アメリカンまたたび

3年半のアメリカの大学生活を終えて日本に本帰国した23歳女の戯言

【留学】コミュニティカレッジでの1年間の生活を終えて思うこと


どうも。最後に更新してからかなり間があいてしまいました。
昨日で無事に期末試験が終わって、学校に行くのも今日が最後でした。
今回はこれまでの1年間におよぶカリフォルニア州のコミュニティカレッジでの勉強やその他の生活について振り返ってみようと思います。(※あくまで個人的な感想です。

今回のエントリはこんなラインアップでいきます。

①コミュニティカレッジに入ってよかったと思う2つのポイント
②どんな生活をしていたか
③これからコミュニティカレッジへ進学(留学を考えている方)をしようと考えている方へ


前学期が終わった時に書いたエントリはこちら(渡米5ヶ月経ち、学期が終わるにつれて思うこと)から。

それでは①から。

①コミュニティカレッジに入ってよかったと思う2つのポイント

私はまだアメリカの4年制の大学がどんなもんかはわからないので具体的に比較することは出来ませんが、端的に言って、日本の大学をやめてからコミュカレへ来たことはとても自分にとってプラスのものになったと思っています。

そのプラスになったと思うポイントを大きく二つにしぼってこれから書きます。

⑴ これからの大学生活で必要となるであろう英語の基本的な知識や書き方を徹底的に教えてもらえて、そのスキルをあげることができた

冒頭に載せたリンク先の記事で詳しく書きましたが、コミュカレに来て得られた成果ってこれに尽きます。
あのまま日本で大学生活を続けていたら得られなかったことですね。国際系を謳うあの大学にも限界があったなって思いました。

具体的に言うと、
まず自分で文章を1日から2日でベースとなるものを仕上げる→
先生に見せて、内容がアップグレードできるようなアドバイスを貰う→
アドバイスをもとに直す→
文法を見てもらう→
また先生に見せる→
直す→
文法チェック→
(これをあと5回くらいやる)
→提出


(渡米5ヶ月経ち、学期が終わるにつれて思うこと)
これに尽きますね。
実際にこれをやってる学生は少ないんじゃないかなって思うし、わたしも今学期はここまでやりませんでしたけど、最初の学期でここまでみっちりやったことがいろんなライティングの場面で生きてきているんだなあって思うわけです。

ただそういったサービスを学生に提供するのは簡単だと思うんですが、その学生が継続してがんばれる環境を提供することこそが大事だなんじゃないでしょうか。
そういった環境を提供してもがんばらない学生はその程度までだったって感じですね。

わたしはたまたま最初の学期にお世話になった英語の先生がほんとうに素晴らしい先生だったのでそれで頑張れましたね。
だからやっぱ先生の存在って大きいのかなって思いました。
この先生は授業はもちろんエッセイやペーパーに対するコメントも厳しい先生だったんですが、必ずどこかで褒めてくれるんです。わたしはよくアイディアが素晴らしい・面白いって褒めてもらいましたね。それで頑張れたっていう単純なもんなんですが笑

わたしの学校のことしかわかりませんが、こういうふうにコミュカレにはサポートする環境がばっちり整っていて、先生も教え方が上手な人が多かったことが自分でも成長を感じることができた大きな要因かもしれません。

⑵ 幅広い授業の選択肢によって自分の興味を探ることができた

コミュカレには「学部」という概念がないので、受講しようと思えばいろんな授業を受けることができます。
ただ専攻が決まっている人はRequirementと呼ばれる取らないといけない授業のリストに従って授業を登録する必要があります。
でも日本の大学(っていっても立命のことしか知りませんが)の文系・理系のくくりに比べたら取れる授業の可能性はグッと広がると思います。
それにアメリカの大学生は一般教養(General Educaiton)としてEnglish (英語), Math (数学), Art and Humanitiies (芸術・人文系 / 歴史や文学など), Social and Behavior Science (経済学, 文化人類学, 政治学, Ethnic系の授業など),  Physical and Biological Science (理科系の授業) Language (語学の授業 / 日本語も学校によってはあります)などの大きなくくりからバランスよく受講することが求められています。(学校によるのかな?)
なので一般教養といっても日本の大学の一般教養とはまた意味が違ってくるんだなって思います。

わたしは数学をちょっとやり直したいなあって思っていたので、今学期は数学の授業を取りました。
それでアメリカの数学の授業ってこんな感じなんだ、こんな考え方があったのかという様々な面白い発見はもちろん、やっぱり自分は数学には魅力を見いだせないという結論も出すことができました笑
ただやっぱ数学は楽しかったです。高校生のころは数学が苦手だったけど、こっちでやり直すことによってプラスなイメージに変えることが出来たのは大きな収穫だったかなって思います。

