アメリカンまたたび

留学はまたたび

【飛行機】ヘルシンキからNYのフライトの機内で、渡航者下痢症になった話

follow us in feedly

汚いことを承知の上で書くと、2週間ほど前、ヘルシンキからニューヨークへ向かう飛行機の機内で下痢になった。

下痢になる前のわたしはいたって普通で穏やかであった。たまたま機内上映の映画がとても良く、のめり込むように見ていた。

 

この映画見ていた。映画の感想ブログはまた後ほど。主人公の大学生がめちゃくちゃ可愛かった。こういうアメリカ人女子の顔が好きである。

映画を見ている時のわたしは終始ニヤニヤしていた。隣のロシア語の本を読んでいた中年男性におそらくキモいアジア人が隣に来たよまじきもいと思われていたかもしれない。それくらいニヤニヤしながら映画見ていた。もう映画がそんな胸キュン(死語?)だったんだ。心温まるストーリーにすっかり魅了されていた。

映画も終盤に近づいてきた頃、急に激痛がわたしの腹部を襲った。 

「おい、ここすんげえいいところなんだよ!!!クソ!!!!」

そう思いながらわたしはトイレに駆け込んだ。下痢だった。
トイレですっきりしたと思っていても、席に戻るとまた痛い。だがまあすっきりしたから直に腹が痛いのも治るだろうと余裕の表情で映画の続きを楽しんだ。

しかしそれから数十分経過してもわたしの腹痛は治らない。わたしは窓際の席だったので、隣の中年男性に心の中で「何度も席を立たせてしまって申し訳ない」と思いながらトイレに向かった。また下痢だった。

それからわたしは3回くらいトイレに行った。止まらない下痢。なぜよりによって飛行機の中で下痢になるんだコノヤローーと自分の体を呪いに呪いまくってもわたしの下痢は治らない。

もう普通に座っている気力すら失せてきて、着陸前の食事のサンドイッチをもらったあとはずっと席の角に丸まるようにして突っ伏していた。もう誰とも話したくないほどお腹が痛かった。あんな激痛を味わったのは高1のときにインフルエンザで死にかけた時以来だ。死にたくなったいた。

そんなわたしのおかしすぎる様子をおかしいと思ったのであろう、そこで隣のロシア語中年男性がCAさんを呼んでくれた。 CAさんはわたしにいろいろ聞いてきた。

CAさん:Where is your final destination? (目的地はどこ?乗り継ぎあるの?)
わたし:New York(ニューヨーク)
CAさん:Oh, Okay. Did you ride a plane from Helsinki?(ヘルシンキから飛行機乗った?)
わたし:No, I'm from Tokyo. I just spent my layover from Japan in Helsinki.(いや、東京から乗ったよ。ヘルシンキは乗り継ぎ)

そこでCAさんは「ちょっと待っててね」と言って、薬をくれた。普段のわたしなら他人から貰った薬は「飲んだよー」と嘘をついて飲まなかったり、または説明書をかなり厳重に読むのであるが、腹が痛すぎてわたしは感覚が麻痺していたので、即座に飲んだ。もらった水のカップはマリメッコ柄だった。

その薬を飲んだ後は比較的すぐに回復した。飛行機を降りた直後に1時間半ほど入国審査で待たされたが、そのときはすでに平穏な面持ちだったので、あの薬の威力は偉大だった。まあAlbanyに帰ってきてからも少し下痢ピーになったんだけど、そこまでひどくなかったのであのCAさんには超感謝である。

ところでこれ。わたしはただ下痢になったのかなと思っていたら、どうやら特殊な下痢だったらしい。留学界のアイドル、よしダッシュが時差ぼけが原因で下痢になることがあるんだよっていうことを教えてくれた。これまでに何度も時差ぼけには苦しめられて昼夜逆転生活とかはあったけど、下痢にはなったことがなかった。初めての経験だった。

調べたところによると、これは渡航者下痢症というらしい。時差ぼけはもちろん、外国で慣れない水や食事をするとよくなるらしい。たしかにヘルシンキで軟水だと思って買った水が炭酸水だったしなと少し思った。炭酸水なんぞ飲んだことがなかった。(これは大げさ?w)

渡航者下痢症について
http://www.jomf.or.jp/jyouhou/dictionary/geri.html


予防策はもう水や食事らしいね。まあこんなことになることもあるので、皆さん気をつけて下さい。

---------------------------------------

Twitter: @_yukiabe
Facebook: アメリカンまたたび
Instagram: @_yukiabe
YouTube: Yuki Abe
はっちすたじおNew York: http://newyork.hatchstudioinc.com/