アメリカンまたたび

3年半のアメリカの大学生活を終えて日本に本帰国した23歳女の戯言

【個人的】07-08年ジャニーズカウントダウン分析 - around 20が懐かしむものばかり!


わたし別に今はジャニオタではないのですが、ジャニオタ時代の名残(女の子には誰しも訪れると思う)から毎年年越しはジャニーズカウントダウンをテレビで見るのが恒例でした。
なんだかんだ10年近く見てる気がする。
(行ったことはない)

とまあ今年は中継しなかったそうですね。生放送見られなさそうだからアメリカに帰る飛行機待ちのときにでも見てようかなと思ったんですけど、やらないようで。

それで今回はわたしが個人的に好きな2007年から2008年のカウントダウンについてお話ししようと思います。

なぜ大好きなのかというと、今や見られないレアものの宝庫なのです。

・今や紅白に欠かせなくなった嵐が司会として出ている。(ちなみに嵐の紅白初出場は2009年です)
・KAT-TUNがまだ6人いる
・NEWSにまだ山ピーと錦戸がいる
・関ジャニ∞ももちろんばっちりいる
・修二と彰が見られる
・スペシャルユニットの組み合わせがもう二度と見られないような気がするほど豪華すぎる(特に松潤&亀梨)
・平成ジャンプがまだ年齢制限で出られなかった頃
・最近カウントダウンであまり姿を見せなくなったV6が出ている
・(たぶん)キスマイの藤ヶ谷と北山が山ピーのバックで踊ってる
・生田斗真が出てる
・(個人的)関ジャニ∞の大倉がかっこよすぎてやばい
・赤西仁って歌うまいなあ…

とまあこんな感じ。なにより嵐が出てるのが大きなポイントなのかなと。

そして一つ一つならYouTubeで検索すれば山ほど動画出てくるんですよ。でもこれが一度に一気に見られるのがこの年のカウントダウン。だから豪華なんです。

わたしがリストアップしたポイントを見ていただけたらわかると思いますが、around 20歳の人なら「あー懐かしい!!」と言いたくなるセトリです。修二と彰とか流行りましたね。もう10年前になるんですよw わたしたちも年をとるわけですね。

しかもこのカウントダウンでは青春アミーゴを山ピー、亀梨、赤西、錦戸の四人で歌っているわけです。わたしたちの世代からしたらとても豪華絢爛な組み合わせ。もうこの四人で歌ってるところなんて見られないですよねぇ…

一部の人からしたらとても素晴らしいカウントダウンであるはずなので、興味ある方は動画検索してみてください。