あとはドラマの授業ですかね (これは一般教養のArtとして受講)。演劇に関する授業を今学期は受講していたんですが、古代ギリシャとかの古くさい英語が使われている劇の台本を読んで理解することがとてつもなく辛かったのと先生に終止イライラがとまらなくて途中で受講辞退したわけですが。
やっぱ劇とかは自分にとっては見るのが一番だったのかなって思いました。まあ勉強したらしたらでそれなりに楽しいんでしょうけど、わたしはその楽しさを見いだすことができませんでした。

わたしはコミュカレには1年間しかいなかったので受講できた授業はこの程度でしたが、もっと在籍すれば更にいろんな選択肢が見えてくるんじゃないのでしょうか。


②どんな生活をしていたか


相変わらずの引きこもりっぷりだったんですが、今学期は最初の学期よりも外に出る機会は多かったかなって振り返ってみて思います。

3月にはサンフランシスコLake Orovilleに行きましたね(リンク先は旅の様子を書いたブログ記事)。
4月の最初の頃にはわたしがあまりにも外に出ないからと行ってルームメイトにパーティに強制連行されたり笑
5月にはこないだのブログでも書きましたが、スカイダイビングにも初挑戦できました。

こんな風にいろんなところに出かける傍ら、平日は学校終わってからルームメイトと公園をよく散歩しましたね。

とまあ今学期はルームメイトと一緒にいることが多かったです。そして彼女が私のルームメイトじゃなかったら相変わらず家から出ない日々が今学期も続いていたんじゃないかなって思います笑

家にいるのもまあ自分の時間を作るといういみでいいことではあると思いますが、外に出たら出たらでいろんな発見や出会いに繋がるので良い経験になりましたし、ニューヨークに行ってからも積極的に興味を持ったところには足を運ぶことをしていきます。
パーティでは今まであんま話したことがなかった留学生の友達と話して仲良くなることができたし、いろんな先輩と知り合うこともできたので最初は嫌々だったけど今は行ってよかったです。

それとあと今学期は学期の始めから編入の準備や手続きもしていましたね。これでおかげさまで忙しい毎日を送ることもできました。


③これからコミュニティカレッジへ進学(留学を考えている方)をしようと考えている方へ

留学をしたことは私にとってプラスになったことなのでこれから留学をしたいと思っている人がおすすめはしたいところですが、やはり人には向き不向きがあるのでそこは自分でよく考えてもらいたいなって思います。
軽い気持ちで「留学したい」ってぼやくのは簡単なことだと思います。言うことは容易いことですから。ただそれをきちんと行動に移すことができないのであれば早々に諦めるのが自分のためだと思います。

わたしは大学1回生のころから同級生や先輩など関係なく"留学したい"って言ういろんな方を見てきました。そこで今留学をしていたり、今年の夏から留学を決めている方々はみんなその"留学をしたい"と言っている時点で留学に向けて様々な行動を起こしていたんです。例えばTOEFLが必要だからTOEFLの猛勉強をしていたり、自分に必要な情報収集をしていたり、積極的に留学生と交流していたりなどetc

ただ逆に、"やっぱりお金がかかるから…" "就活とかぶるし卒業も遅れるし…" などと「言い訳」をして逃げている人も多いなあって思いました。まあそういう方は最初から本気で留学したいと思っていなかったっていうことになるんじゃなかと思います。
お金がかかるのは当たり前だし、卒業も遅れるかもしれない、それを踏まえた上でいろいろと考えて留学にむけて行動できる人が強いんじゃないかなって思いますし、留学してからも勉強やプライベートでうまくいく人なんじゃないかないでしょうか。

留学してしまってからは結構なんとかなるものです。飛び込んだもの勝ちですから。ただ私が言いたいのは、留学するまでの行動ですね。そこで日本にいるころから留学に向けてきちんと自分の頭で考えて行動できる人が留学してからもうまくいくんじゃなのかなって思っています。

まずは自分で徹底的に調べる、そして調べても出てこないような深いことに関してだけ誰かに相談するっていうスタンスがいいと思うんです。ググっても分かるようなことをなんでもかんでも人に聞く人は留学してからいろいろ調べなくちゃいけないときに痛い目に遭うだけです。

ちょっと厳しいことを書きましたが、私が思うことはこんな感じです。日本にいる間にきちんと行動に移すことができるようであれば留学してからも良い生活が待っているんじゃないでしょうか。