アメリカンまたたび

3年半のアメリカの大学生活を終えて日本に本帰国した23歳女の戯言

大学院受験準備アップデート 9/8/17:またたび流GRE Verbalの勉強方法

大学院受験に向け、GREの勉強を始めました。

americanmatatabi.hatenablog.com

勉強を始めてから1週間と少しが経過しました。GREはAnalytical Writing, Verbal Reasoning, Quantitative Reasoningの3種類のテストがあります。この中でも一番わたしがやばそうなのが、英語の読解のVerbal。今はこの勉強だけやっています。Verbalが落ち着き次第、他のやつに取り掛かろうと思います。

このVerbalの文章を読むことが苦にならなくなってきました。

まあ、ツイートした通り、問題の正解率は相変わらず低いです。しかし最初は文章すら読めなかったので、その文章を理解できるようになってきたのは進歩だと勝手に思っています。

今回はわたしが毎日やっている勉強方法について書いておくことにしました。

①そもそものわたしの英語リーディングスペック

一般的な学部留学を経験した留学生に比べると、わたしの英語スペックは低いと思います。留学中はリーディングらしいリーディングはあんまやりませんでした。専攻がInformaticsであんま教科書を使うものではなかったし、副専攻のJournalismもそこまで教科書教科書していなかったんですよね。

むしろ新聞ばかり読んでいました。新聞って独特な書き方をするので、普通のリーディングとは違うんですよね。わかりやすさが第一ですからね。。新聞の中でも事件系の記事をよく読んだので、警察のプレスリリースとか読むの得意です。

だから政治学とか英文学とか、あの辺のいかにも教科書読みまくります系の専攻の人らは週に100ページとか読んでいたんだと思いますが、わたしはそういうことはしませんでした。

②現在のリーディングスペックでの勉強方法

ちなみにわたしは英語の勉強が嫌いなので、自分に無理がない程度に、三日坊主にならないような工夫をしてコツコツやっています。

勉強の進め方①:まずは問題を解く

f:id:americanmatatabi:20170831175109p:plain

www.amazon.com

このテキストだけを使います。他にもいろいろ参考書が売られていますが、1つでいいです。たくさんあるとわたしは勉強しなくなります。

このテキストで

・穴埋め問題なら1回あたり5問程度

・リーディングなら1回あたり1〜2問程度

だけをやります。たくさんやろうとすると、毎回その問題数をこなさないといけないと思ってしまって、三日坊主になるだけです。

何度も言います。無理のない程度にやります。毎日勉強だけしていれば、もっと問題数こなすと思いますが、7pmまで仕事しているのでね。帰ってくるの8pmとかだし、それからご飯作って食べてからってなると、この問題数がちょうどいい。

勉強の進め方②:単語のレビューをする

問題を解いて、答え合わせをしたら、単語のレビューをします。

f:id:americanmatatabi:20170908225143j:plain

f:id:americanmatatabi:20170908225139j:plain

わからなかった単語を全部書きます。あと自分が知らない意味で使われている単語も書きます。そこに日本語で意味を書いて、例文や熟語を一緒にメモします。

勉強方法は以上です。これをひたすら繰り返しています。

一度解いた問題は、数日後に必ずもう一度から二度くらい解きます。だいたい数日前に読んだものは忘れています。単語の復習のためにも、同じ問題を複数回解くことはわたしにとってとても重要です。

 「あーこの単語忘れていたんだった!」「またこの問題できなかったー」みたいなことが必ずおきます。まあ人間ですから忘れますよね。何度も繰り返すことで、単語がどのように、どんなシーンで使われるのかを覚えて、定着にも良いです。多分。

あと繰り返し同じ文章を読むことで、なぜか新しい文章もスラスラ読めるようになりました。正解率は低いんですけど、文章の読解力は上がった気がします。読み間違いもないので。

問題は単語ですね。もう単語がカオスだから、わからなかったやつはとりあえず何度も問題解いて覚える。あとは前後の文章から意味を推測すること。これもやっぱり何度も繰り返し文章読まないとできるようにはならないんですよね。

まあまだ始めたばかりなので、コツコツ毎日頑張ります。

 

yuki