読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメリカンまたたび

留学はまたたび

【飛行機】機内で下痢に襲われたヘルシンキ→ニューヨークのフィンランド航空搭乗記(8/23/15)

follow us in feedly

大変遅くなってしまい、申し訳ございません!夏の一時帰国のブログシリーズを終わらせたいと思います。成田からヘルシンキへのフィンランド航空搭乗記、そしてフィンランド1日滞在記は以下のリンクよりご覧下さいませ。
 
【飛行機】機内食はブラックサンダー!フィンランド航空の成田→ヘルシンキの搭乗記(8/22/15)
【観光】ヘルシンキ超短期滞在の攻略方法:空港からのバスの乗り方や市内攻略編
【観光】ヘルシンキ超短期滞在の攻略方法:ヘルシンキでの充実した24時間の過ごし方


今回の記事は、ヘルシンキからニューヨークのJFK国際空港までのフィンランド航空搭乗記になります。空港からの様子とともにお楽しみいただけますと幸いです。

【ヘルシンキ国際空港にて】

8/22〜23にかけてヘルシンキの市内に宿泊しておりまして、空港に向けて市内を出たのは、午前10時頃でした。市内から空港まではフィンランド航空が出しているバスを利用しました。バスはヘルシンキの中心地にあるCentral Railway Stationから出ています。運賃は、片道6.30ユーロです。

ちなみに今回、わたしはヘルシンキは乗り継ぎで、預け荷物は成田から最終目的地のJFK国際空港までピックしない手続きを成田で行いました。またチェックインも成田で行っていたので、ヘルシンキでは空港に着いたら直接セキュリティチェックへ向かいました。

ヘルシンキ国際空港でのセキュリティチェックから国際線ゲートまでのステップは以下のとおりです。
①手荷物などのセキュリティチェックを受ける。
②国内線ゲートに入って、ひたすら国際線ゲートに向かって歩く。
(ちなみに今回のJFK行きの飛行機のゲートは空港の一番端の38でした。)
③出国審査がある。パスポートを見せればOK。
④国際線ゲートに入る。免税店とかもここから登場する。
という感じです。

普通の国際空港でしたら、セキュリティチェックの次は出国審査(アメリカは出国審査ないけど)だと思いますが、ヘルシンキはその間に国内線ゲートをひたすら歩くということになります。まあ小さい空港なのでね。

国内線ゲートにある売店で水を買った。

2015-08-23-17-32-19


出国審査では無事にフィンランドのスタンプをゲットしました。(【適当】わたしのパスポートのアメリカ伝説

image

国際線ゲートにある謎の日本食レストランに入りました。実験的な意味で。未知のものを体験しよう!

2015-08-23-18-21-30

なかなか洒落た入れ物。しかしラー油ベットベト。ちなみに米が敷かれている。なぜ米?w

2015-08-23-18-21-25

できたら呼ばれるやつ。

2015-08-23-18-21-35


ラーメンを注文。

2015-08-23-18-23-27

味噌の味がしない味噌ラーメン。

お試しあれ。

クソまずをなんとか完食したあとに搭乗口に登場。(いそがいさんネタ)

2015-08-23-19-26-21

この辺はコンセントが充実しているのでよかったですね。

いざ飛行機へ。

2015-08-23-19-51-28


【飛行機の中にて】

ニューヨークのJFK国際空港までのルートはこんな感じです。

2015-08-23-20-58-45

ゆるやかなカーブです。イギリスのだいぶ上の方ををぐるっと周り、カナダにかすりながらニューヨークへ着陸です。

席はエコノミーの普通のやつです。一番ランクが低いやつ。某北米航空会社ほどの狭さではありませんが、まあなかなか狭い。隣がスリムなロシアンガイだったので、まあなんとか平穏でしたが、デブが座ってきたら9時間地獄です。

