読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメリカンまたたび

留学はまたたび

【医療】留学生でも簡単にできる、アメリカのクリニックでピル(Birth Control)をもらう方法

follow us in feedly

少し時間ができたので、サクッとブログを書きます。今日は少し調子がいい。

今日(4/25)に大学のクリニックでピルを処方してもらいました。ご存知の方も多いと思いますが、ピルは女性が使う避妊のための薬ですね。まあ避妊だけじゃなくて、生理の周期をコントロールしたり、生理痛を軽くしたりするなどのメリットもあります。

英語でのオフィシャルな名称はOral Contraceptionと言います。でも普通に話す分にはPillでOKですね。よくBirth Controlとも言いますが、これはもっと広い意味での避妊の方法を指します。だからコンドームもBirth Controlの一種です。

わたしも別にピルを使うつもりもなくこの22年間生きてきたんですけど、元ルームメイトに「はあ?ピルを使わない?何考えているんですか?」と言われたので、しぶしぶ行ってきました。

アメリカってクリニックや病院にかかるのはすごくお金のかかるイメージがありますよね。しかしピルに関しては無料か格安でオファーされます。日本の方が高いらしいですよね。アメリカ人は基本的に無料らしい。だけど留学生は州によっては無料か有料らしい。カリフォルニアとミネソタ(わたし調べ)は無料だけど、ニューヨーク州は10ドルほどかかりました。

ではクリニックの予約からピルの受け取りまで、わたしがどのように動いたのかを細かく書いていこうとおもいます。

①大学のクリニックの予約

うちの大学ではネットの予約システムがあります。そこで自分が都合のいい日時と目的選択し、予約をします。 

http://www.albany.edu/health_center/ 

このリンクに飛んで、Make an Appointmentのタブをクリックします。

そんで、

2016-04-21-08-31-32

まあこんな感じで予約します。ピルをもらう前は診察をしてもらわないといけません。だから初回の人はBirth Control Consultを選択します。日時、目的、性別を選んだらSearchをクリック。そしたら予約取れる時間が表示されます。そこから行ける時間を選び、予約は完了。

もしも行ける時間が表示されなかったら、電話して予約してください→(518) 442-5229

初めてクリニックに行く人は、問診票の入力をオンラインで済ませます。

2016-04-21-09-43-06

こんなやつね。これを予約の日までに終わらせておきましょう。


②クリニックに行く

わたしは今日の朝一の9時の予約でした。 クリニックは大学からちょいと離れているところにあります。なので大学から出ているシャトルに乗っていきます。シャトルは4番です。Social Scienceのビルディングのとこか、Collins Circleから乗ってください。ちなみに徒歩では行けないですw

バスの時間はこれみてください。
http://www.albany.edu/pmts/files/Route4_Spring_2016_Bus_Schedules.pdf

クリニックに着いたら、受付の人に予約の確認をします。わたしは名前・誕生日・電話番号を聞かれました。あと書類にサインしました。そしたら呼ばれるまで待ってろと言われるので、おとなしく待ちます。


③診察

まず最初に看護師さんに呼ばれます。呼ばれたら、診察室に入る前に体重を計る。それから診察室に入ります。

診察室に入ったら、診察台に乗ります。そこでいろいろ質問されましたね。

・名前
・誕生日
・これまで使ったことのあるBirth Controlの種類
・これまで大きな病気にかかったことはあるか
・常用している薬はあるか
・身長
・最後に生理が来たのはいつか
・タバコを吸うか吸わないか
・最近2週間で酒を飲んだか
・最近4週間でアメリカ国外に出たか

こんな感じでしたかね〜。よく覚えてないですね。まあ難しいことは聞かれません。ちなみに身長はちゃんとフィートで答えられるようにしておきましょう。メートルなんか言っても「はあ?」って顔されますからねw

そのあとに脈と血圧を測って、ドクターを待ちます。

10分くらい待って、ドクターがきました。今日担当してくれたのは、おばあちゃん先生でしたね。

ここでもいろいろ聞かれました。
・最後に生理が来たのはいつか
・最後にセクシュアル・アクティビティをしたのはいつか
・これまでの人生でのセクシュアル・アクティビティの経験人数
・最近のセクシュアル・アクティビティの経験人数
・その時の避妊方法
・最近セクシュアル・アクティビティをした人とはどのくらいの付き合いか(How longですね)

こんなもんですかね?

そしたら、聴診されます。そんで体に問題なかったらどのピルを処方されるか言われます。わたしは飲むタイプのピルでした。他にも体に埋め込み式とかあるそうです。

そしてピルの使い方を説明されます。いつから飲み始めるのか、1日に1回飲むよ、毎日飲んでね、なにか副作用が起きたらまたクリニックに来てね、etc

2016-04-25-22-39-27

夏の間はオルバニーにいないと言ったら、夏の間のも出しておくとは言われました。また、どこの薬局でピルの受け取りをするのかを話します。わたしは買い物にも行きたかったので、Walmartにしました。他にもCVSとかTargetとか薬局があるところに処方箋を送ってくれます。次は新学期が始まったらまた来てねと言われてあっさり終了。


④ピルの受け取り

そのあとすぐにウォルマート行ってきました。薬局に着いたら、Pick Upのカウンターで名前と生年月日を言って、次にDrop Offのカウンターで保険証の確認をします。ここでちゃんと保険証持っていないとダメですね。うちの大学の留学生用のHTHの保険を持っている人は、ちゃんとプリントアウトしたのを持っていけばOKですわ。

それから10分待ってって言われて、ピルの受け取りです。

2016-04-26-00-22-43

あっさり終了。なにも難しいことはありません。受け取りの時に薬剤師の人から詳しい話を聞いてください。わたしも勘違いがあったので、ここでちゃんと聞けてよかったです。


これで終わりです。ちなみに夏の間の分も出すと言われましたが、1ヶ月分しか出してくれませんでしたw 夏の間の分はどうしようかな〜と今から考えています。

留学生でも簡単にもらうことができました。わたしは今回は大学のクリニックに行きましたが、街にある普通のクリニックでもこんな感じでいけるのかもしれません。わたしの友達でもピル飲んでいる子が多くて、みんな簡単にもらえたよと言っていたので。お金がかかるかかからないかは州によりますね。まあそこまで高くならないとは思うけど。

ということで早速今日から飲み始めます。わたしは生理痛重めのタイプで、薬飲んでも腰・背中・腹が毎月死にかけているので、どのくらい痛みが今後おさまるのかにも興味津々ですね。

以上です。