読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメリカンまたたび

留学はまたたび

【飛行機】乗り継ぎ空港としてのパリ・シャルルドゴール空港の利便性はイマイチ?

follow us in feedly

どうもおはようございます。今回の一時帰国シリーズの第2弾は、パリのシャルルドゴール空港の「乗り継ぎ空港」としての利便性についてわたしが2時間の滞在で思ったことをそのまま書こうと思います。 これまでわたしはアメリカ国内、そしてアメリカ国外数カ所で数多くの空港でのいろいろな乗り継ぎを経験してきましたが、パリはその中でも印象があまりよろしくない空港のひとつになりました。今日はそんなパリでの乗り継ぎ事情についていろいろ紹介します。

まず空港に着いて、飛行機を降りてから、次の乗り継ぎの飛行機が飛ぶまでのプロセスを最初に書き、そしてその後にパリで乗り継ぎするとどんなことがあるのかをその次に書いていきますね。

ちなみに今回のわたしのステータス:エールフランスで2EターミナルのKゲートに着きました。ニューヨークから成田までの乗り継ぎです。パリはあくまで乗り継ぎ地であり、最終目的地ではありません。滞在時間は、2時間です。空港の外には一歩も出ませんでした。あまり人が多いわけでもなく、乗り継ぎは2時間でも余裕でした。乗り継ぎなので、入国審査はありません。


パリ・シャルルドゴール空港での乗り継ぎの仕方

今回、エールフランスは2Eターミナルに着いたので、2Eターミナルでの乗り継ぎの仕方のみ触れさせていただきます。

①次のゲートまでの移動方法

まず飛行機から降りたら、エスカレーターで上に上がり、大きな通路にたどり着きます。だいたいFlight Connectionという看板があるので、その矢印の方向に向かえばOKですね。

こんな大きな通路をひたすら歩いて行きました。

2015-12-24-18-42-39

2015-12-24-18-42-42

開放感はあった。

それからずっと歩いていると、フライトの出発情報が掲載されている掲示板があります。そこで自分が次に乗る飛行機のゲートを必ず絶対に確認して、メモするなり、スマホで写真撮るなりして忘れてもすぐに確認できる状態にしておいてください。

それはなぜかと言いますと、その次にゲートに移動するためにシャトルに乗るか、そのままエスカレーターをあがったらすぐにゲートがあるかの選択肢に分かれるためです。そしてその近くではその掲示板がありません。なので、そこで必ず覚えておく必要があります。

シャルルドゴール空港の2Eターミナルは、K、L、Mの3つのゲートがあります。わたしはKのゲートに到着したので、LとMはシャトルに乗って移動しないといけませんでした。だけど次のフライトはKのゲートだったので、シャトルに乗る必要はありませんでした。それゆえにちゃんと覚えておかないと後々大変なことになりかねません。

②手荷物検査

ゲートの手前に来たら、手荷物検査がありました。フランスの手荷物検査はアメリカと似ていましたね。ノートパソコン(Laptop)を取り出し、コートと靴は脱ぐやつです。まあアメリカみたいに手を上げて、中の機械がブインッと回るやつはなかったけど。

そこではフランス語で話しかけられたのでビビりました。いい加減、英語と日本語以外で話しかけられることにも慣れないといけません。

③ゲートへ

手荷物検査が終わったら、そのままゲートへ移動です。


乗り継ぎ空港としてのパリ・シャルルドゴール国際空港はいろいろと不便なのか?

それでは本題です。

わたしが乗り継ぎ空港の利便性を判断するポイントは3つあります。注意していただきたいのですが、これはあくまで「乗り継ぎ」することにフォーカスしています。その空港が最終目的地ならまた話は別です。

その1:次のゲートまでの移動が複雑ではないかどうか
その2:無料で繋がりやすいWiFiは通っているか
その3:コンセントはどのくらいの数が散らばっているのか


ということです。

ではパリ・シャルルドゴール空港はこのポイントをどのくらいクリアしているのかを見ていきましょう。

次のゲートまでの移動が複雑ではないかどうか

★★★

この件についてはクリアしています。順路も複雑ではなく、迷うことはありませんでした。掲示板もはっきりフランス語と英語の二つの言語で書かれているので、英語さえわかればどうにでもなります。この件についてはあまり心配することじゃないと思います。

ただ空港のスタッフが途中あまり多いわけじゃないので、万が一迷ってしまったときはちょっと注意が必要かもしれません。そんなときのために、事前にいろいろと空港の地図で確認したり、飛行機の中で客室乗務員の人に聞いておくといいと思います。

