アメリカンまたたび

2018年秋からニューヨーク大学の大学院で留学生教育を勉強する予定。

【またたび大学院留学①】現在の出願/合格状況と、出願時にこだわったこと

昨日、NYUから合格通知をもらって、予想外にも多くの人からお祝いのメッセージをもらった。誕生日のとき以上の騒ぎで、個人的には忘れられない1日になった。

americanmatatabi.hatenablog.com

いやあ、自分でもまだ夢を見ているみたいです。NYUのインスタとか見ているんですけど、自分がここに行くのか…?!と疑ってばかりです。本当にわたしはここに行くのかぁ…へぇ…はぁ…と思うのを繰り返しています。でも入学が許可された学生しか入れないサイトへの案内が来たりだとか、IDとか発行されたので、夢じゃないんでしょう。。。

 

Halfway through the first week! 🤓 #instaNYU

New York Universityさん(@nyuniversity)がシェアした投稿 -

今日から気まぐれの連載方式で、わたしが大学院留学をするにあたってやったこと、こだわったこと、簡単な歴史などを適当に書いていきます。

今回は現在の出願状況と出願時にこだわったことを書きます。

またたびのスペック

・ニューヨークの州立大学卒業(Bachelor of Arts、専攻はInterdisciplinary Information Science、副専攻がJournalism)

・日本の私立大学とカリフォルニアのコミカレにも通った

・卒業時のGPAは2.95(笑わないでくれ…最悪時から卒業までで0.81上がった)

・2017年の2月から東京のとある企業で正社員として勤務

・大学時は5つのメディア系のインターンやバイトを経験

・ブログを一応5年くらいやってる。留学に関する質問に2,000個以上答えてきた

大学院出願状況/合否

・New York University, International Education, MA:合格

・Miami University of Ohio, Student Affairs in Higher Education, MS:Waiting List

・Merrimack College, Higher Education, MEd:不合格

・Merrimack College, Community Engagement, MEd:まだ審査中

全部で3つの大学を受けた。NYUからの合格通知が来るまでは、Cal State Long Beachや母校のSUNY Albanyを受けるために準備してたけど、やめた。もういいや。

受けたプログラムの分野

高等教育機関で留学生をサポートする仕事がしたいと思ってて、それでHigher Educationに関するプログラムをいくつか受けた。

大学を見つけた方法はここから。

americanmatatabi.hatenablog.com

わたしは学部のGPAがアレすぎるので、トップ校は眼中になかった。自分のレベルにあったところで、自分が勉強したいことが勉強できて、そんで卒業後のキャリアもなんとかなりそうなところに絞った。

だけどまあ「記念受験でもすっかwww」って感じの軽い気持ちで、GPAの制限がなく、GREもいらなかったNYUをノリで受けた。どうせGPAで落とされんだろ、って思っていたけど、なんとか拾ってもらえた。本当に夢を見ているみたいだ。

もともとは異文化コミュニケーションのプログラムを受験しようと思ってた。そのためにオクラホマにも行ったんだった。だけどオクラホマでいろいろな人の話を聞いていて思った。ここは大学の教授になりたい人が多く、プログラムがPhDに比重を置いていた。大学職員になりたいわたしにとっては、なんか違うかなと思った。

americanmatatabi.hatenablog.com

もちろん異文化コミュニケーションにはすごく興味がある。この分野と高等教育の考え方を組み合わせて、何かを生み出したいと思っている。だけど、異文化コミュニケーションを専門に勉強するのはなんかしっくりこなくなった。

出願時にこだわったこと

出願する大学を選ぶのに、以下のポイントにこだわった。

・トップ校は受けない

GPAがアレだからさ…

・GPAの制限がないところ

大学によっては、学部のGPAが3.0が出願の最低条件としている大学院やプログラムが大量にある。まあそういうところはわたしは当然のことながら、受けられない。そういう大学やプログラムは、まずGPAで足切りしてくる。制限が2.5とか2.75とか、それか制限が明記されていないところしか受けなかった。

・できたらGREのスコアがいらないところ

フルタイムで仕事をしているので、大学院の準備だけでもうてんてこ舞いなんですよ。GREの勉強をする時間を作るのがしんどかった。まあでもさ、GPAがアレなもんですから、GPAの制限もなくて、GREもいらないなんてところ、まじで少ないんですよw

だから受けた大学が全滅だったら、GREの勉強頑張って、そんでGREで挽回できる大学を受けようとか思っていました。

・行きたいと思う州にある大学を受ける

オクラホマに住みたいと思えなかったからさ…中西部とか南部のよくわかんない州には行きたいと思えなかったんだよ…

・自分が勉強したいと思うクラスが充実しているか

卒業するのに取らないといけないクラスのリストがある。それ見ていて、ああこのクラス気になるなあ、興味あるなあ、というところに絞った。逆にプログラム名に惹かれても、クラスに惹かれなかったら元も子もないと思った。

・アシスタントシップやインターンがある大学かどうか

実務経験まではいかなくても、フィールドワークがあるかどうかを大事にしたかった。

 

 

まあこんな感じでわがままなわたしですが、なんとかなりました…。

アメリカの大学院、GPAが4.0とか3.6以上ないとダメだとかいう都市伝説ありますが、プログラムをしっかり調べて、選べばそんなことないようですね。自分がアレなGPAでもなんとかなった考察とか、GPAに関するその辺のことはまた後ほど詳しく書こうと思います。