アメリカンまたたび

3年半のアメリカの大学生活を終えて日本に本帰国した23歳女の戯言

【留学】語学学校に行くということと英語を学ぶということについて考えてみた


私が高校を卒業してからアメリカにくるまでのルートは、

1年間だけ立命館大学に通う

渋谷のとある企業で4ヶ月間だけバイトでお世話になる

アメリカに来る

というものでした。

前にもブログで少し触れましたが、エッセイを書くということの他に特別な英語の勉強というものをしませんでした。
そもそも英語を勉強するということが大嫌いでしたので。
大学に行っていた頃に分厚い文法のテキストを買って勉強したりもしていましたが、1ヶ月もたたずにその参考書はどこかへいってしまいましたね笑

それでも留学できたのは、コミュカレだっからっていうのが大きいのかもしれないです。基準点もあと少しってとこだったので。

私の学校には日本人の学生がとても多いんですが、彼らは東京にある語学学校を経由してくるそうです。なので私のように一人で勝手に来ちゃいました的な人間は完全なるマイノリティに属します。
その学校の存在も学校の手続きのお手伝いをしてくださった方から初めて聞いたので、わたしにその学校という選択肢はありませんでしたね。

そこでよくそこの学校を卒業した日本人の友達に言われるのが、
よく語学学校行かないで来れたね
ってことなんです。

だいたいのアメリカの大学には留学生に対して英語の基準点を満たしていなかったときのために大学付属の語学学校へ通うことを条件に条件付き入学という制度があります。

わたしは英語の勉強が嫌いで、テストの点数を満たせる自信がなかったので、語学学校に通うことも一時期はよく考えていました。

まあただその手続きのお手伝いをしてくださった方に「語学学校に行くといろいろ面倒だから頑張って点数満たしましょう」と言われたので、なんとか基準点ギリギリで受領していただけました。

たしかに語学学校を経由していればもっと教科書もすらすら読めただろうし、コミュニケーションにも困ることはなかったんだろうなあって思います。
ただそれでも今思えば基準点ギリギリでもなんとか滑り込んで来てよかったのかなとも感じたりはしますね。
やはりもともと英語を学ぶということが大嫌いで、ストレスだったわけなんです。
だから一日中英語の勉強するとか生き地獄でしかないだろうと最近よく思います。

でもこれもやっぱ人それぞれなんだと思います。
私は英語の勉強が嫌いなので、語学学校は経由してこなかったけどなんとかなってます。
中にはきちんと英語を勉強してから来たいっていう人もいるだろうし、そこは個人の自由ですよね。

そんな私は何かを英語で学ぶということが自分に一番合っているんじゃないかと思っています。
それが私にとって英語を習得する一番の近道なんじゃないかなって感じがするんです。
例えば英語で書かれている歴史の本を読んで歴史を学ぶがてら英語も理解するといった感じですかね。
そんなこんなな生活を約7ヶ月してきてて、文章も格段によく書けるようになったし、喋ることができるようにもなったし、読めるようにもなったし…な感じです。読みはほんとまだまだですけど。

なんか気付いたら出来てた〜みたいなのがわたしの理想なのかもしれないです。それまでは無意識に勉強してるみたいなんかな。

とまあ私の英語修得法はこんなんです。

今、英語圏の学校への留学を考えている方で語学学校に行くべきかどうかで悩んでいる方は自分にとって英語を勉強することはどんなことなのかを考えたら意外とあっさり結論が出るかもしれないです。
私みたいに英語が好きじゃないのに語学学校に行っても苦痛なだけだと思います。そんな方は基準点だけ満たして入学するのが一番じゃないんでしょうか。