アメリカンまたたび

3年半のアメリカの大学生活を終えて日本に本帰国した23歳女の戯言

【留学】大学生の交換留学の1年ってとても短くてもったいないと思う件

follow us in feedly


日本の大学生が留学をするとしたら以下のようなオプションが考えられるとおもいます。
①長期休暇の語学留学
②大学を休学しての半期から1年にかけてのエクステンション留学
③大学のプログラムを利用しての半期から1年にかけての留学
④1年間の交換留学

その他大学によっていろいろなものがあると思うのでこの辺で。

このなかでもかなりレベルが高いのが1年間の交換留学であると思います。どこの大学でも高いTOEFLのスコアが求められるのは当たり前でありますし、高いGPAもキープしなければいけません。交換留学というものはその大学のなかでもトップクラスの優等生がいくものなのだなとわたしは勝手に定義付けしています。

で、そのインテリゲンチアな交換留学について最近いろいろ思うんですよ。
まあわたしは優等生でもなく英語の勉強も嫌いで交換留学したくてもできなかった負け犬の遠吠えかもしれないんですけど、まあ思うんです。

1年間の派遣って短すぎるであろう!!!

わたくし今年からもう留学三年目なんですけど、アメリカ滞在が長くなるにつれて思うんです。 
留学中の1年間って恐ろしく短いと思います。最初の学期は慣れない環境と日本へのホームシックにやられて気づいたら終了。2学期目からはなんとか頑張ろうと励んでいたらもう終わり。やっと留学先の国の勝手とか英語も分かってくる頃に帰国ですよ。

そりゃあ交換留学で来ている人は期間が短いなりに工夫して充実した日々を送ろうと頑張られておられるのだと思いますが、1年間という短い期間はその頑張りを潰してしまうそんな気がするんです。 

人によってはその環境に適応するのに時間がかかるケースもあるでしょうし、やっと慣れてきていろいろ楽しめるようになったのに・・・なんてこともありそう。わたしはよくわからないけど。

だから2年間はいたほうがいいのかなともわたしは考えました。1年だとなんだかんだやり残した感満載で帰国しないといけないかもしれないけど、2年なら納得して帰れるってのもあるのかな。まあ人それぞれだと思うのでなんとも言えませんが。

わたしが今行っている大学には関西外大から2年間の留学で来ている人が何人かいらっしゃるそうです。アメリカの大学と関西外大の学位の両方を取得できるDouble Degreeのプログラムですね。わたしがかつて通っていた立命にも同じようなプログラムがありました。たしかにこれは高い壁なんだろうけど、こういう取り組みをする大学が着実に増えていったらいいなあって思います。

留学期間が長いほうがいいとか短いほうがいいとかはやっぱ人それぞれ考えるものが違うと思います。これはあくまで個人的な感想です。