アメリカンまたたび

3年半のアメリカの大学生活を終えて日本に本帰国した23歳女の戯言

【一時帰国】在米日本人留学生の夏休み東京一人暮らし体験記


askでリクエストいただいたので、わたしの今の東京での一人暮らしについて書こうと思います。
この一人暮らしの概要をまとめると・・・

①品川区某所在住
②部屋はインターン先の会社にご用意してもらった
③家賃/光熱費はかかっていない
④生活費は自分の給料から
⑤実家を出てから3年経つけど、都会に住むのはがちで初めて


って感じですね。

わたしは日本でもアメリカでも田舎者というのがキャッチフレーズになりつつあるため、ご存知の方も多いかと思いますが都会に住むのは初めてです。田舎者の憧れから東京には数え切れないほど足を運びました。また父の地元は東京なので、小さい頃はよく父と二人で東京行っていました。だけど行くのと住むのとでは大違いです。所詮わたしは田舎者。都会こわいw 

NYでは移動が大変なため、大学があるときはほとんど大学のキャンパスから出ないわたしですが、東京は電車がすぐ近くにあるためとても快適ですね。こんなに快適な生活送るの初めてですよ。

askで「一人暮らしの充実のさせ方」とお聞きされましたが、そんな頑張らなくても東京は楽しさに満ち溢れていますよね。人ともすぐに会えるし、うまいご飯も気軽に食べられるし、 買い物できるところもたくさんある。アメリカの田舎では充実させたりするのにはまあいろいろ工夫が必要ですけど、東京はそんなことする必要ないなあと思います。

そんな素晴らしき都会生活で不便するのは、Grocery Shoppingぐらいですかね。 食料とか、日用品、消耗品を買うこと。東京にはいろんな小さなお店がたくさんあるものですから、どこのお店が安いのかとか品揃えがいいのかよく分からない。なんかうまくそのへんの感覚がつかめません。まあ慣れだろうけど、慣れる前にアメリカ帰るわw

あと人混みがつらいです。なんでこんなに人がいるんだろうって思っています。一時期渋谷で働いていたので、人混みや満員電車には慣れてはいたのですが、やはり田舎暮らしを挟むと体が順応するのに時間がかかるものです。今はもう2ヶ月くらい経ったので慣れてきましたが、最初の頃は初めての都会暮らしと久しぶりの人混みでかなり疲れていましたね。今もできることなら人混みは避けて生活していますw

ちなみに基本的に朝昼晩と自分でご飯作っています。朝は食べないから、昼晩かな。たまにエビフライの誘惑に負けたら昼はランチ行きます。夜はお約束ない限りは家に帰ってご飯作りますね。アメリカでずっと自分でご飯作っていたので、お惣菜を買うとかそういう感覚がないです。とりあえず作ります。適当だけどね。それにスーパーやコンビニのお惣菜があまり好きじゃないというのもあります。

今回は会社に住まいをご用意いただいたので、自分で探す必要がありませんでした。だから東京は部屋借りるときはどんな手続きがあるのかどうかはわかりません。なので今回の生活はあくまで体験って感じなのかなと。こういう手続きが一番厄介だろうし、ここを経験しないのとでは東京に住んでいるとは言えないと思いますね。たぶん大学卒業したら東京に住むので、このときにわたしにこれが降りかかってくると思います。

まーこんな感じですかね?自分のことをだらだら書いてしまいましたが・・・。
参考にもなんにもならないと思うんで、こういうやつがいるのか程度に読んでてくださいませ。