アメリカンまたたび

2018年秋からニューヨーク大学の大学院で留学生教育を勉強する予定。

【ブログ】Google Analyticsの地域表示を見るのにハマっている

このブログを始めて約1年ちょい、ようやくGoogle Analyticsを使い始めました。

Google Analyticsというのは、webサイトのアクセス分析をかなり細くしてくれるGoogle発のサービスですね。ブログをまともに運営されている方は必携のツールだと思います。わたしも真面目に更新しているつもりであり、そしてGoogle Analyticsの存在そのものは2年くらい前から知っていたんですけど、使い方がよくわかんなくて放置していました。

ただやはりlivedoorのアクセス解析だけでは物足りなかったので、やっていれば慣れるだろうと思って始めました。なんかコードか何かを埋め込まないといけないとググっていたらよく出てきたので、「あー難しいw めんどいw」となってたんですけど、livedoorだとコードを入力するだけでGoogle Analyticsの方に反映してくれるんですよ。さすがです。頭が上がりません。

というわけでGoogle Analyticsでブログのアクセスを見つめる生活が始まりました。

わたしが一番好きなのが、地域表示してくれるところです。

Google Analyticsでは自分のサイトを読んでくれた人がどんなところからアクセスしてくれるのかがわかるセクションがあるんです。

22 PM

これはわたしのブログの解析です。圧倒的に多いのがやはり日本とアメリカ。そしてイギリス、カナダ、オーストラリア、台湾、ドイツなどにお住いの方がよく読んでくださっております。中東やアフリカはまだない様子。

そしてさらに興味深いのが都市名まで出てくるんです。これは面白いです。わたしは地図を眺めるのが大好きなので、地図を眺めながら自分のブログの解析も見ちゃうなんてとても楽しいです。

その都市名のランキングを見てて気づいたことが、わたしのブログを読んでくださっている方は港区、浦安市、ロサンゼルスにかなり多い。どういう傾向なのかとかは全く心当たりがないですね。ただこれだけたくさんの方に読んでいただけているとうことは光栄でございます。

アメリカですと都市名を見ればどこの大学に行っている人が読んでくださっているのかもなんとなくわかります。一時期大学調べまくっていたので、有名どころの大学だと都市名も分かります。アメリカは都市名と大学名がくっついてきますからね。Ann ArborだったらUniversity of Michigan、IrvineだったらUC Irvine、EvanstonならNorthwesternかなとか。そういう風に考えを膨らませるのも面白い発見につながります。

とまあ暇な時はYouTubeで音楽聞きながらこんなことしてブログのことばかり考えてます。