読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメリカンまたたび

留学はまたたび

Wantedlyでの2ヶ月の長期インターンの振り返り

またたび留学 お仕事
follow us in feedly

会った人にしか話していませんでしたが、6月の中旬あたりからWantedlyという会社でインターンをしていました。そのインターンが先週の金曜で終わったので、軽く振り返ろうと思います。

WantedlyとはFacebookから登録して使うソーシャルリクルーティングサービスです。Wantedlyでプロフィールを作成し、そこから企業に応募することができたり、またスカウトを受けたりすることもできたりします。

なんでわたしがこちらでインターンしようかなって思ったかといいますと、Wantedlyのサービスの大ファンだからです。これまでに受けた仕事、インターンや上手くいった就活はひとつを除いてすべてWantedly経由でした。逆にWantedly以外の就活系のサービスやサイトでは全くと言っていいほど上手くいかなかったくらいでした。

そんな意味もあって、なにかユーザーをサポートする系のインターンとかないかな?と思って話を聞きに行きました。

話を聞きに行ったら、自分が思っていたものとは違いましたが、Wantedly Toolsというお仕事お役立ちツールの口コミサイト運営で人が欲しいとのことでしたので、その場でインターンとして採用してもらうことになりました。


11 AM

このサイトはWantedlyに登録している様々な企業が業務でどんなツールやアプリを使っているのかを知ることができます。例えばあの会社はチャットアプリはどんなの使ってるかとか、逆に経費精算にはどんなアプリがいいのかってことも載せてあります。

有名どころでいうとDeNAさんやRettyさんからもお使いいただいております。

そこでわたしが何をしていたかって言いますと、全体的なライティング業務と翻訳とその他雑用です。

ライティング業務では主にふたつのことをやりました。ひとつ目がツールごとの説明文を書くこと、ふたつ目がmeta descriptionの執筆です。

ツールの説明文というのは、ここのことです。

22 AM


これはFacebook Messangerのページです。名前の下に、このツールそのものの説明文が3行程度でありますよね。ここを書く作業をこのインターンの多くでやっていました。

中には海外のサービスやツールもあるので、英語の解読をすることもとても多かったです。

Wantedly Toolsには全部で460くらいのツールが登録されていますが、9.5割以上の説明文をわたしが執筆しました。まさにサイトの土台となる部分をひたすら作っていく作業でした。

検索からの流入が落ちているという課題があったときには、Googleなどで検索した時に表示されるmetaの文の書き直しの作業もしていました。検索からの流入が多いワードを組み込んだり、またクリックしたくなる文章はどんなものかというのをいくつか例を考えた上で社員さんとよく話し合って決めました。その結果、数字が伸びたという成果が出たようなのでとても嬉しかったです。

このような仕事を6月と7月はひたすらやっていました。すでに登録されているツールに加え、わたしが探しまくって登録したものもとても多いです。新しくできたものに色を加えるというのでしょうか、こういう土台となる、基礎となるものを作っていくのは楽しいと思いました。

8月からは他で依頼されたリサーチ業務をひたすらやっていました。8月は週2での勤務となったので、あまり多くにコミットすることはできなくて残念でした。 

Wantedlyはわたしの印象ですと、男性が多い会社というイメージを抱きました。エンジニアの方が半分以上はいらっしゃるのではないのかというくらいエンジニアの方が多い会社でした。女性のエンジニアの方にはお会いしなかったので、たぶんほとんど男性のエンジニアの方が多いのかなと思っていました。ビジネスサイドには女性社員の方も多かったです。

あとインターンの受け入れがとても活発のようです。わたしがいた2ヶ月でもかなり多くのインターンの方が他にもいました。1週間の短期から、長期まで期間は柔軟に対応してくださるのかもしれません。

わたし自身、好きなサービスの一部に関わらさせていただけてとても有意義な2ヶ月になりました。

Wantedlyはわたしのような海外の大学に通う日本人留学生にすごくおすすめしたいサービスです。用途はインターン探しでも、就活でもどっちでもOK。よくある就活サイトやエージェントのように仲介する人も入りませんし、企業に対してダイレクトにインターネット上からアピールしていくことができる環境が整っています。だから日本にいなくても、直接企業と話せるってことです。わたしのこれまでの経験だと、スカイプでの面談や面接に対応してくださるところばかりでした。有名企業からスタートアップまでいろいろな会社が登録しているのも大きな魅力だと思います。(※これは完全にわたしの個人的な感想です。)

以上です。