2015-08-23-21-45-29

機内食はこれです。

はい。ここから後は下痢と映画の記憶しかありません。下痢に5時間以上苦しめられていました。死にかけていました。トイレに行って、座って蠢き、「あーあーあーうー」と言い、トイレに行くの繰り返し。

詳しくはこの記事を御覧ください。
【飛行機】ヘルシンキからNYのフライトの機内で、渡航者下痢症になった話

下痢には気をつけて下さい。海外旅行すると誰でもなる可能性があります。家で下痢になるのよりしんどいです。家なら寝てればいいですからね。飛行機なんて乾燥するし、狭いし、隣の人に迷惑もかかるし、もう死にたいラインナップが勢ぞろいです。

着陸前にサンドイッチをもらいましたが、サンドイッチが喉を通すわけがありません。サンドイッチの食レポはできません。ごめんなさい。しかしこの後、CAさんから薬をもらって回復しました。命を救ってくれたCAさんに感謝の気持ちでいっぱいです。

【JFK国際空港にて】

下痢から回復して天国な気持ちに満たされてニューヨークに帰ってきました。そしたらまた地獄が待っていた!!!!!

入国審査に向けた長蛇の列。わたしはレベルの低いエコノミーなので、飛行機から出るのも最後の方です。とんでもない行列。そしてようやく入国審査のカウンターが見えてきたと思ったら、何層にも重なる行列。さっきまで死にかけていたのに、また死にたくなる!

ちなみにJFKの入国審査のカウンターでは、WIFIが入りません。わたしの携帯の電波のキャリアは某モバイルなので、もちろん電波は入りません。なんだかんだで1時間40分ぐらいボケーっとしながらただただ自分の番になるのを待っていました。

アメリカ国内に数ヶ月以内にESTA入国した人はアメリカ人と同じレーンでスムーズに入国できるのに対し、わたしはビザなのでそんな待遇ありませんでした。LAX(ロサンゼルス)ではビザの人は待遇受けたんだけどね。もう空港によって違うのやんなっちゃうね。1時間40分、携帯も使えないしでクソ暇でした。人間観察しかやることありませんでした。

無事に入国審査を済ませ、エアトレインに乗ってマンハッタンへ向かいました。いつもならここで第8ターミナルに移動して空港泊なんですけど、もう空港泊したくなかったので、ホテルとりました。でっかい荷物持って移動は大変ですね。マンハッタンの地下鉄は入り口が階段のところが多いので、エレベーターがあるところで乗り降りしました。

安全だけど不便?アメリカの空港宿泊はオススメできない3つの理由

しらべぇさんにて空港泊についての記事を書きました。

【マンハッタンにて】

ホテルはThanksgivingの時に泊まったことがあるBroadwayのホテルです。ホテルと言いつつも、まあゲストハウスみたいなもんです。一泊70ドル。マンハッタンで泊まる最安値ですね。
http://www.broadwayhotelnyc.com/

同じ部屋の人がいないと思ったら、深夜2時頃にイケメンなマッチョガイが大荷物持って登場。話しかけようと思ったけど、そのままスルーして寝ました。朝起きて部屋から出ようとしたらマッチョ、上半身裸で起き上がるではないですか。心臓に悪いと思いながらニヤニヤしてホテルを後にしました。

それから無事にオルバニーへ帰還。


---------------------------------------

以上がヘルシンキからニューヨークまでの移動の経緯です。飛行機に関してはまあまあという感じですね。ヘルシンキは楽しかったんですけど、ニューヨークまでの便がそこまでよろしくなかったので、たぶんこの経路で一時帰国をすることはもうないかもしれないですね。ニューヨークからの便で美味しい機内食といい席が提供される航空会社を探さないといけませんね。あと一時帰国のチャンスは1度しかないんですけど、いろいろとまた調査をし、ブログでお伝えできたらと思います。



---------------------------------------

Twitter: @_yukiabe
Facebook: アメリカンまたたび
Instagram: @_yukiabe
YouTube: Yuki Abe
はっちすたじおNew York: http://newyork.hatchstudioinc.com/