アメリカンまたたび

3年半のアメリカの大学生活を終えて日本に本帰国した23歳女の戯言

【2015年振り返り】アメリカでの自分自身との戦いに一歩前進した2015年と、2016年の抱負


どうもおはようございます。時差ぼけなのかなんなのかわかりませんが、毎朝6時とか7時に目が覚めます。不思議なものです。

早いもので今日が12月31日、大晦日です。毎年言っていますが、ほんと今年も時間が経つのが早すぎましたね!そしてこれも毎年言っていますが、ほんと激動な1年でした。

留学してからのこの3年間、毎年激動なんですが、いろいろ考えてみると、 「激動」の質が違う気がするんですよね。まあこれもアメリカに住む年数を重ねることによって変わってくるものなのだと思います。
留学初年度の2013年は、日本の大学からアメリカの学校に行くという「異文化」という意味での激動がありました。2年目の2014年は快適なカリフォルニアから、慣れないニューヨークへ引っ越して戸惑いまくる「環境の変化」の激動。そして今年、2015年の激動は「心の変化」でした。そんな「心の変化の激動」について振り返ってみますね。

【前半:1〜5月】

2015年の最初の春学期は留学生活至上で最も過酷な学期だったのではないかと記憶しています。ニューヨークに初めて来た2014年秋学期もかなり過酷だったんですが、精神的なメンタルの面では2015年春学期がとても大変でした。

何が大変だったのかというのは、壊滅的になった成績の修復をしないといけないプレッシャーに加え、アメリカ生活に慣れてきたがゆえに出てきた自己喪失が合わさって、精神ズタボロだったことでした。成績はうまいように伸びないし、勉強しても全然身にならない。そしてアメリカでわたしは何をしてるのだろう、今後何をしていきたいのだろうという葛藤が襲いました。これでもうなにもしたくなくて、なにもできなくて、ただ部屋のベッドの上でもがく毎日が1ヶ月以上続いたと思います。

ピークは春休みだねw 春休みはただひたすらおかしかったw

まあこのころはあんま人に会うってことをしていませんでしたが、わたしに会った人なら「あいつあの時期おかしかったな」と思う人もいるかもしれませんね。

留学している周りの友達は、しっかり自分のやりたいことを見つけて前進しているのに、わたしはアメリカに来てまで一体何をしているのだろう。そしてこんな状態で、卒業したらなにがしたいんだろう。そんなことをただひたすら考える毎日でした。考えて答えがすぐにでるなら、そんな精神おかしくするものではありませんよね。1ヶ月以上もまとまった答えが出なくて、それでも大学の課題は容赦なく降ってきます。それとのコントロールが大変だったんですよねえ。

ただルームメイトとの確執が大変なら、どうにでもなりますよね。ルームメイトが半径5メートルにいない時間はハッピーだし、離れたらもっとハッピー。戦う相手が自分自身ってこんなに辛いものなのかということをこの時に痛感しました。 「自分」という存在は離れようがないからね。

それから何百回と悩みに悩んだあげく、だんだんと答えが見えてきました。自分が残りのアメリカでの生活でやるべきこと、そして卒業後の自分。また自分自身を受け入れることへの重要性。

自分の強みや弱みを把握し、しっかり受け入れてあげること。これができないといつまでも周りと自分を比べてしまって自分とはどんな人間なのかがわからないと思います。これに気づけただけでも、悩んだことは無駄になっていないのかなと。

そんな感じでわたしは春学期を終了させました。成績?あ、もうボロクソでしたわ・・。


【中期:6〜8月】

ご存知の方も多いと思いますが、夏休みはフルでインターンをしていました。五反田にあるITベンチャーの新規事業に携わっていました。 そこではとにかくいろいろな業務をしましたね。

大きな仕事は新しい企画を1つ担当させていただいたこと、そして記事を執筆したこと。他は小さな仕事を毎日ひとつひとつ丁寧にこなしていったと思います。メール・電話対応、メルマガの企画執筆、ユーザーインタビュー、簡単なリサーチなどなど。インターンなのにこんないろいろなことをさせていただいて感謝の気持ちしかありません。これから日本で働いていく上での基礎をここで学びました。

そしてこのインターンでは直属の上司に大きく影響を受けました。そんなすごい上司と毎日一緒にお仕事をさせていただく中で、自分のダメダメさを痛感しますよね。そのダメさを補っていくためには、やはり経験も大事なのでしょうけど、やはり学生ですから大学の勉強をしっかりやるという結論に達しました。

【後半:8月下旬〜12月31日】

秋学期は春学期の反省と、夏休みのインターンで上司から受けた刺激を元に、自分自身との戦いを課しました。
とにかく成績を上げること。もうここでまた前と同じような成績を取っているようでは、アメリカでのわたしの命はない。そんな覚悟で毎日勉強していました。人間ですから、少し怠けそうなときももちろんあります。そうなりそうなたびに自分の過去の成績を思い出してなんとか奮起しました。

