アメリカンまたたび

3年半のアメリカの大学生活を終えて日本に本帰国した23歳女の戯言

大学院留学準備アップデート 10/21/17:またたび流アメリカの大学院探しの方法

今日は大学院探しの方法について書こうと思います。

世界には数え切れないほど大学がありますよね。そこからどの大学に行きたいのか、そしてどの大学に出願するのかを考えるのはとてもハードです。

私は調べるのは得意だと自負しているのですけど、それでも自分に合ったところはどこなのかというところまで落とし込むのは非常に大変でした。そんなハードな過程を経て、なんとかアプライする大学が固まってきたので、今まで実践した方法を書き残しておきます。

ちなみに日本語のサイトや文献は一切使っていません。今では日本語よりも英語で調べる方が得意なので、全部英語で調べました。

①とりあえずググる、ググって芋づる式に調べていく

一番ベーシックな方法ですね。気になる単語をとにかく検索にかけていくと、大学院のプログラムのまとめサイト、大学のホームページなどがヒットします。

例えば私は最初は異文化コミュニケーションに興味があったので、"Intercultural communication grad program usa"とかで検索しました。

そこで出てくるまとめサイトとかは結構役立たずなことが多くて、"intercultural communication program lists"とか書いてあっても、異文化コミュニケーションのプログラムがない大学がたくさんあったりしました。もうこういうのは使い物にならないので、地道にいろんな大学のホームページを片っ端から見ていきました。

すごくこれが時間かかるし疲れるんですけど、まあ一番確実な方法でした。

あと異文化コミュニケーション関連ではこんなpdfを見つけました。

https://sietarnw.files.wordpress.com/2011/08/graduate-programs-in-intercultural-communication-and-related-areas-created-by-ici.pdf

このpdfはかなり使えましたね。どこの誰が作ったものかわからないけど。

ここに載っている大学を全部各大学のホームページでプログラムや入試で必要な書類とかを調べました。オクラホマの大学もこのリストから見つけたんです。こういうたまたまな出会いが助けてくれることもあるのです。

②大学院志望学生のFacebookグループに入って質問をした

留学生のお友達が入っていた、FBのグループに入ってみました。ここは教育系大学院を志望する学部生またはわたしのような働いているけど大学に戻ろうと思っている人、現在通っている人、もう卒業した人などが入っています。

f:id:americanmatatabi:20171021170519p:plain

こんなやつです。メンバーが1万人近くて、毎日のように誰かが「いい大学院知りませんか?」「こんな条件で大学院探しているのですが。。」「この大学院で今度information sessionがあります」といった情報交換が盛んに行われています。

こういう感じのグループって情報の宣伝で終わることが多いですけど、ここではみんな助け合って情報交換をしているところに好感を持ちました。わたしも自分では調べきれなかった大学を知るチャンスかもしれないと思って質問するpostを投稿してみました。

f:id:americanmatatabi:20171021171409p:plain

こんな感じで質問してみたら、私がした返信も含めて50以上のコメントをいただくことができました。

どれも聞いたことがない大学やプログラムばかりだったんですけど、教えてもらった大学を全部ホームページで確認したら、まさにわたしがこんなのを求めていた!と言えるところが多かったです。

これは本当に本当にすごく助かりましたね。もっと話を聞きたいと思って、コメントをしてくれた人に2〜3人くらいメッセージを送ったら、またもや丁寧に話を聞かせてくれる方しかいなくて頭が上がりません。(いずれもそのプログラムの卒業生)

このpostをしたことをきっかけに知った大学は2校アプライする予定です。

ある程度大学を調べたら、こういうところで話を聞いてみるのもアリだなと思いました。新しい視野や知見を得ることができました。感謝です。

③大学の教授やスタッフの経歴を調べる

これも意外と効果的なリサーチ方法。大学の時、授業選びの際に教授のホームページやLinkedInをひたすら見て確認していた経験が役に立ちました。

◉大学の教授編

アメリカだと、大学の教授は大学のHPにみんな載っています。自分が勉強したい分野を研究している教授のページを見て、経歴を調べます。どんな大学・大学院に行っていたのかを見るんです。それを全部メモって、その大学を調べるのです。

これはかなりの数の大学のHPに行って、かなりの数の教授を調べましたね。

またわたしはコミカレ時代に影響を受けた教科書の著者のことを思い出しました。その著者はどこの大学で教えているのかなと思って調べました。このように地道に地道に調べていくしかないのです。

◉大学のスタッフ編

アメリカの大学、スタッフとして働くにもほとんどの場合、修士号が必要です。そこでいろいろな大学のスタッフの経歴をLinkedInで調べました。どんな大学でどんなプログラムに属していたのかがわかります。

わたしは大学で働きたいなあと思っているので、大学のスタッフがどんな経歴を歩んできたのかを調べることはとても効果的でした。ここで調べた大学も1つアプライ予定です。

④大学訪問(キャンパスビジット)する

こないだオクラホマの大学へ行ったのも、「大学院探し」の一環です。

americanmatatabi.hatenablog.com

キャンパスビジットできるのであれば、行くに越したことはないですよね。担当者や教授から生の声を聞けるチャンスですからね。

今アメリカに学部留学中で、このまま院もアメリカ国内の大学に進学すると言う場合は今のうちにいろんな大学へ足を運んでおくといいと思いますね。わたしは学部時代は就職するつもりだったので、これができませんでした。

まとめ

以上です。もっと効率的な調べ方があるのかもしれませんし、わたしの調べ方は、手間もかかるのですごく面倒だと思います。しかしわたしはここまでやらないと情報を信用できないので、かなり細かく調べました。あくまで参考程度にしていただけたらと思います。