アメリカンまたたび

3年半のアメリカの大学生活を終えて日本に本帰国した23歳女の戯言

左翼と右翼。言葉の語源。


なんかこういう話題騒がしいですよね。興味ないけど。

「左翼」「右翼」の語源はフランス革命での議会での座席から来てるらしいです。
高校の時に世界史の先生から教えてもらった。

フランス革命って、革命派と反革命派の争い。
アンシャンレジームと呼ばれる旧制度を崩壊しようとしたのが、第三身分に属する革命派。第一、第二身分に搾取されるのはごめんだ!っていうやつ。

第一身分は聖職者で、第二身分は貴族。そして第三身分は庶民。ちなみに国民の90%以上は第三身分の庶民。しかし1700年代後半のフランスでは国民の10%に満たない人たちが牛耳ってたんです。

この第三身分の庶民にもいろんな区分があって、ブルジョワって呼ばれるような人たちは俗に言う知識人みたいなもんで第三身分のなかでも上の方に属する人たち。「底辺」にあたるのは農民とかですかね。

まあそんな背景があり、簡単に言って、第三身分の人たちが奮起したのがフランス革命です。

いい感じにWikipediaにまとめてあったので紹介。

「左翼」 - Wikipedia

「左翼」「右翼」の語源はフランス革命である[5][6]。「左翼」という表現は、革命後の国民議会で議長席から見て左側の席を、共和派世俗主義などの急進派が占めた事に由来する[7]

そうらしいです。

歴史って奥が深いから好きだ。

では。