アメリカンまたたび

3年半のアメリカの大学生活を終えて日本に本帰国した23歳女の戯言

【カリフォルニア】24時間だけカリフォルニアに戻ってきた


今回、日本に帰るまでにカリフォルニアに行くことになってます。用はないです。ただの乗り継ぎまちの24時間です。

来たのはロサンゼルス。
1月にロサンゼルスに行く用があるので、それに合わせて飛行機を予約しました。

チコにいた頃ロスに来たのはこれまた飛行機の乗り継ぎ待ちの一回きりのほんとにわたしにとって馴染みがなさすぎる街なんですけど(だけどアメリカで初めて来たところはロスというw)、落ち着きがはんぱじゃありません。

ニューヨークにも、北東部にも、大好きなところはたくさんありますが、やはりわたしのアメリカのふるさとはカリフォルニアなのかなとロスに着いたときにふと思いました。

開放感のある空、筆記体で書かれた車のナンバープレート、12月なのにコートがいらない気候、街の明るい雰囲気とかとか

カリフォルニアにいたのはたったの1年だし、たいしてカリフォルニアのこと知ってるわけでもないかもしれません。でもなんか、なんかわからないけど心が通うといいますが、言葉ではなんとも説明し難い落ち着きがカリフォルニアにはあるのですよね。

また来月遊びに行くのですが、それからニューヨーク帰るのがつらそうだなと今から危惧しております。笑

追伸

カリフォルニアに戻ってくるのはニューヨークに引っ越してから初めてでした。たったの4ヶ月ぶり笑
やっぱ人の顔つきとか北東部とは全然違うなあと思いましたね。同じアメリカでも端っこと端っこではこんなに違ったのかーっと改めて面白い発見につながりました。
楽しい表情一つにとっても違うし、険しい表情も全然違う。こういう土地柄が出る発見というのは個人的には好きだったりします。