そして成績にフォーカスするだけでは、しっかりと中身のある人間にはなれません。わたしがそもそも留学しようと思った理由は中身のある人間になりたかったからなんですよね。厳しい環境に自分を追い込み、そこでいろいろ大変なこともあるだろうけど、なんとか苦難を乗り越えながらもしっかりとして識のある人間になろうと。それを達成する意味でも今学期は大事な時期だったのではないかなと思いました。知識も教養もなければ、いざ仕事を始めてからも中身のある充実した成果物を出せないのではないだろうか、そして自分で事業を始めてからもすっからかんなものになりかねないのではないかと思ったのです。こういった意味で大学での勉強は大事なんだなと気付かされましたね。まあ留学3年目でようやく気付くってほんと遅いなって感じですけどね。

そんな中で影響を受けた方は何人かいらっしゃいます。シリコンバレーの教育系スタートアップでエンジニアをされている上杉さん、そしてはっちすたじおで知り合ったUCLAの男の子2人ですね。(はっちUCLAは来年1/15オープンですよ)あとはいつもいろいろお話しする、インディアナの大学に通っているゆか。

もうただただ知識をつけて、視野を広げたい、ついでに成績もあげたいという一心で大学の勉強にがむしゃらだったと思います。就活との両立は大変だったけど、なんとか前に進めたのは、大学の先輩に定期的に就活相談とか大学の話を聞いていただけたのもメンタルを維持する面でとても大きかったですね。

とまあそんな感じで気づいたら秋学期が終了していました。成績は目標だったオールAまではいきませんでしたが、Aも3つ取れたし、あとの1つはまあ納得のいくB+で、もう1つは納得のいかないBでしたが、これがまあ今学期の自分の成果なのかなと思いますね。GPAもこれで0.5上がりましたし、もともと勉強が得意ではなかった自分にしては頑張ったと認めようと思います。春学期と夏休みに学んだことがここではっきりある程度結果として表れたのはよかったことです。

これで自分自身との戦いへの勝利に向かって一歩前進したと思います。これもいろいろな人に影響され、そしていろいろな人に助けられて前進できたのではないかなと思います。しかしまだ勝ってはいませんね。サッカーで言えば、前半の20分が経過して、得点1点で大きくリードしたころかな。卒業まで戦いは続きます。


【2016年の抱負】

このまま成績あげないといけません。まあ来学期からはもう一般教養もないし、自分の好きなことを勉強していられるのでそこまで過酷ではないかもしれません。まあきちんとした中身のある人間目指して卒業までひた走ります。

また就活もいい報告ができるように頑張ります。 

あとは放置しまくっているこのブログもちゃんと運営して、より多くの人に役に立ったり、楽しんでよんでもらえたりできるようなブログを目指します。

はっちすたじおNew Yorkも土台がしっかりしてきたので、わたしは裏方に回ってメンバーのサポートをしていきたいかなと考えていますね。あとは企画づくりにも力を入れていきたいなと思います。

このように自分のことと、自分がやりたいことで精一杯なので、今年も彼氏はできなさそうですね〜。なんかこれも毎年言っているので、いつになったら・・・wという感じです。大学の勉強も恋愛も自分のやりたいことも両立できるような人間になるべく、キャパシティを増やしていかないといけないなと思います。

来年も宜しくお願いします。


【今年の写真】

今年の初めに、大好きなサンディエゴに4年半ぶりに戻ることができたこと、そして念願のVenturaに行けたことは大きな思い出になりました。

2015-01-15-02-38-16

サンディエゴにはあまり長く滞在することはできなかったけど、高校生のころに滞在していたエリアを車で回ってみて、また戻ってこられたことが嬉しすぎました。サンディエゴはアメリカでの心の故郷ですからね。ここからなにもかもが始まりましたから。サンディエゴへもまた必ず足を運びます。

2015-01-16-04-04-26

そしてVentura。ここにも行きたくて行きたくて仕方なくて、ようやく行けたという感じでした。コミカレ時代に授業のリサーチで見つけて以来、もう恋い焦がれまくりましたねw Venturaも1日しか滞在できなかったけど大好きな街です。また必ず行きます。


最後に。この1年間アメリカンまたたびを読んでくださったみなさま、ありがとうございました。ブログはわたしの思っていることを表現できる一番の場所ですし、それをいつも読んでくださる方がいることがなによりの支えです。来年は今年よりもパワーアップした記事をお届けできるように精進して参ります。何卒宜しくお願いします。

それではよいお年を。今年もありがとうございました。

---------------------------------------

Twitter: @_yukiabe
Facebook: アメリカンまたたび
Instagram: @_yukiabe
YouTube: Yuki Abe
はっちすたじおNew York: http://newyork.hatchstudioinc.com/