このように国際空港だと乗り継ぎのしやすさってのは大事になりますが、いい空港と悪い空港というのはそれなりに存在します。いい空港の例としては、フィンランドのヘルシンキ空港ですね。国際線同士の乗り継ぎだと、ゲートは変わりませんし、国内線から国際線も一本道をただ歩けばすぐに着きます。わたしの中でのKing Of Layoverですね。

一方で乗り継ぎしにくい印象があるのは、サンフランシスコ国際空港でしょうか。あれも道順があやふやだし、いろんなところをウネウネするので意味不明ですね。慣れたらどうってことないんですけど、初めて来たという方には不親切な空港だと思います。


無料で繋がりやすいWiFiは通っているか

★★☆

パリ・シャルルドゴール空港には3つくらいのWiFiのオプションがありました。1つめは無料のもの。2つめは有料で、速度が速くなるもの。3つめは2つめよりは安いプランだけど有料のもの。まあわたしは数時間しかいなかったので、無料のやつをつなぎました。

無料のやつをつなぐためには、名前、Emailアドレス、どこの国から来たのかを入力して、それから数秒待つ必要があります。まあすぐにつなぐことができましたし、WiFiが切れたら何度もつなぎ直すことが可能でした。JFKなんかは30分限定の無料のやつに1度繋いだら、もうつなげなくなる事態が発生するので、それに比べたら何倍もマシですね。


コンセントはどのくらいの数が散らばっているのか

★☆☆

まー、これが最悪でしたねえ。。花の都パリはこんなにコンセント少ないのかと驚きを通り越して絶望しました。

最悪だったポイントは、
①スマホの充電をするなら、ロッカーに入れないといけない。
②パソコンを利用するにはチケットの購入をしないといけない。

もうほんと何時代だよ!って突っ込んじゃいましたよw

①のスマホの充電につきましては、ゲートにいくつかこんなロッカーがありました。

2015-12-24-19-12-34

2015-12-24-19-12-40

2015-12-24-19-12-44

まあいろいろとやかく書いてありますが、充電するのは簡単です。

この鍵がささっている小さなロッカーを開け、

2015-12-24-19-44-44
 
ここで自分の携帯に合うやつで充電して、鍵をかけたら終わりです。
鍵には番号が書いていないので、どこのロッカーで充電したのかちゃんと覚えておかないといけません。そうしないとどこにいれたか忘れてしまったときには、もうあたふたしちゃいますよw
 
これiPhone用しかなかったので、Androidの人は充電できませんね。御愁傷様ですw

また充電しているときは、iPhoneいじることができません。まあ充電できるだけありがたいのかもしれないけど、こんな充電ロッカーがある空港初めて見ましたよw
理想形としては、ベンチにUSB接続のコンセントがあることだと思います。ヘルシンキ空港にはあります。たしか成田にもあったと記憶しています。USB接続だと、国を問わずにみんな充電することができるからです。コンセントでもいいんですけど、これだとコンセントのタイプが違う国から来たら充電できなくなるからね。

②については、充電ロッカーと同様にゲートにいくつかパソコンエリアがありました。

2015-12-24-19-10-15

これを使うためには、チケットを買わないといけない模様。

2015-12-24-19-09-51

2015-12-24-19-10-03

15分は2ユーロ、30分は3ユーロ、1時間は5ユーロ。まあそこまで高くないので、パソコン使いたければまあ払えばいい話だと思います。たしかにパソコンはUSB接続で充電できないので、こういうのがあると便利なのかもしれないけどねえ。個人的にはいろんな人が触っているやつに触れたくないw

英語の説明書きはこんなんでした。

2015-12-24-19-10-09

まあ簡単だと思う。実際に使わなかったから詳しいことはわかりませんが。


【総括】

充電のやつを除けば、別に悪い空港ではないかなと思います。ただ充電できるかできないかってことは、空港に長時間滞在する上で最も重要なものになってくるために、ここの重要性は増します。このようにシャルルドゴール空港の充電事情がクソなのには、まあそれなりに理由はあるんでしょうけど、長時間空港にいないといけなくなった場合には大変だと思うのでUSB充電を充実させて欲しい限りですね。

ちなみにいい空港とわたしが連呼したヘルシンキ空港の利用レポはこちらから。
【飛行機】ヘルシンキ国際空港の様子と使い心地レポート(5/15/15)

まー、パリ旅行はしたいと思いますのでまたシャルルドゴール空港に来ることはあるかもしれませんが、乗り継ぎでここに足を運ぶのはこれで最後にしておこうと思いますね。


---------------------------------------

Twitter: @_yukiabe
Facebook: アメリカンまたたび
Instagram: @_yukiabe
YouTube: Yuki Abe
はっちすたじおNew York: http://newyork.hatchstudioinc.com/