アメリカンまたたび

3年半のアメリカの大学生活を終えて日本に本帰国した23歳女の戯言

わたしが留学初期に苦労した、その場で与えられたお題についてダラダラ英語で意見を書くこと

今でも忘れません。カリフォルニアのコミカレに留学して初めての英語のクラス。教授が「今日は◯◯についての意見を書きましょう。」と言い、その場で自分の意見をダラダラ書くということが何度もありました。

ただ教授が言ったことについての自分の意見を英語で書けばいいのです。しかしわたしはこれにものすごく苦労しました。簡単そうで、留学生であるわたしにとっては難しいことだったのです。

難しいと思うのには以下のような理由があります。

①そもそもそのテーマについて知らないことが多い

②与えられたテーマについて何も意見が思い浮かんでこない

③そもそもいきなりダラダラ英文を書くことに慣れていない

④自分の意見をたくさん文章を書くことでアウトプットすることに慣れていない

周りのアメリカ人学生はものすごい勢いでノートに文章を書いていきます。なんでそんなに書けるのかよ・・・ってびっくりするほどの文量があります。みんな2ページ目に突入している頃、わたしはたったの3行くらいしか書けていませんでした。

教授がクラスでその場でいうテーマなので、予習なんてできません。

こればかりは何度やっても慣れませんでした。ただただ辛くて仕方ない時間でした。

ニューヨークに行って2セメスター目のジャーナリズムのクラスでも同じようなことがありました。

今でも忘れられませんね、「ジョン・スチュアートについて書け」っていうお題。ただでさえ英語の文章を大量にその場の勢いで書くことができないのに、「おいおいジョン・スチュアート」って誰だよ・・・と。もうもう適当に書くしかありません。しかも書いたものはその場で提出、出席確認になるのです。焦りしかありませんでした。

わたしは結局"John Stuart"については3行くらいしか書けず、返ってきた答案には"Jon Stewart"と直されており、ああああ知るはずないぞ〜〜〜ってすごく恥ずかしい気持ちになりましたね。

ちなみに"Jon Stewart"はこの人。

Jon Stewart - Wikipedia

わたしスペルすらわからなかった。口頭で言われるからですね。口頭で指示されるのがすごく辛かった。聞き取れないんだもん。教授のところに行って、「聞き取れなかったし、Jon Stewartもわかりませんでした」って言いました。

まあそれにも慣れたので、人間は慣れる生き物なんですね。

そんな感じでクラスでいろいろ大変だったわたしですが、とりあえず文法はぐちゃぐちゃでも自分の意見を3行以上でアウトプットできるようになったなあとさっき気づきました。まああれからも継続的に大量に英文を書かされたので、できていないと何のために高い学費を払って大学卒業したんだよって感じですけどね。

f:id:americanmatatabi:20170918150305j:image

大学院のPersonal Statementを書くのに、ネタをまとめていました。フィンランドの大学に出願するのに、なぜフィンランドの大学で学ぶべきなのかというのをダラダラ書いていました。これはもちろん最終ではありません。今はネタ出しの段階なので、さらにいろいろ調べたりして文章の肉付けをしていこうと思います。

ダラダラ自分の意見を書くのは、日本語よりも英語のが得意ですね。まあ日本語ではやってこなかったことですから。日本語でやっていたら、わたしも留学先の授業であんま苦労しなかったかもしれません。ただ英語のが書きやすいです。文法めちゃくちゃだけど。頭から流れてくる英文をただ書いているだけです。ここでは日本語が脳内に流れていないので、日本語が介入すると一気に変な英語になります。

そういえばこの万年筆、こないだ買ったんです。

f:id:americanmatatabi:20170918150316j:image

www.pilot.co.jp

美しいでしょう〜。

f:id:americanmatatabi:20170918150329j:image

万年筆を使い始めてからは、何かを書くときはずっと万年筆を使っています。万年筆の書き味とか、インクの映え方にすっかり虜になってしまいました。

 

yuki