。観光に行く時に注意することができる。それらのある程度の最新情報を知るのに現地のメディアはもってこいなんだと思いますよ。

今では各メディア、TwitterやFacebookのアカウント、スマートフォンアプリまでかなり充実しています。

いつどんなときでも憧れの国や都市の情報が手に入るんです。タダで。(課金を要求されるメディアもあるけど)
しかも英語やその他外国語の勉強にまでなっちゃいます。一石二鳥。こんなに素晴らしいことはない。

わざわざ500円とか600円払ってさ、そこらの女性誌の胡散臭い海外特集なんか見ないで、リーズナブルにこっちにした方がある程度の信憑性と節約は確保できるんです。

他にも日本の女の子が好きそうな都市のローカルメディアのリンクを貼っておくんで、ご参考になれば。

・ロサンゼルス - LATimes

・ハワイ - Honolulu Star Adviser

・ロンドン - London Evening Standard

探すのめんどいのでこのへんですいません。 それでは。



加筆。

現地在住の人のTwitterとかフォローしても面白そうですよね。