アメリカンまたたび

2018年秋からニューヨーク大学の大学院で留学生教育を勉強する予定。

またたび留学物語②:カリフォルニアでの2セメスター目。大学編入準備と車の免許取得

三日坊主にならないように、またたび留学物語の続きを書こうと思います。第1回目は以下のリンクよりご覧ください。

americanmatatabi.hatenablog.com

留学2セメスター目は、編入の準備に追われたのと、毎朝7時のバスでコミカレに行ってたような記憶しかないですね…。

多くの留学生はコミカレに2年在籍した後に、4年制大学へ編入します。私の場合は、一応これでも日本で大学に行っていたので、コミカレは1年だけにすることにしました。あとはチコに2年もいられる自信がなかったんですよね。一緒に住んでたルームメイトも夏でいなくなるし、陸の孤島に閉じ込められているような感覚に耐えられなくなっていました。

単位も足りていたので、編入することにしたんですよね。

コミカレで地道に授業を受け、課題を提出し、ちゃんと成績を取る…の傍らで、編入先の大学のスタッフに連絡とって地道に準備を進めて…みたいな感じ。だから特に特別なことは何もしていなかった気がします。

編入をするに当たって特に苦労したこともなく。だからあまり記憶にないのかもしれないですね。あの時は成績がまあまあそれなりだったし、英語のクラスでもA取っていたからTOEFLを受ける必要もなかった。

あとは相変わらず友達らしい友達はできませんでしたね。友達を作ろうと思って、留学生クラブのオフィサーとか始めたんだけど、あんまり効果はなかったですね。。イベントもあんまりなかった気がする。

その分、ルームメイトと一緒に過ごす時間が長かったかなと思います。一緒に隣町にドライブ行ったり、車でサンフランシスコ行ったり、スカイダイビングしに行ったり。あとよく学校終わったあとに、Bidwell Parkという国立公園か?でっかい公園に行って散歩したり。あの時間はすごい楽しかったですね。どうでもいい話を延々とするだけ。だけどああいう何気なくても楽しかった時間って貴重だったんだなあと、今になって思います。

f:id:americanmatatabi:20180612211908j:image

あああと、車の免許を取った!カリフォルニア州の。ルームメイトと一緒に、チコの空港の周りのまじ何もないエリアで運転の練習をしました。マスタングを借りて、楽しかったなあ。

f:id:americanmatatabi:20180612211843j:image

車の免許が取れたので、知り合いに会いにバークレーに行ったり、友達とサクラメントに行ったり。ルームメイトとサンタクルーズまで行ったこともあったな。チコからオークランドまで5時間くらじぶっ続けで運転して、すごい疲れたのを覚えてる。でもいろんな人に会って、自分が知らないアメリカを知るのにいろんなところに行けたのが楽しかったですね。懐かしい。

americanmatatabi.hatenablog.com

americanmatatabi.hatenablog.com

americanmatatabi.hatenablog.com

車の免許はあれから結局届かなくて、書類不備で足止め食らったんですよね。書類全部出したのにね。紙のテンポラリーの免許だけもらった状態でNYに行っちゃったし、カリフォルニアに戻る機会もなかったし、NYで免許を取ろうと思ってもSSNの関係でできなかったし、まああまりよくない結果に終わりました。

ただ、あの時車の運転の練習はしておいてよかったです。その後、国際免許で車を借りて運転してロードトリップする機会が多かったので。

カリフォルニアでの異文化適応

なんかあの頃はいろいろ異文化適応しようと頑張ってはいたものの、うまくいかなかったんですよね。アメリカの人の空気感を掴みきれなかったし、適応することそのものがどんなことかよくわかっていなかった。周りは日本人とか留学生ばかりだったし、アメリカ人と関わることがどんなものかもよくわかっていなかったところがあります。

まあ留学1年目ってこんなものなんですかね。あんま辛いこともなく、平穏に毎日が過ぎ去って行きました。

でもカリフォルニアでの暮らしはただただ楽しかったな。これもアメリカ文化に適応する努力をしなかったからかもしれないけど。カリフォルニアの空気感とか、雰囲気とか、のんびりしてて、みんな優しいところとか、あのぽわ〜んとした雰囲気は今でも恋しく感じることがあります。でもチコにはもう住みたくないかな…いいところだったけど、あまりにも都会から遠くて、交通の便がひどいもんだから。。

とまあそんな異文化適応的には中途半端な状態で、NYに行ってからものすごく苦労することになるんですけどね。。

続く。。