アメリカンまたたび

3年半のアメリカの大学生活を終えて日本に本帰国した23歳女の戯言

大学院受験準備アップデート 8/19/17

前回に書いたアップデートの続きです。

americanmatatabi.hatenablog.com

ここからどこまでprogressしたかを書きますね。

終わったこと

①奨学金の書類集め

②パスポート申請

③1つの大学に問い合わせ

という感じです。

では詳しく書きます。

①奨学金の書類集め

・Application 指定された紙に8枚

なんで大学院にいきたいと思ったのか、研究テーマは何かなど質問が6個くらいありました。ちなみに全部手書き。

・成績表を取り寄せる

高校卒業してから在籍したすべての高等教育機関の成績表が必要です。ちなみに私はオルバニーとチコと立命。

オルバニーは成績表で10ドル、送料50ドルでした。金がぶっ飛びました。チコは留学生のアドバイザーにメールすれば無料で送ってくれますね。立命は申請書を紙で郵送するのが非常にダルかったです。オンライン対応してください。

・修士論文の概要(Research Proposal)

これは英語で1,500wordsくらい。自分が修士論文でどんなことを書きたいのかをまとめます。修士論文がよくわからないので、とりあえずResearch Proposalを書きました。Introduction, Literature Review, Research Methdologyとかとか。

調査しないと論文って書けないと思ったんですよ。だから自分はどんなことに問題意識を持っていて、世の論文ではこんなことが言われてて、こんな調査をしたい、調査の方法はこれだと書いたわけです。

リサーチのクラスを取った時にリサーチの仕方を勉強して、Proposalは書いたことがあったので、スムーズにできました。

ちなみにこれを日本語でやれって言われたら、できませんね。やり方がわからない。アカデミックな日本語がわからない。すごい時間かかると思う。

・学士論文の概要

こっちは日本語で2,000字くらいでまとめます。私は卒論らしい卒論は書いていないのですが、4年生の最後の学期に情報科学専攻の人は必ず取らないといけないSenior Seminarのクラスで書いたFinal Paperの概要を書きました。

 

はいこんな感じです。あとは上司から推薦状を無事にいただくだけです・・・。あとはちゃんと郵送しないといけません。

ニューヨーク旅行から帰ってきて1週間後くらいから始めたこの準備、意外と時間がかかってしまいましたね。当初の予定では8月の始めには終わっているはずだったんですよ。まあ間に合いそうだからいいか。

家にいると精神病むので、ProposalとSummaryはカフェに行って黙々とやっていました。全席コンセント付きでWifiが快適ないいカフェを見つけました。

f:id:americanmatatabi:20170819220722j:image

家からも電車で2駅、定期圏内、駅からも近いのでこれからもお世話になりそうです。

②パスポート申請

これまで使っていたパスポート、留学行く前にRenewしたものなので期限が1年切りました。19歳の時で、まだ20歳になっていなかったから10年パスポートを申請できなかったんですよね。

10月ごろにCampus Visitでオクラホマに行こうと思っているので、そろそろRenewしておかないとと思いました。まあまたESTA申請するのはだるい。

ということでこないだの木曜の朝、仕事行く前に池袋のパスポートセンターに行ってきました。10年パスポートです。

行く前に駅の証明写真で写真撮ったけど、湿気でせっかくストレートにした髪の毛がモッサしてしまいましたよ。まったくもう。おかげで昭和の終わりから平成の始めのトレンディドラマの脇役にもなれない脇役で出てきそうな顔になっていました。

受け取りは来週の木曜日。楽しみですね。

③1つの大学に問い合わせ

カリフォルニアのCSUの1校に問い合わせのメールをしました。AdmissionのRequirementにapplicantはcommunicationのdegreeか関連フィールドのdegreeを持っていないといけないと書いてあったんです。

そこで私は関連フィールドのjournalismの副専攻で持ってて、communicationは1つだけクラス取ったことある、これでもapplyしてもいいかと聞いたんです。

そしたら返事くるのに1週間くらいかかりましたね。最初はInternational admissionに問い合わせて、communicationの担当者にメールを転送されてって感じのタイムラインです。まあちゃんと答えをもらえたからいいんだけど。編入のとき、オルバニーの大学はすぐに返事きたから、こんなに遅いのにびっくりしましたね。こんなもんなんですかね。

個人的にメールの問い合わせはadmissionで大事かなと思っているので、またどっかにメール送ってみようと思います。

 

以上です。また書きます。

 

yuki