読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメリカンまたたび

留学はまたたび

【アメリカ】アメリカで生きていくのに大事だと思うこと

follow us in feedly

いつもTwitterで仲良くしていただいているフォロワーさんのshioさんが興味深いツイートをされていたのでご紹介。



















これほんとその通りすぎてツイートをお見かけしたときにゾクゾクッとしました。

わたしは日本以外だとアメリカにしか住んだことがありませんが、おそらくどの国に住むにも言えることなのかなとも思いますが、より顕著なのがアメリカなのかなと。

わたしのカリフォルニアの免許が信用できない例としてとてもいいかなと思いました。

日本では車の免許は筆記試験が終わった即日発行になりますよね。カリフォルニアでは郵送なのです。
試験が終わって本免許が届くまでの仮の免許を発行してもらってるときに係りのおばさんは「数週間で届くから」と言っていたにも関わらず、五ヶ月経った今でもわたしの免許は届かないw 一体どこでさまよってるのよw

だからなんでもかんでも信用できないのです。免許だけでなく大学で成績確認するからって言われたこともされていなかったり、オフィスアワーこの時間にはいるからって言っていたのにいなかったり。とにかくいろんなことが口だけなのでいつも最悪の事態を考えるようになりました。

最悪の事態を考えるということは万が一自分が望んでいたことがダメになってもいいように代替となるものを用意して備えておくことです。

だからよく言われている、電車が数分遅れただけで拗ねちゃうおっさんのようになってはいけません。拗ねてもいいけど、数分遅れたときに対処できる方法を考えたほうが人生楽しくなるし、それに拗ねる止まりの思考回路ではアメリカでは生きていけないと思う。

わたしもアメリカの口だけ文化には参ることもたくさんありましたし、よく拗ねてましたが時間が経つにつれて代替のものを考えられるようになりました。時間が解決してくれるんですね。

そして周りに流されたり、自分の頭で物事を考えられないのも危険だと思います。口だけの言葉を信じてしまうと、何かが起きてからでは大変ですし。まずは何事も疑いの目を持って自分の頭で考える。それをしてなんかおかしいなって思ったら調べる。だからわたしは自分で調べるスキルを持つことは大事だと何度も何度もブログやTwitterで言ってきたのです。

人の言葉を信じられないのかとか、そんなことしてて女気ないなとか言われそうですけど、そんないい顔していたらこの国では生きていけないとこの1年半で強く思いました。