アメリカンまたたび

3年半のアメリカの大学生活を終えて日本に本帰国した23歳女の戯言

#ニッポンのジレンマ を見ました


新年早々、TwitterのTLがわちゃわちゃしていたので、キスマイBUSAIKUで玉森氏を拝んでニヤニヤしてからニッポンのジレンマとやらを見てました。
今思えばあのきゅんきゅんのまま寝ておけばよかったかなと思う
。。。

ニッポンのジレンマ

いろいろ噂は聞いていたんですが、見るのは初めてでした。

番組を見た率直な感想は、まあこんなにクオリティがカスだとは思わなかったことですかね。

日本史の研究家のなんちゃらさんがイケダハヤト氏に見えて仕方なかったのがその他の印象。

カスだと思う理由①

議論の展開がめちゃくちゃ過ぎる。


あれなんなんですかね。視聴者に喧嘩売ってるんでしょうか。
宿命とかコスモなんちゃらとかいうカタカナ語について議論してるのかと思ったら、いきなり英語は勉強した方がいいとかシリコンバレーや東京に行けとか一昔前の言説をソーシャルなんちゃらの女がわめきだして。
議論の筋が通ってないんですよね。
前に話した人の話した内容を完全に無視して、自分の話をするってただのわがままであり、議論の仕方を知らないってことを晒して楽しいんですかね。自分が馬鹿だって言ってるようなもんじゃん。
ほんと見ていて意味不明でした。バカかってな。
まあフォロワーさんによると、ニッポンのジレンマは議論がめちゃくちゃなのが当たり前みたいで。
これは単に番組の構成がオーガナイズされてなくて、出演者の論者も頭が良くないってことですよね。

まずは議論の基本的なやり方を学んでから番組に出てほしいですね。こんなクオリティで受信料払いたくありません。

カスだと思う理由②

出演者の多様性に欠ける・出演者がよくわかんない

めちゃくちゃなことを話す学者と、一昔前の視野が狭い言説を話すソーシャル界隈の女と、頭の中が今にもとろけ落ちそうなはあちゅう氏と、あれはタレント性重視で論者を選んでるんですかね。
(はあちゅう氏っていろいろフューチャーされてるけど、彼女のなにがすごいのか全く分からないですし、この番組に呼ばれた意味がわかりません。Twitterで公開処刑かって言ってる人がいて吹き出してしまった)

家入氏はいろんな意味で面白いからいいんですけど、なんだか流行って感じの人ばっかでつまらなかったです。論者の話していることも中身がなかったし。例えば、前述したとおり英語だとかシリコンバレーだとか。それを必要としない人のことも考えたら、どんな提案が出てくるんだってことに期待したかったですね。あーあ。

結論:ニッポンのジレンマを見て学んだこと

どんなにいいアイディアを持っていても、どんなにいいサービスを開発しても、中身が無いやつは中身が無いし、馬鹿なやつは馬鹿。だから有名って人は中身がない可能性もあるってことですよね。

ゆえに、
素晴らしいサービスを開発できる≠議論が出来る、言うことが洗練されてる
っていうことにもなるのではないかと思いました。
当たり前のことかもしれないけど。

だから、タレント性だけで論者を選ぶのは辞めてほしいですね。


余談だけど、意識が高いって笑われる人って中身がないし、現実味に欠けるよね。夜Twitterにも書いたけど。