アメリカンまたたび

3年半のアメリカの大学生活を終えて日本に本帰国した23歳女の戯言

【適当】わたしのパスポートのアメリカ伝説


フィンランドへやってきました。初のヨーロッパです。そのわりには空港、ましてや税関も通らずゲートでごろごろしてます。日本へ帰るためのただの乗り継ぎ地なので。

タイトルにもあるように、わたしのパスポートには日本とアメリカのスタンプしかない。いろんな国のスタンプが押してあるパスポートに憧れてはなんとか外国に行きたいと乗り継ぎ地を外国にする努力を二度してまいりました。

がしかし!乗り継ぎ地を外国にしたくせに、わたしのパスポートには日本とアメリカのスタンプしかない!なんでだ!

努力その1:カナダ乗り継ぎ
去年の夏にアメリカ帰ってくるときにカナダで乗り継ぎをしました。当時のわたしは数時間前のわたしと同様に「パスポートにカナダのスタンプ押してもらえる💕わくわく💕どきどき💕」みたいなテンションでエアカナダの飛行機で隣のおっさんからもらった春雨サラダをすすっていました。

しかし。最終目的地がアメリカでカナダでその乗り継ぎをするのには「カナダでアメリカの入国審査」するわけですね。この事実は仲良しのフォロワさんから事前に教えてもらっていたので知っていた。でもスタンプまでもがアメリカだったのです!そんなこと知ったこっちゃない!わたしはカナダに来たんだ!カナダのスタンプほしい!そんなことあっていいのかよ!まぁあったんですけどね。。
アメリカの入国審査のスタンプには空港のコードが書いてあります。今まで入国審査したことあるとこだとSFRとか、LAXとか。(サンフランシスコとロス)




バンクーバー。。。


人生うまくいきません。

努力その2:フィンランド乗り継ぎ
今からたったの数時間前のこと。初のヨーロッパに(乗り継ぎだけのくせに)心躍らせたわたしは飛行機から降りたらTransferの指示のとおりまっすぐ歩きます。


心はもちろんバンクーバーで夢を果たせなかったパスポートのスタンプ。もう初のヨーロッパand初のアメリカと日本以外のスタンプというわけでカナダのとき以上の興奮があったわけですよ。
Finnairの動画で乗り継ぎも予習していたのです。


おおっ、ヘルシンキの空港は乗り継ぎ楽なのか!空港もこれを売りにしてるんだねー、このこともブログに書きたいからちゃんと写真撮ってこないと♪みたいなこと考えながらこの動画見てました。

そして税関。ALL PASSPORTSの前で並ぶ旅行者。心踊るわたし。 遂に自分の番に…!!

税関のおっさんとわたし「ハロー」

わたしはニューヨークからのと東京までの搭乗券の二枚と(フィンランドのスタンプへの執念の気が入った)パスポートを差し出しました。

税関のおっさん「ん?君はトウキョーに行くんだね?」

わたし「うんそうだよ」

税関のおっさん「ヘルシンキ観光したりしないね?」

わたし「(時間そこまでないし)するつもりないな」

税関のおっさん「あーそれならここ来る必要ないよ。ゲートに戻っていいよ。」

わたし「(は?フィンランドのスタンプ?)ん、じゃあここ通る必要ないんだね(執念深く)」

税関のおっさん「そだよ」

おっさんはパスポートを開こうともせずにわたしに返してきました。もちろんフィンランドへスタンプは押してありません。アメリカと日本のままですね。夢は8月に繰り越されました。
人生はうまくいきません。

とまあこんな努力といえそうもない努力を二度しましたが、こんな結果でした。そんなことするならカナダとかメキシコ旅行すりゃいいじゃんと言われそうですが、なかなか週末とかに行けるところではないですし、夏休みは諸事情あって日本帰るし。そう考えたら乗り継ぎをうまく利用するしかないんですよね。
8月にまたアメリカ帰るときにフィンランド行くので、そのときは乗り継ぎが23時間とかだったから外に出ようと思います。そのときですかね!わたしの夢が叶うのは!

※ちなみにオーストラリアに二度ほど行ったことがありますが、そのときに使ったパスポートは前のパスポートなんですよね。今のパスポートにいろんな国のスタンプ揃えたいというワガママな夢ですね。

---------------------------------------

Twitter: @_yukiabe
Facebook: アメリカンまたたび
Instagram: @_yukiabe
YouTube: Yuki Abe
はっちすたじおNew York: http://newyork.hatchstudioinc.com/