アメリカンまたたび

3年半のアメリカの大学生活を終えて日本に本帰国した23歳女の戯言

【質問返事】語学留学は異文化に興味を持つきっかけになるか、ならないか、それだけ

Sarahahで質問をいただいたので、こちらで詳しくお返事をします。

f:id:americanmatatabi:20180224220800j:plain

語学留学についてですね。ちなみにこの回答をするわたしは、中学と高校のときに3回ほど語学留学をしたことがあります。オーストラリアのシドニー、ブリスベン、そしてアメリカのサンディエゴです。シドニー以外は、学校の必修のプログラムで行きました。

タイトルに書いた通り、語学留学に意味がある人と、なんの意味もなく終わっていく人の2人に分かれると思います。語学留学そのものは悪いものではないです。しかしこれも使い方次第なのかな、というのが持論です。

語学留学は異文化や留学に興味を持つための手段でしかない

「これまで海外に行ったことがないけど、行ってみたい」

「海外で英語を勉強してみたい」

という風に思う人にとって、語学留学はすごく実りあるものになります。とりあえず短期間(数週間〜1ヶ月程度)の語学留学に行ってみて、外国に暮らすということを経験することは、その人にとって大きな価値があるでしょう。

例えば、わたしの京都時代の友人たちは、大学1回生の夏休みにカナダやロサンゼルスといったところへ1ヶ月程度の語学留学に行った人が多かったです。そしてこのタイミングで語学留学に行った友人たちは、その2年後の3回生の秋から交換留学に行く人がほとんどでした。

詳しくは話を聞いていないので、よくわかりませんが、おそらく語学留学で海外や英語に興味を持って、もっと海外で勉強したいと思ったんじゃないかなと思いました。

実際にわたしもそうなんですよね。短期間、オーストラリアやアメリカに行った経験が、正規留学に確実に結びつきました。もしも語学留学をしていなかったら、わたしは大学でアメリカに行こうなんて思わなかったでしょうね。

americanmatatabi.hatenablog.com

語学留学で、その国を気にいるかどうかって大きいと思うんですよね。ここで受けた影響次第で、今後の進路が決まりますよ。もしもなんかこの国はつまんない…と思えば、その国に行くことは今後はないだろうし(わたしの場合は、オーストラリアがそのパターンだった)。

語学留学が意味をなさない場合って、もうすでに語学留学に行ったことがあったり、あるいはもう長期の正規留学をしたいと心に決めていたりするものかなと思います。

正規留学をしたいという強い意思があれば、語学留学には行かずに、そのままコミカレなり4年制の大学へ行くために英語の勉強をしたりすればいいと思うんです。

それか、正規留学をするための英語のスコアを稼ぐために、語学留学するのもアリですよね。

だけど金銭的に限度があるという場合は、日本で勉強頑張って、それから正規留学すればいいと思うんです。

あとはもう人生の計画次第だと思います。あとその人の境遇、現在の年齢、職業。一言では言えないです。

わたしが言いたいことは、語学留学は異文化に興味を持つきっかけになるものでしかないこと。それ以下でもそれ以上でもないです。この質問者さんがどんな境遇にいるかわかりませんが、コミカレに行きたいのであれば、コミカレに行っちゃっていいと思います。コミカレに行く意思があれば、語学留学を挟む必要はないんじゃないですかね。コミカレに行くための英語のスコア稼ぎならまた話は別ですが。

語学留学をするにしても、現地の日本人とつるむだけの生活は避けましょう。そして日本に帰る、また語学留学するというのは無意味です。きちんと目標や計画があって、その目標を達成するための語学留学という風にするのが大事です。

以上です。