アメリカンまたたび

2018年秋からニューヨーク大学の大学院で留学生教育を勉強する予定。

【留学】留学の現実② - 洗い物問題


新しい住居もスイートメイトはみなアメリカ人でわたしはどうやらアメリカ人と生活を共にすることに縁があるようです。

前の学期は「わたし禿げるんじゃないか」と思うくらい悩んでもがいていたんですが、今学期はそれほどじゃなくてもすでに新しい問題が登場してきました。洗い物問題ですね。

洗い物問題というのはその名の通り、食器や鍋やフライパンを洗わないということですね。わたしはもちろん食事のあとにすぐ洗いますよ。 
前の学期も食器問題あったけど、 キッチンがなかったからそこまで深刻化はしませんでした。溜まってきたら誰かが付箋に"Please wash your dishes!!"とか書いてトイレに貼ってあったので、わたしもそこまで悩みもしませんでした。

ところがキッチンがあるとどうも食器をみんな溜めるんですね。不思議で仕方ない。中にはそりゃあきれい好きなアメリカ人もいてちゃんと洗う人もいるんだろうけど(前のホームステイ先のホストマザーがそれだった)、洗わない人ももちろんいる。

興味深かった洗い物問題をいくつかピックアップします。

①料理は好きそうだけど、洗い物は好きじゃない

やったらやりっぱなしというケースですね。すぐに片付けをする習慣がない。

②油汚れがひどいものを水につけておかない

まあ片付けしませんから、水につけておかなかった汚れのひどいものを後から洗うのが大変だということも知らないんだと思います。

③フライパンを使った、でもシンクには食器が。そこで洗わずに油ギトギトのままコンロの上に放置

これは観察結果です。 普通、シンクにものを置きたいけど、そこがいっぱいで置けなかったら洗うと思うんですけど、洗わなーい。

④シンクはゴミ箱

よくティーパックとかストローとか捨ててある。

先週の月曜だったか、ルームルールとして食器を洗うことをわたしは持ち出してみんな承諾したんですよね。まあそのときに「急いでいる時とかは洗えないかもしれないけど…」とか言われたけど、明らかに貴方今映画見ているでしょ!!!と突っ込みたくなる。急いでないでしょ!!
また言わないといけないのかな…あのクソアジアン女うっせーなとか陰で言われているのかな…アァ…つらい…

留学中のフォロワーさんでも悩んでいらっしゃる方は多いようなので、これは留学あるあるだと勝手に認定しました。