アメリカンまたたび

2018年秋からニューヨーク大学の大学院で留学生教育を勉強する予定。

人生、何かに行き詰まったら、旅行しよう。ニューヨークがわたしにくれた希望

寝る前のひとり言です。

もし誰かが人生に行き詰まっていたり、この先真っ暗だ…ってなっていたら、わたしは「旅行したら?」と勧めると思う。

旅行先はどこでも良くて、自分が好きなところに行けばいい。できたら、日常から離れているところがいいかも。

旅行の目的は、自分の思考回路をリセットするため。そして自分の今の価値観をちょっと変えるため。

わたし自身、去年の6月に行ったニューヨーク旅行で人生救われた。それまで(まぁ今もだけど)東京での生活がしんどくてしんどくて、自分の人生が何も見えてこなくて、わけわからなくなって自暴自棄になってた。

辛すぎるがあまりに、男に振られたあと、即ニューヨーク行きのチケットを予約して、1ヶ月後にニューヨークに行った。

留学時代に慣れ親しんだところに行って、お世話になった方々と会うだけの短い旅行だった。でもわたしは自分が人生に何を求めているのかが、この旅行を通してクリアになった。自分の軸を再確認して、また明日からがんばろうという希望をニューヨークがくれた。

ニューヨークにたったの3日間行くだけで、こんなに人生の価値観が変わるだなんて思っていなかった。最初はただただ逃避行だった。東京から逃げたくてしょうがなかった。そしてニューヨークはわたしに生きる希望を与えてくれた。わたしはニューヨークが大好きだ。

旅行をなめてはいけないなあと思った。ぶっちゃけ今の現状は、6月と何も変わってないけど、今は頑張りたいことがたくさんある。6月はそれがなかった。人生真っ暗でしかなった。

だからみんなも人生つらくなったら、思い切って休みを取って、どこか遠いところにふらっと行くといいと思う。これまで見えてこなかった何かが見えてきて、目の前を明るくしてくれるかもしれない。

 

f:id:americanmatatabi:20180218230843j:image

ニューヨークとコネチカットの州境のあたり。この森に囲まれた道路とても好き。