アメリカンまたたび

3年半のアメリカの大学生活を終えて日本に本帰国した23歳女の戯言

【どうでもいい話】ガールスカウトの思い出


小学校入る少し前から中学2年までのだいたい7年くらいガールスカウトやってました。
「私をスキーに連れてって」をちょいっと見てて、最後にスキーに行ったのはいつだったけ…って考えたら10年ほど前にガールスカウトで行ったのでした。それでガールスカウトとかやっていたなあって思い出したんです。

スキーも父が大好きだったので中学校上がる前までは冬によく連れて行かされましたね。だからそこそこ滑れるんです。わたしは50メートル走10秒の運動音痴なんですが、スキーだけはうまいねってよく褒められたんです笑
ガールスカウトのスキー講習でも一番上のクラスでしたね笑
まあ10年も前の話だから今はどうだかわからないんですけどね。今やったら素っ転びそう。NYに行ったらスキーとかスノボーにも行きたいなあって思います。

では本題に、ガールスカウトの思いで。

私は茨城県内の比較的規模が小さい団に入って活動していました。ガールスカウトに入ったのは、姉がやっていたからです。でもなぜ姉がやっていたからという理由で始めたのかが未だにわからない。
規模が小さかったので、よく一人でいろんなところに連れてかされました。
小1〜3はブラウニー、小4〜6はジュニアって呼んで、基本的にはブラウニーはブラウニーで、ジュニアはジュニアで行動するんです。それで私はブラウニーのときは団で一人で、ジュニアのときも一人だったのでよく一人で他の団の人と交流するって感じだったんです。
この経験から一人でなんかやるのも、どこかへ行くのも不安じゃなくなったのかもしれないです。

なんせ10年以上前のことなのでどんなところに行ったとかやったとかははっきりと覚えてないんですが、よく長野県の戸隠村というところに行きました。
戸隠には日本ガールスカウトのセンターがあるんです。日本全国のガールスカウトのキャンプの拠点みたいなところです。

このへん笑
25 AM

長野駅からバスが出ていた…はず。。。
この地図の下の方にちょろっと出ている上高地というところにも行きましたなあ。いつ行ったかは覚えてないけど…笑

ガールスカウトではキャンプをしたことぐらいしかぶっちゃけ覚えていないんですよね。
外で料理したり、均等に分けたり、キャンプファイヤーしたり、みんなでガールスカウト伝統の歌とダンスしたり、テントはって寝袋で泊ったり。ロープでいろんなもの作ったりとか。
そして今になって思う、ここで学んだことって一人でどうやって知らない所にいってサバイバルするかどうかなんかなって思ったりします。
なんか悲しい話ですけど、ほんと人がいなくて一人でいろんなところに行った記憶しかないんですよね。また一人で行くのかああ〜ってなんて思いながら行ってましたけど、拒否をするという選択肢がなぜか頭の中になかった。
そのわりに今ガールスカウト時代の人と連絡を取っているのかと言われたらゼロなんですけどね。あのころは携帯とか持ってなかったし〜〜。

だいたいの私の行動基準は一人なんですが、そのベースとなったのはこのガールスカウトでの経験なのは間違いないかもです。10年たった今にこんなことを思うなんて思ってもいなかったですね。