アメリカンまたたび

3年半のアメリカの大学生活を終えて日本に本帰国した23歳女の戯言

【寒い】アメリカ北東部の本領発揮に向けて臨戦体勢である


心の底から日本に帰ってきてよかったなあと思いました。



























ヒャッハッー‼︎って感じですね。
驚きもせず、あぁ、苦笑いして、ヒャッハッー‼︎

まだ-10℃に行かないだけマシかなぁとも思うんですよね。-22℃とかありますから。
アメリカ北東部というか中西部寄りにお住まいのフォロワーさんに冬のサバイバル方法を聞いたことがありました。そのときに言われた「そのうち-10℃があったかいと思うようになるから」と言われたときの意味がようやくわかってきたような気分です。

わたしが21年間の人生で体験した最低気温はこないだの軽井沢の-10℃なわけです。これから10℃も下がると思うと恐怖よりも笑いがわたしを待ってる気がします。

生まれも育ちも関東平野ど真ん中の茨城で、京都に一年間住んでいたけどそこまでの寒さは経験しませんでした。せいぜい-2℃くらい?今やこれがマシなときの最高気温w 人間変わるものです。

そしてこないだまでは温室カリフォルニアでぬくぬくしてましたからね。この冬は未知の寒さとのサバイバルです。

というわけでこないだドラッグストアに行ったときにこんなものを見つけました。













Twitterで仲良くさせていただいてるよしだっしゅさんが以前日本から送ってもらった荷物をTwitterに載せてたときにこれを知りました。

「足の冷えない不思議な靴下」


まるで魔法瓶のようです。


なんか難しいことはわかりませんが、とりあえず足をあったかくしてくれればわたしはそれでいい。













蒸れないのはいいですね。よくカイロとか貼ると蒸れるじゃないですか。あったかいのはありがたいけど、びちょびちょするのがいただけなかった。
日本のものは口だけじゃないと信じてこれには期待しようと思います。

ちなみにこれで1500円くらいだったかな。ハイソックスタイプのものから薄手のものまでいろいろ種類あるそうです。

今度大学のアパートに引っ越すんですけど、アパートからキャンパスまでが少し遠くなるんです。しかもアメリカの寒さはこれからが本番だと言いますし、この靴下とこないだ買ったコート、ニット帽、カイロ、ヒートテックでなんとか越冬できることを祈るのみですね。