アメリカンまたたび

3年半のアメリカの大学生活を終えて日本に本帰国した23歳女の戯言

2月のお気に入り:SK-II、エスプリークのリキッドアイシャドウ、イギリスドラマ

ちょっとここ最近バタバタしてる。3月の1日に大学院の締め切りがあるのと、教授の日本旅行のパシリ業務が重なって、ブログを書きたくても書く時間がなかった。ただ今は少し時間があるので、今のうちに2月のお気に入りを書こうと思う。

ちなみに2月にわたしが買った化粧品は、いつも使っているアルビオンのスキンケアの補充、ファンデーション、SK-IIのクレンジングといったところ。クレンジングが素晴らしかった。

①SK-IIのクレンジング:肌の不純物をキレイに取り除いてくれる

f:id:americanmatatabi:20180223223521j:image

余計なものも写っているけど、SK-IIと書かれている大きなボトルが今回買ったものです。

www.sk-ii.jp

アルビオンでファンデーションを買った帰りに、ノリで寄ったSK-IIのカウンター。言われるがままにカウンセリングを受け、オススメの商品を紹介してもらった。そこで一目惚れしたクレンジングだった。

これはメイクを落とすだけじゃなくて、毛穴のざらざらとかを取り除いてくれる効果がある。わたしはここに惹かれてしまった。だからこのクレンジング使って毎日メイクを落とすと、肌がツルッとする感覚を味わうことができるのだ。

この時にわたしの担当をしてくれたBAさん、50代の方で、肌が驚くほどお美しかった。この方も毎日このクレンジングでメイク落としているとおっしゃっていた。ノーメイクの時も、顔には不純物があるから、きちんと取り除かないとダメだよというご指摘を受けた。スキンケアで一番大事なのは、落とすことらしい。まず落とさないと、そのあとの化粧品が肌に浸透していかないからだそうだ。

余談だけど、わたしもこのBAさんが言うことには全面同意だ。わたし自身、昨年は東京に住む極度のストレスでニキビと肌荒れに悩まされた。このときに心がけたことは、落とすこと。朝も夜もしっかり洗顔料やクレンジングを使って、顔を洗う。これを2ヶ月くらい続けた。皮膚科の薬のおかげもあるけど、洗顔を見直すことで、顔のトーンがかなり明るくなった。肌質も改善された。

そしてこのクレンジングオイルは、顔マッサージのオイルにもぴったり。Tゾーンや小鼻の周りなどをゆっくり、ゆっくり丁寧にマッサージ。BAさんは「テレビをみながらやればいいのよ〜簡単でしょう〜」って言ってた。

ちなみにお値段7,000円。わたしもスキンケアに莫大な投資をする歳になってきた。

②エスプリークのリキッドアイシャドウ:下地にもぴったり

f:id:americanmatatabi:20180223223531j:image

アインズトルペでたまたま見つけたこれ。たしか1,300円くらいで安かったので、ノリで買いました。

esprique.com

これはリキッドアイシャドーです。そのまままぶたにつけるだけでOK。これ1つだけでもラメ感が上品で、華やかなアイメイクになります。全部で12色。わたしは普段のメイクでも使いやすそうなカーキブラウンの334を選びました。

f:id:americanmatatabi:20180223223552j:image

個人的には、アイシャドウ下地として使っています。リキッドタイプで、まぶたに伸ばしやすいんです。そして肌によく馴染むのがポイント。だから普段会社に行くときのナチュラルなブラウンメイクにはこれ本当にいいんですよ〜。

他のブラウン系のアイシャドウとの相性や馴染み方もとてもいい。すごく使いやすくてびっくりしました。これまでsmashboxやurban decayのアイシャドウ下地を使っていましたが、こっちのが使い勝手がいいです。

③The Inbetweeners:イギリスの冴えない男子高校生の日常ドラマ

f:id:americanmatatabi:20180223223753j:image

イギリスの大学を卒業した会社の同期に教えてもらって見始めたこのドラマ。最初はイギリス英語に慣れなくて途中で見るのをやめにしそうになったけど、見れば見るほどハマってしまった。

1話あたり20分くらいで見終わるので、朝メイクしながら見ていたらあっという間に2話くらい終わってた。

www.youtube.com

主人公の4人組はイギリス(たぶんイングランド?)の中流階級の高校生。頭の中は女のことばかりで、馬鹿ばっかりやっている。ちなみにみんなモテない。クラスの隅っこで集まっている地味な男子高校生って感じ。

ただこいつらは未成年のくせに4人でバーに行ったり、酒飲んでやらかしちゃったり、好きな女に振られたりして、とりあえず毎日が散々な感じ。嘘ついてばっかりいるけど、みんななんだかんだピュアで頑張っているところが応援したくなっちゃう。

同期曰く、ここに出てくる英語はイギリスでは使わないほうがいいらしいw 下品な下ネタ英語はもちろん、かなり失礼に当たる言い回しがたくさんあるんだとか。だからダメなイギリス英語のお手本になるかもって思った。

アメリカ英語がベースなわたしにとって、4人組のうちのジェイとニールの英語はなかなか聞き取りにくくて苦労した。その他のウィルとサイモンの英語は比較的聞き取りやすかった。

Netflixで見られるので、くだらないイギリスドラマが見たい人はぜひ見てみてください。本当にくだらない。だけどくだらないところが本当に面白かった。

www.netflix.com

 

以上です。

3月はいろいろ忙しくなりそう。大学院の出願、教授の日本旅行のアシスタント、、なんとか乗り切るモチベーションを作るために、来月は久しぶりにSephoraで化粧品買おうかなと思っている。