読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメリカンまたたび

留学はまたたび

【留学】プライドずたずたにされても、這い上がる根性こそがアメリカでの成功の秘訣

follow us in feedly

こんなことを呟いたら、思ったよりも伸びたので、こちらで詳しく紹介したいと思います。


これを思ったのは、某氏のつぶやきでした。

アメリカ留学なんてつらいことの連続です。うまくいくことなんてなかなかないんですから。わたしもアメリカに来てから2年半がたちましたけど、それでも今でも辛いことはたくさんあります。なんでこううまくできないんだろうと悩むこともあります。だけど、それらを前よりも要領よくこなせられるようになったきたことは事実です。

ニューヨーク1年目は毎日が地獄でした。自分の居場所がなくて、図書館で毎日泣いていました。居場所を求めようといろんなところに応募しても、落ち続けました。まあほんとうにやりたいことじゃないから落ちても仕方ないんでしょうけどね。アパートに引っ越して自分の居場所を確保できるようになっても、ただただ病み続けていました。勉強の楽しさもわかりませんでした。機械的に課題をやるだけの毎日。自分の存在価値、やりたいこと、できることが不明瞭で、ただただそれに悩む毎日でした。

今までできると思っていたことが、ぜんぜんできなかったのがアメリカ留学の最初の2年だったと思います。プライドなんてとっくに捨てていましたよ。自分なんにもできないんだなという現実を突きつけられるんですからね。だけどそれでもアメリカにい続けたい、アメリカの大学を卒業したいと思うのは、某氏のつぶやきが体現してくれています。

「プライドをへし折られても、自信をつける、自信を積み重ねるチャンスがあること」

アメリカはそんな人に優しい国だと思います。一旦ダメになっても、なんとか頑張ろうと行動をしている人には全力でサポートしてくれる人が多い気がします。少なくともわたしの周りの友達や教授はそんな方々ばかりです。

わたしが精神的に参っていて成績ひどかったときにわたしを担当していたカウンセラーは、次の学期のクラスの講師でした(その学期にはもうカウンセラーはやめてた)。彼女はわたしの壊滅的な成績を知っています。そんなわたしにもいつも明るく、優しく接してくれました。なんとか勉強を頑張ろうとする姿勢も真摯に受け止めてくれました。そしていつもサポートしてくれました。サンクスギビングのディナーにも招待してくれたので、ほんとうに良くしてもらいました。

またジャーナリズムの教授も、わたしがうまくできないことに対しても責めることはなく、ダメなことはダメだと言った上で解決策を丁寧に提示してくれます。わたしが大好きな教授は二人いるんですけど、「こないだのペーパー、あんまうまく書けなかったんじゃない?チューターと書き直しして、いつでも再提出してもいいからね」と言ってくれます。 そしてうまくできたときは全力で褒めてくれる。それの積み重ねが自信をつけることに身につくのかなと思います。

アメリカ人はなんでも褒めますから、なんでもお世辞に聞こえることもあります。だけどわたしが大学で出会った教授はダメなことはダメだと言います。これでプライドは何度もへし折られました。だけどわたしも負けていられませんから、またやり直しをさせてくださいというと、快く受け入れてくれます。この環境が大好きです。できたときはすごく嬉しいですし。ただ教授の仕事増やして申し訳ないなとは思いますけどね。だからどんなに辛いことがあってもアメリカの大学にいようと思えるのかもしれません。わたしはこのような経験から、自分は10代後半から20代前半にアメリカに来てよかったと心から思います。

わたしはこんなことがありましたが、他の正規留学生のみなさんも辛いことがたくさんあったと思います。だけどそのたびに這い上がってきたんじゃないかなと思います。それが成長できる秘訣なのかなと思います。

一方で、ただ自分の意見を曲げない人、自分の非を認めない人はアメリカなど異文化で勉強することは向いていないんじゃないかなと思います。 日本とは違う国だから、勝手が違うことばかりです。うまくいくことばかりじゃないです。俺がまちがっているわけじゃないだろ、という人はさっさと日本に帰ればいいと思います。 もしもここでプライドをずたずたにされるようなことがあっても、発想をちょっと変えてみる、一旦言われた通りにやってみるなどの柔軟性がある人はアメリカでも伸びる人なのかなとわたしは思いますね。

---------------------------------------

Twitter: @_yukiabe
Facebook: アメリカンまたたび
Instagram: @_yukiabe
YouTube: Yuki Abe
はっちすたじおNew York: http://newyork.hatchstudioinc.com/