アメリカンまたたび

3年半のアメリカの大学生活を終えて日本に本帰国した23歳女の戯言

【どうでもよすぎる】大学の留学プログラムで南極に行きたいのだ


Albanyに編入したら、そこからAlbanyの交換留学制度を利用して留学したいなと最近ぼやきはじめたのです。

ルームメイトも私と同じタイミングでミネソタの大学へ編入するんですが、彼女もミネソタに行ったらそこからドイツへ交換留学したいとずっと言ってたんです、かれこれ半年くらい。
それで「あなたもニューヨークの大学に行ったらエクスチェンジでどっか行ったらどうですか?」と言うのです。
それで調子に乗った私はさっそくAlbanyの留学制度について調べ始めました。

UALBANY STUDY ABROAD http://www.albany.edu/studyabroad/

わたしは高校生の頃フランス近代史に魅せられて(実際にはキモい王様がたまらなかった)からずっとフランスへ留学したいと思っていました。なので立命のときの第二外国語もフランス語だったんですよね。そんで立命の留学プログラムを利用してフランスへ行こうかなんて思ってましたが、まあ1年で大学辞めちゃったというこの有様なのでフランス留学の夢は儚く散りつつありました。

それで今度こそ!フランス!とか思っていたんですよ。んでこの上記のサイトでフランスにはどんなとこに行けるのかな〜ってボヤボヤ調べてたんです。

このサイトにこんな地図があったので「これは見やすくていい」となり、地図を眺めていました。

これね↓
08 PM
(http://www.albany.edu/studyabroad/map.shtml#program)

「ほうほう見やすい」

ヨーロッパはさておき、下のほうをよく見てください。
こんなとこに留学かよ?!ってとこに赤いポチがついていませんか!!!
14 PM
なんだこれとなりますよね。
Google Mapだと完全に白いエリアです。
09 PM
白い…。

そうです、ここは南極ですよ!Antarctica!!
南極に行けるのか!!!って興味のスケールがぐいーんっと上がりましたね。(たいして南極に興味持ったことなんてないんですけど)
もちろんShow more detailってことでクリックします。
55 PM
(https://ualbany.studioabroad.com/index.cfm?FuseAction=Programs.ViewProgram&Program_ID=10000)

このサイトによるといろんな大学と合同で行くみたいなんです。
そんで南極の動物とか歴史とか天候とかいろんなことを勉強するみたいです。

ちょうどこのサイトを検索してたときにルームメイトと一緒に呑んでたのでルームメイトにこの話題を振ってみました。
面白そうですね。

Housingもめっちゃアドベンチャー☆ですね。
During your visit to South America and Antarctica, you will stay in comfortable condo-style accommodations (on land) and cabins (at sea) with the rest of the students in the group. You may request to room with a particular student for the duration of the trip. All meals are provided during the program.
(※上記のリンクより引用)
海の上で生活することもあるのか〜ぽわ〜〜んってなっていました。

期間は年末の10日間くらいだそうです。
問題の費用が$8600(日本円で86万円くらい)なのが大問題なんですよね。
それでも行きたい南極。これまでガールスカウトなどでアドベンチャラスなことを散々やってきましたけど、それでも今まで体験したことないようなワッホイ!!なことが待っているような気がしてうずうずしています。だって南極ですよ。そうそう行けるとこじゃありませんし、一応ハタチか21ぐらいの若い今のうちかなと思ったんですよ〜。年取ったらわたし絶対行かなくなるうえにこんな機会なかなかないですよね。てことでお金の工面をどうしようか真剣に考えて南極行きたいです。がんばります。

フランスはわかりません。とりあえず南極に行きたいです。なんかわたしいつも「これだ!」ってなったらそこに一直線になっちゃうんですよね。アメリカに来るときもそうだったしな。良い癖なのか悪い癖なのかはわかりませんけど、もう心は南極なので南極一直線で大学行ったら留学オフィスに行こう。