アメリカンまたたび

3年半のアメリカの大学生活を終えて日本に本帰国した23歳女の戯言

【留学】アメリカ人学生の普段の服装とバッグを検証してみた


よくアメリカの大学生は男女ともにパーティなど特別な時以外は服装にあまりこだわりがなくて普段からお洒落な人は少ないと聞きます。ゆうきさんのまわりの現地大学生は実際どのような服装をしてますか?季節ごと、パーティの時、授業の時、などゆうきさんがそれぞれ感じた印象が具体的に知りたいです。
数日前アメリカの大学生の服装について質問したんですが、男女それぞれどんなバッグを使っているのかも合わせてブログに詳しく書いてほしいです!!

先日、このような質問をいただいたので詳しくお答えします。

アメリカ人学生の服装の印象(わたしがいたコミカレと今の大学を基準に書きます)

コミカレの時はみんな服装を気にしている感じがありませんでした。おしゃれをしている人はそれなりにいたけど、少数派だったような印象。特徴はやはり大学のロゴが入ったフーディ(パーカー)。これを着ている人が多かったですし、夏は普通にTシャツとか?そんな感じ。

なのでアメリカってのはこんなものだとばかり思い込んでの総合大学への編入。おしゃれをしている学生が多くて驚いたことを覚えております。男子学生はシャツとかパンツを組み併せていることが多いですね。Tシャツの人ももちろんいます。バッグはだいたいがジャンスポとかのバックパック。冬だと分厚いコート着て、その下はTシャツとかいうのがまあよく見る光景。

一方で女子学生は冬だと寒いからかフーディを着て、その上にコートが主流。わたしも2月は寒かったからそうしてましたね。コートというかもうジャンパー。ノースフェイスをよく見る。夏は日本でいうアメカジなおしゃれな人多し。
バッグはバックパックも多いけど、マイケルコースを持った人をよく見ますね。あまりにもマイケルコース所持者が多いので、わたしのなかでのマイケルコースの価値が下がったw ブランド物のバッグを持っている人は多いですね。ルイヴィトンとか、グッチとか。ここで驚きなのが、そういうブランド物のバッグにフーディとかスウェット合わせて歩いている人がいるのがなんともアメリカらしい感じですね。

興味深かった特徴

①秋に近づき、肌寒くなるとUGGとかのスリッポン履く人続出

②ソロリティとかフラタニティに入っていると、自分が入っているところのマーク(ギリシャ文字)をかたどったフーディとかバッグ持っている人もかなり多い

③何対策なのかわかんないけど、女子学生でヘッドバンドしてる人がちょいちょいいる


ちなみにわたしの普段の格好

春と秋はセーターにジーンズですね。まあカリフォルニアにいたころは春にならずにいきなり冬から夏になったので、春らしい春は今がアメリカに来てから初ですけど。それにUGGで買った中がモコモコのパンプスだったり、マーチンのブーツとかスニーカー合わせたりしてます。



夏はキャミソールにショーパンまたはスカートがよくある格好です。楽なので。

冬はもう日本の冬の格好したら凍え死ぬので、ニューヨークではヒートテック二枚重ねに厚手のセーターにフーディ着て、それにジャンパーです。これが最強の防寒だと知ってから感動しました。冬は毎日こんな格好していたので、毎日つまらなかったですね笑

日本で洋服はほとんど買わなくなりました。アメリカで買ったほうが安いってのもありますし、まあこちらで間に合うので。

とまあこんな感じです。ご参考になれば嬉しいです。