アメリカンまたたび

3年半のアメリカの大学生活を終えて日本に本帰国した23歳女の戯言

【留学】アメリカ企業へのインターンの応募について気づいたこと


アメリカで大学生を始めてから毎日のようにインターン募集のメールを大学からもらいます。わたしはジャーナリズム専攻の情報科学副専攻なので、この2分野に関連したインターンの募集ですね。コミカレ時代にはなかったことです。ニューヨーク州の州都なので州のお役所関連のインターンも多いのが印象的であります。

だいたい大学側からメールで紹介されたインターンに応募するときは、メールの文面に必ず記載されている担当者へメールをしてコンタクトを取ることから始まります。日本だとリクナビとかマイナビなどの就活のサイトから応募するそうですね。ここがアメリカと日本の大きな違いでもあると思います。

わたくしごとではありますが、昨日の晩に面白そうなインターンの募集のメールが届きました。これはチャンスだと思ったので今日のお昼頃に質問をするメールを担当者に送りましたが、ものの数時間後に不採用のメールが届きました。わたしはただ質問のメールを送っただけでした。なのに「あなたよりも英語のライティングが流暢な人を見つけたからごめんなさい」と一言だけ。

このあと無性に悲しくなってきて、無性に泣けてきて6時間ぐらいずっと悶々としていました。わたしの英語は下手くそなのか…書くことにはそれなりに自信があったけどそんなにダメなのかとかひたすら自分を責めて泣いてってことをしてました。ただ後から気づいたんです。問題はわたしの英語力うんぬんの問題ではなかったw

メールの文章の構成が圧倒的にダメだったわけです。自己紹介と質問しか書かなかったんで。メールを書く前に"Internship application email"とググらなかった自分を呪いかけました。
なんとか悲しみから立ち直ったあとに何がダメだったのか、何を改善させないといけないかいろいろ考えていたんです。やっぱわたしの文章はクソだから一からまた勉強し直そうかとか、Word Choiseがダメだったのかとか。コミカレ時代に使っていたライティングの教科書を引っ張り出して確認したりしてた。もっと大事なことに気づいたのはこのブログ記事を書き始める10分前です。もうアホです。

"Internship application email"

この3文字がものすごく大事だったんですよね。サンプルのメールを読んでいたらメールの文面の書き方がクソすぎたことをまじまじと見せつけられました。 わたしのライティング能力の問題ではなかった。初めてだったのできちんとしたインターン応募のメールの書き方を知らなかった、そしてググることすらしなかったという…。なんでググらなかったんだろう…。

わたしが今回やらかしてしまったのは、メールの書き方をググらなかったことだけじゃないと思いました。思い込みですね。わたしがインターンの応募のサンプルメールを読んでて思ったのは、この時点で自分をアピールする必要性でした。

気になったのが、
・自分が興味ある分野とインターンの職種の関連性
・成績が良くてGPAはいくらだ、こんな奨学金を毎年もらっている
・こんな教授から紹介してもらった

など。

まずこういったことを書いてから質問すればよかったのかなと思いました。
思い込みというのは、上記の3つのポイントなんかは履歴書とカバーレターで書けばいいんだと思っていたことです。初めてのことはちゃんと調べないとダメですね。痛感しました。

まあもう断られたので手遅れなんですけど、これも一つの学びかなと思いました。一つ学んだので次に生かすしかないです。なんかこの失態に気づいたあとあんなに泣いていた自分が愚かに思えてきましたね…。ああアホだ…。

参考リンク:
http://www.nec.edu/wp-content/uploads/P-Email-for-an-Internship.pdf
http://www.hamilton.edu/documents/CRECorespondenceSamples.pdf


---------------------------------------

Follow Me!
Twitter: @_yukiabe

Instagram:
Instagram
旅行の写真をメインにアップしています。

気軽な質問はこちらから⇒http://ask.fm/yukiabe

YouTubeチャンネル⇒https://www.youtube.com/channel/UCMUqNrY075LBB61cJVeDv-Q

詳しいプロフィールはこちらから。

サンフランシスコ発の情報サイト、はっちすたじおでも記事を書かせていただいております。
はっちすたじお限定の記事もあるのでお見逃しなく!
http://hatchstudioinc.com/archives/author/yukia

個人的なご用件はFacebookのメッセージより気軽にご連絡ください。
https://www.facebook.com/yuki.abe246