アメリカンまたたび

3年半のアメリカの大学生活を終えて日本に本帰国した23歳女の戯言

英語ができないけど、留学したい学生はさっさと留学してしまえばいい


最近、留学しろみたいなブログ書いてますが、そんなんじゃないです笑
わたしのもとには一銭も金は流れてこないです笑
あくまで自分の考えを書いているだけなんで、勘違いはなさらないようお願いします。
そもそも留学したい人はすれば良いし、したくない人は日本で頑張ればいいじゃんって感じで考えてますので。人それぞれです。
よく留学をしないといけないんだ!みたいな強制感を感じさせる口調でおっしゃる方いますけど、日本で生きていく方法もたくさんあるんだから、その人の選択の自由でしょって思います。

わたしはあくまで留学に興味があるって人に読んでもらって、留学ってこんな感じなんだってイメージするお手伝いができたらいいなってほどに考えていますので。
留学をしている人にも読んでもらって情報交換とかもできたら嬉しいですし。
あとはたまにおっさんをいじくるやつも書いてるぐらいですかね。ええ。

では本題に。

--------------------

英語が出来ないと留学しちゃいけないだなんて誰が言ったのかわかりませんが、別に英語がろくにできなくたって、したけりゃ留学しちゃえばいいじゃないですか。

うずうずしてるだけ時間の無駄です。ずっと日本で英語の勉強をして、出来ない留学を夢見ているよりも、基準の点数を満たしてさっさと留学した方がよっぽど時間の短縮にもなります。

でも基準点が高いから、なかなか満たせないから日本で英語の勉強をしてるんじゃないか!って反論くらいそうですけど、そんなレベルの高いところを目指している時点でダメなんですよ。

日本の方でアメリカのコミュカレを舐めている方は特に学歴志向の方で多いと思いますが、そこそこバカには出来ない所だなって通い始めてから思いました。

コミュカレなら低い所だとTOEFLのiBTで45点あれば行けるとこもあります。大学ではだいたい最低でも80点は要求されるので、そのほぼ半分ですね。

私は京都での大学生時代、交換留学を夢見ていた時期がありまして。
だいたい交換留学でもTOEFLの点数が最低でも80点は求められるわけですよ。高いところだと90点なんてざら。こういう英語のテストが苦手な私でもなんとかがんばろうと思いましたが、周りの学生は高校時代に1年間とかの留学をしていたという人がうじゃうじゃいて、そういう人が交換留学にアプライするんです。あーもうこれは無理だなって早期撤退しましたね笑

そもそもTOEFLのiBTのテキストを見た時点で、「あ、もう無理w」ってなりましたし笑
それくらいろくでなし野郎な女でしたよ笑

それでも留学したくて、英語使いこなえるようになりたくて…ってTOEFLの勉強してないくせにやたら無茶で図々しい夢を見ていたものです。

でも文章を書くことは好きだったので、課題でもないTOEFLのエッセイをアメ人の英語の先生にお願いして多くて週に2回のペースでエッセイを書いては添削をしてもらってました。

そんなわたしでもコミュカレに来て、たくさん英語のエッセイやペーパー、分析を書いて、留学前より英語の力はかなり上がりました。

嫌でも英語を使わないと生きていけない状況に追い込まれるわけです。生きていくためには英語を使わないといけないんです。自分を追い込むんです!
自分を!
自分を!自分を!

コミュカレって俗に言う名前を書けば入れるようなところなんで、レベルは低いっちゃ低いんです。
なんでこんなことも知らないの?っていう学生もたくさんいます。だからこそ基本的なことをしっかり教えてくれるんですよ。
アメリカの常識でも、日本では知られていないことがたくさんあります。
例えば、私が延々と今まで言ってきたエッセイの書き方とかですかね。エクセルの使い方とかも教えてくれますよ。
それを手取り足取り教えてくれるんです。そして添削にもずっと付き合ってくれる。しかも学費を払っていれば無料です。こんなにありがたいことないです。
大学だと周りのレベルが高いからついていけないこともあると思うんです。
だから最初はコミュカレでイメージトレーニングしてみるのもいいと思います。

私がコミュカレを選んだ理由は、まあ英語の勉強をずっと日本でやってる忍耐がなかったのがでかいですけど、アメリカでの生活に慣れて、これから一人で生きていくための力をつけたかったっていうのがあります。学校のことももちろんですが、アパートとか携帯とかガスとかの契約とかね。

こういうのって大学に行ってもできるんじゃないかと思ったんですが、コミュカレはいつでも助けてくれるスタッフとの距離が近かったので、ビビリな私にはそっちの方があっていたのかもしれないですし、今でもこのコミュカレに来たことは良い選択だったと思います。ウザい先生やスタッフに苦しめられたときもあったけど、その分大好きなスタッフさんや先生にも巡り会えたので。そのかたたちのおかげでエッセイも難なく書けるようになり、リーディングもできるようになった。

だから私みたいな英語の力はまだまだだけど、長期留学をしたいという方はコミュカレおすすめです。学費も日本の大学より安いし、生活費もど田舎なら東京で大学生をするよりも格安です。しかも部屋もキッチンも広いのがいいですよ。
日本にいるときに英語の勉強をおろそかにしていたぶん、留学の最初はしんどいですが、気付いたら出来るようになってるんで、英語に関してはそれまでの辛抱です。

ただ人には向き不向きがあるからその辺しっかり自分で見極めるのも大事かと。
そんなことを思った月曜の昼下がり。