アメリカンまたたび

3年半のアメリカの大学生活を終えて日本に本帰国した23歳女の戯言

【留学】田舎に留学をするということ


カリフォルニア時間3月22日11:55pmに補足。

田舎と言ってもいろいろあります。寒い地域に留学中のフォロワーさんからいろいろ呟いていてなるほどなあって思った事が、田舎を選ぶ際に気候も大きな要因になってくるということです。
私は暖かい地域に住んでいるので見えていなかったところです。
田舎を選択するときは、気候もよく見ておいた方がいいポイントになってくるということを頭にいれておくといい選択ができそうです。

あと芸術系や研究者は田舎では大変だろうっていうご指摘もいただきましたが、留学というのは自分のニーズにあったところに行くべきであるものです。誰もがみんな田舎に行けとは私は一言も言っておりません。そこは自分のニーズにあったところを選べばいい話です。
田舎に自分のやりたいことがあれば田舎に行けばいいですし、都会にある大学で自分の専門の研究が有名なとこがあるならそこに行けばいいと思うんです。今回のブログ記事は田舎に留学したらどんなことがあるのかって環境に焦点を当てています。ニーズに関する環境となるとまた論旨がズレてくるのでまたの機会に書けたら書こうと思います。


------------------------


今回は「環境」というテーマに焦点を当てて、「留学」を考えてみたいと思います。

都会に留学をするということは私はかじるくらいしか経験したことがないので、あんまり深く突っ込むことができないです。
そして都会に留学をするという意義をみつけてみたい留学をこれからしたいと思っている方は、都会に留学をしている方のブログを見たりしてみてください。たぶん、田舎よりたくさんいらっしゃると思う。

あんまりだらだら書くと読むのが面倒いと思うので、ざっと箇条書きにしてみたいと思います。


田舎に留学するということ

【メリット】

・生活費が格安なのに、大きな部屋とキッチンがあるところに住める。
(アパート生活の場合)
・小さな街だと自転車ですべての用を済ませることができる。交通費がかからない。
・場所によっては静か。
・田舎生活に憧れているような人は1年くらい住んでも良いと思う。

【デメリット】

・フットワークが重くなる。
・日本食を食べるのが少し大変になる。
・場合によっては車がないと大変なこともある。
・情報の取り方次第で、情報難民になりかねない。
・日本に帰国するときに乗り換えなどがあっていろいろ大変。

もっとたくさんあるんだろうけど、このへんしか思いつかないので、このへんで笑

まあ田舎でも生きていけないことはないですよ。むしろ田舎も楽しみ方によってはとても楽しいですよ。
ほかの国は分かりませんが、日本の田舎とアメリカの田舎ってスケールが違いますからね。(※アメリカも場所によると思う)
他はあんま都会と変わらないと思うんですが、都会に留学されているみなさんどうでしょうか。
勉強面はあんま心配することはないと思います。ちゃんと学校を見極めたらの話ですけど。

田舎へ留学したいなとか考えている方でいろいろ不安な方は、私でよかったら相談に乗りますので、FBのメッセージでもTwのDMでもお気軽にご連絡ください。