アメリカンまたたび

3年半のアメリカの大学生活を終えて日本に本帰国した23歳女の戯言

【お気に入りのブロガーさん】素晴らしいブロガーさんに共通することについて考えてみた


ブログを扱うメディアでアルバイトとしてちょうど去年の今頃から4ヶ月くらいお世話になっていたころから、いろんなブロガーさんを知るようになりました。

それまでブログと言えば芸能人のブログぐらいしか読んだことがありませんでしたが、バイトを始めたことを機にさまざまなフィールドで活躍される方のブログを読むようになりました。
そのなかでも「この人の文章はおもしろいなあ」、「読みやすいなあ」などと感じるようになったブログがたくさんあります。今日はその中でもとりわけよく読むブログ5つを紹介する回にしたいと思います。

そしてカリフォルニアのど田舎の地味系留学生がこんな素晴らしい方の前で出しゃばるのは出過ぎたことと承知なんですが、私が思う素晴らしいブロガーさんに共通することについても言及していきます。上から目線かもしれませんが、すみません。

(※ここで私が言及することは全て私の見解です。)


【お気に入りのブログ①】

たのっちのぶろぐ - http://tano.blog.jp/

31

もともとラジオディレクターをされており、今はLINE株式会社で働いていらっしゃる方です。

Twitterもフォローさせていただいて、RSSにも登録させていただいてるんでほとんどの記事を拝見しているんですが、そのなかでも好きなのが「ギョーカイ話」と「食べ歩き」の分野ですね。とっても面白い。

特に、
元ラジオディレクターがBRUTUSのラジオ特集で感じた危機感のなさ - たのっちのぶろぐ

ブラック企業で働くメリット - たのっちのぶろぐ
はその業界で働いてらした経験が凝縮されてて、他のブログでは見られない記事だなあって思っています。


【お気に入りのブログ②】

Blog @narumi - http://narumi.blog.jp/

21

NAVERまとめをやっていれば知らない人はいないであろうと称されるまとめ職人さんのブログです。

よくセブンイレブンの商品、渋谷界隈の美味しいご飯、記者会見やイベントの書き起こし、プロブロガーのイケダハヤト氏について言及されています。

これといって決まったジャンルはないかと私は思うんですが、更新される記事がみんな印象的なので更新されるたびに読んでいます。こちらのブログもRSSに登録させていただいております。

美味しいご飯系のブログではVineの短い動画もあるので、食べ物の臨場感すごいなあって思っています。

かき小屋の焼き牡蠣食べ放題の満足度は素晴らしい - Blog @narumi

大木屋の“エアーズロック肉”--その並外れた美味さの前に言葉はいらない - Blog @narumi



【お気に入りのブログ③】

やまもといちろうBLOG - http://kirik.tea-nifty.com/

08

ご存知、切り込み隊長ですね。
やまもと氏は初めて文章を読んだときからビビビと来ましたね。
そして誕生日が同じっていうことを知ってから勝手に親近感いだかせていただいております。笑

噂によると、20年近くこうやってネットで意見発信をされているそうです。

私はこの「笑ってはいけない〜24時」シリーズのファンです。

笑ってはいけない都知事選24時(追記あり) - やまもといちろうBLOG

こういうのも好きです。

「丁寧な暮らし」とかしてる奴は滅亡しろよ - やまもといちろうBLOG


【お気に入りブログ④】

政治学に関するらしきもの - http://blog.livedoor.jp/amuro001/


00

本名を公開されていないようなので、詳しいことはわからないんですが、国際政治学を専門とされているようで、国際政治に関する記事がメインのブロガーさんです。

ちょっと最近はなかなか拝見できてなかったんですが、中国メディアの記事を翻訳して、それを元に凛さんの見解を述べられていることがおおいです。その見解がとってもクリアーで興味深いのです。

わたしのブログを読んでくださっている方は大学生や留学生の方がとても多いので、こちらのブログを読まれることをおすすめします。


【お気に入りブログ⑤】

Surrounded By Football -サッカーライターが考える- - http://reona32.hatenablog.com/


56

現在は川崎フロンターレを担当して取材されているサッカーライターさんのブログ。
過去には湘南ベルマーレの取材をしていたという経験もお持ちの方です。

筆者のタケナカさんとは一緒にラーメンを食べに行ったこともあり、Twitterでも仲良くさせていただいております。
大学時代には国際系の学問を勉強していたとのことで、そういった学問の視点から見るサッカー事情がとても興味深いです。
あまり更新されていないようなので、もっと更新してくれたら嬉しいなあっと思うところです。


-------------------------

以上が私がよく読ませていただいているブログの紹介でした。

ここからは私がいつも思っている、それらのブログに共通することについて考えていこうと思います。

箇条書きで書くと、

①伝えたいことのみを端的にまとめている
ダラダラと書かれていないんですよね。文章もきちっとまとまっていて、とっても読みやすい。
これはわたしも見習わなければならないポイントです。
スマホとかだと長いとスクロールするの面倒いですもんね。読み手のことを考えるとこういうレイアウトの仕方になるんでしょうね。
これって簡単そうにできてすごく難しいことだと思うんです。きちんと考えないと短い文章で、相手により分かりやすく伝えるということができないんじゃないでしょうか。

②取り上げるトピックは普遍的ではあるが、切り込み方が独特(→他の人には書けないような視点)
それぞれのブロガーさんの今までの経験などが大きいんだろうなって思います。

先日、プロブロガーのイケダハヤト氏の以下の記事が気になりました。
「ダメなブログ」に共通する、たったひとつのこと - イケハヤ書店

彼がこの記事で取り上げていることは、私が②で考えていることと同じだと思います。
ただ最後の、

人が書けないことを書くためには、環境を変えることも大切です。他の人が経験しないことを経験できる環境に移動すれば、自然と記事もオリジナルなものになっていきます。

というわけで、ぼくは近々移住をしようと考えています。東京はもうオワコンですよ。ぼくと同じようなことが書ける人は、山ほどいますからね。

これは人の経験値や日頃どんなものを見る・読むなどによるんじゃないかって思ったんです。

環境もたしかに大切なことだと思います。
わたしはアメリカのど田舎にいるので、アメリカのど田舎ならではのことをできるだけ発信しようと思っています(しかしど田舎ならではな良いネタがあまり思いつかないんだけど笑)。

しかし、同じ東京にいてもいろんなものが見えてくるって面白いことじゃないでしょうか。
そしてすぐに環境を変えることはイケダ氏のようにフリーな人じゃないとできないと思います。フリーじゃない人は仕事や学校がありますからね。そんな中でも手っ取り早く他の人と差別化をはかるのであれば人とは違う経験を東京でしてみる(東京でなければ自分が今いるところ)、自分ならではの視点からいろんなものを見たり読んだりしてみることだと思いました。

凛氏はわからないんですが、田野氏、narumi氏、やまもと氏、タケナカ氏は東京在住だと思います。
同じフィールドでも全く違って、個性溢れるブログを発信されています。(具体的な例は私がリンクで貼った記事など)
わたしはそういうのも好きなので、これがいつも読む理由の一つになるのかもしれないって思いました。

それでは今日はこんな感じで。