アメリカンまたたび

3年半のアメリカの大学生活を終えて日本に本帰国した23歳女の戯言

【留学】TOEFL / IELTSのおすすめ参考書と英語ヘタレのための勉強法


こないだ留学希望のフォロワーさんからおすすめの参考書について質問をいただいたので、ブログでも詳しく書こうと思った次第です。

タイトルにはTOEFLと書きましたが、私はTOEFLが嫌いで逃げ出した人間なので…今回はIELTSのみの紹介とさせてください笑



ちなみに参考書はこれ一冊だけです。京都三条のジュンク堂で買いましたね。
というか私は参考書買ったわりには試験前までろくに勉強していなかったのでほんとなんとも言えないのですが…
よく大学受験のときに言いますけど、参考書をたくさん買いあさる人ほどそれで勉強した気になって肝心の成績は伸びないっていいますよね。英語の勉強も同じだと思っています。

IELTSはTOEFLに比べて恐ろしく簡単なので私はライティングの勉強しかしていませんでした。
この参考書には例題だけじゃなくてフレーズ集が豊富だったのでそれがこの参考書を買う決め手となりました。

photo 1
photo 2
photo 3
photo 4

これを見ながらどういうときにどういった接続詞を使うのか、どんなフレーズから文を始めるべきなのかを考えて実際にエッセイを書きまくって、週に2〜3回くらいアメ人と日本人の大学の英語の先生に見てもらって正しい使い方を教えてもらって、書き直しをして、また新しいトピックで…っていうことの繰り返しでした。

大学の英語の授業はカスさを極めておりましたので授業は最低限Aを取れる勉強だけして、あとはずっとこうやってエッセイだった気がします。

これが英語ヘタレだった私でも続けられた英語の勉強法です。大学1回生の夏休みから大学辞めるまで大量にエッセイを書いたので留学してからの大量のライティングの課題にも余裕でこなせて良い成績をもらうことが出来たのではないかなと思っています。

留学をして文系の科目を受講したらライティングの課題は避けては通れない道です。レベルの低いコミュニティカレッジですら週に1回は出ますし、それがいろんなクラスから出されるので週に2〜3つのライティングの課題を抱えるのは当たり前です。ファイナル前は更に多くなりますね。大学となればもっと凄いんでしょうね。なのでライティングだけは留学前にちゃんとやっておくのを強くおすすめします。(私の場合ほかのリーディングとかリスニングは基準点さえカバーできたらいいやっwって考えてました…)

【おすすめ記事】

英語を勉強するのに大事だと思うことをまとめてみた

【英語学習】英語力の基礎はライティングで培われると信じている話

【留学生インタビュー】エッセイという観点から見る留学することの意義


前にもブログで書いたかもしれないんですが、英語の勉強らしいことはほんとこれしかしてきませんでした。あとは渋谷で編集のバイトしていたころに往復4時間の通勤時間が激暇だったのでCNN ENGLISH EXPRESSでひたすら英語聞いてテキスト読んでっていうのをやってたくらいですね。なのでかっこいいアドバイスとかできないんでごめんなさい…。

なのでTOEFL受けたくないけど留学したいという人はIELTSでもいいと思います。自分が行きたい大学やコミュニティカレッジがIELTSを認めていたらいいんですけどね。IELTSはイギリスやオーストラリアの学校に行きたい人向けなのでイギリス英語ですが、今はアメリカの大学やコミュニティカレッジでも認めているところが多いので詳しくは調べてみてください。

あとはただ続けるしかないんですよね。これ以外には道がない。ヘタレでも続けないと話になりませんし、続けられないのであれば留学するのは諦めたほうがよいのかもしれません。留学したら英語の勉強以上に辛いことがたくさん待っていますからこれができないのであれば留学してから勉強を続けていくことが難しくなるかもしれません。

とまあこんな英語ヘタレの私でもなんとか基準点クリアして留学してやっていけてるのでだいたいの方はできるはずです。頑張ってください。

---------------------------------------

Follow Me!
*Twitter https://twitter.com/_yukiabe
*Instagram http://instagram.com/_yukiabe


詳しいプロフィールはこちらから。

サンフランシスコ発の情報サイト、はっちすたじおでも記事を書かせていただいております。
はっちすたじお限定の記事もあるのでお見逃しなく!
http://hatchstudioinc.com/archives/author/yukia

個人的なご用件はFacebookのメッセージより気軽にご連絡ください。
https://www.facebook.com/yuki.abe246